人気ブログランキング |

タグ:自然観察 ( 3 ) タグの人気記事

冬を越えた蝉の抜けガラ

b0018682_14231722.jpg


 今朝は、散歩に出た。

 すこし遠出の。

 ぶらぶら歩きで片道30分ほどの公園まで。

 そこは、秩父から降りてきた広い広い扇状地の末端、謂わば台地の裾。

 湧水があって、そこから流れが現れて、水辺の公園になっている。

 湿地帯には、絶滅危惧種の植物も何種類かあるようなのだが、ボクには識別できない。

 沼もあって、そこには、野鳥もたくさんいる。

b0018682_1430412.jpg


 これも今朝,見かけた。

 ボクが、そのほとりの植栽された小道をゆくと、これから芽を吹き夏には、綠の滝のように枝を垂れる柳の大木があって、冬枯れの今は、幹にまつわるついた蔦の葉だけが重くて鮮やかな緑を光らせていた。

b0018682_1455455.jpg 側に寄ると、蝉の抜けカラが、ぽつんと見えた。

 ちょっと、びっくりして、なおもよく見ると、蔦の葉のあちらこちらに、抜けガラがとりついているではないか。

 年甲斐もなく、ボクはワクワクした。

 ざっと、数えると十以上有りそうだ。

 ということは、この柳の根元には、すくなからぬ数の,蝉の幼虫が今もまどろみながら、来る夏の日のその早朝をまっているのだと、足元を見た。

 この木の根元は、落ち葉が幾層にも重なって、腐葉土になりかけたようなふわふわの土壌である。

 これなら、この辺りの厳しい寒暖にも,耐えられるだろうと、思った。

 これからは、散歩にはよい陽気に向かう。

 ちょっと、こづかいをやり繰りして、使い勝手のよい双眼鏡を入手しようと、歩きながら思った。

 
by ribondou55 | 2016-02-29 14:47 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

地を漁れ、天に誇れ

 
b0018682_21171344.jpg


 
b0018682_21211126.jpg


 白鳥は、邑楽町ガバ沼にて、椿は深谷市で。

 こうしてみると、餌付けされた白鳥は、魯鈍である。

 椿は、丸ごと落下してしまう花ではあるが、落ちるまでは誇り高く情熱的である。

More オナガガモ
by ribondou55 | 2016-02-18 21:18 | 世界は昏いか? | Trackback | Comments(0)

映画『ねじ式』

 『ねじ式』(監督・石井輝男、1998年)を、Huluで、観た。

 原作が、つげ義春の『ねじ式』であるのだから、ただならぬ作品になるのはいうまでもないが、監督がなんといっても、石井輝男だから、ことは更に、・・・。

 
b0018682_985482.jpg


 売れない貸本漫画家の青年、ツベ(浅野忠信)が貧困と虚無感から逃れるように、あてもない放浪の旅に出る様子を描く。主人公のツベの足取りを追う放浪記的な形式を取っており、『ねじ式』や『もっきり屋の少女』『やなぎ屋主人』など複数の作品を映像化したオムニバス作品である。
基本的に原作に忠実な作りになっており、『ねじ式』の街の看板や『もっきり屋の少女』の居酒屋内の貼り紙など、細部も丁寧に再現されている。
『やなぎ屋主人』の作中で言及される映画『網走番外地』の監督、石井輝男が自ら『やなぎ屋主人』を制作するという点でも話題になった。 ウィキより拝借

 それと、「松岡正剛の千夜千冊」は、水木しげるのこんな証言を紹介している。

  水木しげるによると、「つげさんはスケベで怠け者でしたね。でも品物はいいんです」である。スケベはきっと正直なせいで、怠け者はかなりズルイせいである。つげの持っている品物はどの“品物”のことかと思うが、これはむろんマンガ作品のことで、水木は『李さん一家』なんかがとくによかったと言う。
 つげ義春が調布の水木プロにいたころのことだった。それ以前、つげは白土三平のところにもいたが、1~2週間でギブアップした。厳しすぎたらしい。そこで水木プロに行った。その1967年のころ、水木の家から近いラーメン屋の2階の4畳半に下宿していたつげは、暖かい日は窓の下の小屋根に布団を干して、そこで荘子の昼寝をしていた。そんなことが何度もあった。
 このとき変な夢を見た。それが『ねじ式』である。


 そうです「夢」。

 この「夢」は、読者それぞれに対して、じつに多面的で、複雑な感慨を呼びさますイメージをふんだんに提供してくるので、その昔、ボクもイチコロでやられた。

 漫画に比べて、映画の方は「夢」を表現することが、ずっとムズカシイだろう。

 漫画の一コマ一コマは、時間的に途切れ、その一コマは、静止している。

 コマとコマの間に、いわば行間があって、そこは、・・・、ごまかしも効く。

 もちろん、映画にだって、カット割りがあるが、漫画ほどの「アソビ」はないように思うからだ。

 今度観て、清川虹子、とてもよかった。



 暖かくなってきたので、畑にでよう。






 

More ショウビタキ
by ribondou55 | 2016-02-17 09:35 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30