人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
 石田比呂志の第15歌集「萍泛歌篇」を拾い読みした。

 本の帯に「短歌によって人生をめちゃめちゃにし 短歌によって救われた人生ーー。

 市井の暮らしを詠って輝く詩魂と反骨の魂を持ち続ける歌人のだい15歌集。」

 とある。

 ここに、あげておきたい歌は数々あったが、面倒なのでやめる。

 
 今年で、畑の隅の柿は植えて三年目、桃栗三年柿八年というが、植木市で買った時、そもそもあの木は何歳だったのか?

 昨年は、期せずしてたくさんの実を付けた。

 配偶者は大の柿好きで、彼女の強いリクエストで植えたのだが、そんなだから、今年を大いに期待したのだが、今現在、数えてみると七つだけ実を付けている、残念な出来具合だろう。

 そろそろ、食べ頃になる。

 熟しすぎて、地面におちる実は、今年に限っては、まずあり得ない。


 烏にも喰われずに、最期まで枝に張り付いていたとしても、熟しきった柿は地面に落ちる、これは定めだ。

 で、ボクがそこ「土に音して」というのが、ちょっと身にしみる。

 ベチャ?ボショ?グチャ?・・、どんな音がするかは分からない。

 でも、無音ではないはずだ。

 まあ、そこが哀しい、すべからく

 生き物は重さを持っている。

 重さは、哀しい。


b0018682_23122657.jpg

 中には、こんな風に軒先に干されて、喰われてしまうこともある。

 ね。




 



by ribondou55 | 2016-10-29 23:14 | 読み捨てご免 | Trackback | Comments(0)
 
b0018682_2352799.jpg


 内田百閒「東京日記」(岩波文庫)に、「読む」ことの快楽を。

 ひさびさである。





 
by ribondou55 | 2011-10-27 23:05 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 久々に仕事に行く。
 
 新宿の午後5時半、風に秋の気配。

 


 風に経緯吹かれて 秋の白封筒   伊丹公子


b0018682_2258046.jpg



 家はもらぬほど、食事は飢えぬほどにて、たる事也。  利休

 なかなか、これは難しい。

 本日の読み物は「名僧たちの教え 日本仏教の世界」 朝日選書。






 

by ribondou55 | 2011-08-29 22:58 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

残暑見舞いとメールで

 

 秋立つや悲劇喜劇の端役たち     李凡堂


 明日から夏休みに入る。

 犬と散歩する朝夕、すこしは涼しければいい。



b0018682_10542071.jpg




 西尾維新 著 「サイコロジカル 兎吊木垓輔の戯言殺し」(下)、読み終える。

 途中で、やや、ダレたが、飽きることはなく、愚痴か内省かうざいところは飛ばした。

 読み終えれば、「青春小説」ってことか。

 意外性?

 それにしても、この人のファンが大人になって子をなして、いざ命名の段になり、後で子を泣かせるようなことをしないことを、祈る。

 このシリーズは、もうよろしいでしょう。



 本日の昼食は、かつおの刺身定食。あたりでした。





 

by ribondou55 | 2011-08-11 22:51 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)