人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー


 ようやく寝苦しさから解放されてきたのだが、


 旨く眠ることのできない晩もある。



b0018682_23015495.jpg








by ribondou55 | 2019-08-25 23:02 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

b0018682_22284634.jpg



孫と摘んできたプチトマト。

だから、一段と美味しさを増す。

などと云うことはない。




令和初の敗戦記念日。

NHKのドキュメンタリーで、海軍は二二六のクーデターの実行者も殺害対象者も、事前に把握していたという。

それが、今日までずっと秘匿されていたともいう。

くそったれめ、というしかない。

「8月15日」、この日が盆の中日であるというのは、何かを意味するのだろうかと、毎年思う。

我が家のお寺は、施餓鬼である。

塔婆を頂いて、盆棚添える。

明日は、送り盆。









by ribondou55 | 2019-08-15 22:36 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)


b0018682_16392051.jpg




台風が迫る。

関東地方はコースからは外れるようであるが、今日の未明から雷雨が激しく、幾たびも通り過ぎた。

ようやく今になって晴れ間も見えるが、ひどく蒸し暑い。

真に生憎の空模様で、帰省中の甥や姪も、我が子の欲求不満になすすべもない風だった。

明日は、息子夫婦が来る。

娘夫婦は、連れ合いの実家へ行った。

関西であるので、酷いことになるだろう。

帰路、びわ湖辺りに寄り道すると聞いたが、いかが。




山頭火は、どうであったかは知らないが、

自己肯定というのは、水面に浮かぶ油膜のようなもので、

時おり虹色に輝いたりするのだが、

実に頼りない、

ボクの場合はである。



宇野邦一「政治的省察」読み終える。














by ribondou55 | 2019-08-14 16:39 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
by ribondou55 | 2019-08-13 22:00 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

長崎原爆忌


b0018682_22542572.jpg




年端も行かぬ孫娘を抱き上げると、

その細い骨と笑い声。

切に、いとおしい。

年に数度は、丸木美術館を訪ねるのだが、

その「原爆の図」に

乳飲み子も幼子も

いて、・・・・・。











by ribondou55 | 2019-08-09 23:01 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
b0018682_06144105.jpg



90になろうという婆さんが、65にもなる出戻り娘に馬鹿にされ、瘦けにされ、邪険に扱われていると、

拙妻がしきりに気にしている。


ボクは、それは長ーく続くその親子の「ゲーム」。

泣いたりわめいたりして、おばあさんは生きられる。

還暦過ぎの老いた娘は、地元の中学同級生老いたヤンキー達の間では、いまでもお嬢だと聞く。

どうやら高尚な趣味を掛け持ちで、日々セレブなランチとか。

でも、婆さんには、来る日も来る日も朝は単品納豆飯、昼食はスーパー安売りの菓子パン一つ、夕飯は一汁一菜とか、いうまでなく汁はインスタントだと。

勿論、食事は同居以来、一緒に食べたことがない。

ご多分にもれずここでも、お嬢の生活費も遊び金も、全部、おばあさんの懐から出ているのだ。

「還暦過ぎの老」が「米寿過ぎの老」のすねをかじっている。

ああ、ばかばかしい。

ほっとけばいい。

いうなれば、多分「共依存」って奴だ。

たまに、茄子と胡瓜のぬか漬けでも届けながら、婆さんを見舞ってやれば、十分だと。

ボクはそう言うのだが、

彼女は、気持ちが落ち着かないようだ。







by ribondou55 | 2019-08-07 06:24 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
by ribondou55 | 2019-08-06 05:51 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
b0018682_13501456.jpg




映画「主戦場」(監督・脚本・撮影 ミキ・デザキ、122分、2018年)を高崎で観た。

折しも、あいちトリエンナーレでの「平和の少女像」に論争とか。

映画も少女像も、先ずは観てみないと始まらない。

「あいち」に行ってみようか。



高村薫さんの「我らの少女A」を読み終えて、

なぜか、

「合田雄一郞」を読み返そうと書棚を当たると、

あちこちに散逸していて、

まず手に取れたのが「照柿」。

で、何という偶然、

小説は、「八月二日」のその日に始まる。

8月2日、本日ではないか。











by ribondou55 | 2019-08-02 22:42 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

日雷は「ひがみなり」とよむ。


連日の雷。

雷三日と、昔の人は云ったが、確かに続けてやって来ている。

b0018682_23002238.jpg


本日は三十七度。



高村薫「我らが少女A」を読み終えたのは数日前のこと。

この小説が新聞小説であったことに、読み終えてから分かって、驚く。

今回も、この作家の脳内はどのようになっているのかと、・・、あきれる。

褒め言葉でアル。



午前中、小一時間畑の草を退治する。

この暑さでは、はかどらない。

急いで家に戻って、シャワーをあびる。

根を張ってしまった雑草は、手強い。

このペースだと、終えるには幾日かかるやら。

















by ribondou55 | 2019-08-01 23:18 | 生きている | Trackback | Comments(0)
 
 この数日、急な炎暑の到来で、畑に出る気力が萎えた。

 腰も痛んでいた。


 

 ところで、今日の夕暮れ、拙妻が茄子や胡瓜の出来過ぎを気にして、収穫にでたところ、

 今度は、カボチャが

 アライグマによるものか、或いはハクビシンか、正体不明ながら

 荒らされていたと云う。

 仕方なしに、畑をのぞきに行くと、

 裂けたカボチャの果肉に、

 鋭く爪痕が残っていて、

 確かに、やられていたのだが、

 それよりも、気を重くさせたのが、

 すくすくと葉を茂らせている一面の雑草だ。

 長雨の間、けずってもけずっても、

 地面からわき出してくる雑草にウンザリしていた。

 それをこの三日ほどの間放置したら、

 もう、どこから手をつけようかというようなザマになった。

 憂鬱だ、

 明日の当地の最高気温予想は、三十六度である。




やはり、老いてゆくことを誤魔化すことはできない。

本来なら、運転免許証の返納を真剣に考える歳になっているのに、

この頃は、ますます、車への依存が強くなってきた。

この春までは、自転車で行った図書館までも、今は車を運転する。

実に、困ったことだ。

うまく、老いていって、

誰からも気にされないで、そっとフェードアウトしたいというのが、

小生の望みだが、

そうは問屋がおろさないかもしれない。




アンチエイジングって、もしかすると、

年寄りをかえって不幸にする考えかも知れない。

いや、もしかではない。

老いを老いとして受け入れて行くのは、

結構覚悟がいる。

最近、「還暦中二病」でなはないかと、心中密かに思わされたご婦人と出会った。

彼女は、この地ではどうやら訳知りの遣り手のお方らしく、

一部の皆様にとっては、尊敬を集めていらっしゃるらしいのだが、

ご本人とたまたまお話したところが、

まるで、思春期の屁理屈回しのような、六十五歳の言説に唖然としたのだが、

・・・・・、

止めておく。




b0018682_22595324.jpg










       


 

by ribondou55 | 2019-07-31 23:00 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)