人気ブログランキング |

タグ:自転車 ( 1 ) タグの人気記事

 自転車乗りを目指した動機の一部に、「輪行」への憧れがあった。

 これは、ながいながい思いであって、自転車で旅をしたいとずっと思っていた。

b0018682_22560818.jpg

 手持ちの自転車は、3台であったが、昨年、輪行に手軽だろうと、折りたたみ式のダホンのスピード8を4台目に追加したのだが、これが手軽ではなく11㌔チョイの重さがあって、老人の萎え気味の腕力では負担かもと、輪行に踏み切ることだできなかった。

 ところが、夕べちょっと思い立って、今朝、実行した。

 最寄りの秩父鉄道駅から寄居まで、わずか30分足らずであるが、輪行した。

 長年の夢の実現と云うには、あまりにもショボいが、先ずはこの程度から始めるというのが、老人である現在のボクの流儀だし、限界なのだ。

 とはいえ、なにより第一歩を踏み出すことが大切なのだ。

 やってみれば、何のことはなく、ことはスイスイと進んで、長い間の懸案の解消に着手出来たのだった。


 すべからく、大抵のことは、やれば出来てしまう。

 それなのに、年々、新しいことをするのが、億劫になるのだ。

 いや、苦労してやったところで、たかが知れていると、馬鹿にしたり、疑ったりするのが、謂わば「反知性的な」己がボクを支配してくる。



 今、この文章は、ATOK2016で変換している。

 実は先ほどアップデートして、初めての文章である、これが、今実感しているのだが、たいした進歩で、昨日までの変換のもたつきがない。

 これも、バージョンが新しくなってもさほどの進歩はあるまいと、疑り深く高をくくっていたから、何年も変えて来なかった、が、果たして、やっぱり目覚ましく変っていた。


 そういうことだから、老いぼれてしまうのだ。

 仏教ファンのボクは、「執着」することは、「悩み」を作る元になるばかりだと、知っている。

 では、できるだけ身軽に最期を迎えるには、「執着」の根を絶たねばならない。

 しかし、そんなに悟ったような心境になれるはずもなく、ならば、ひとつひとつ「執着」を具体的に処理することをやってみようと、思う事がある。

 そうとはいえ、この年で色恋沙汰は無理だから、実現できることはやってみる。

 そのうちに、果てしない「執着」ではあるが、徐々に薄められてきそうな気がするのだ。

 輪行もやってみたかった「執着」の一端である。

 まあ、そこに四捨五入すれば、古希に手が届く今日になってようやく、というのも、吾が「一身上」に於いては、めでたいのかも知れない。




 

by ribondou55 | 2016-10-20 23:04 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31