人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー

タグ:美術館 ( 2 ) タグの人気記事

 初夏である。

 SLみなかみの運行日である。

 高崎から渋川まで、SL乗車、渋川からハラミュージアムアークへ。

b0018682_22253842.jpg


大勢のSLファンに混じって、短い時間であったが楽しかった。

幼い頃、父親の里へ家族で帰ったことがあった。

信越線で篠ノ井まで、乗り換えて篠ノ井線で松本まで。

記憶は定かではないのだが、石炭を燃やす煙の匂いは確かに覚えている。



渋川で降りて、伊香保温泉行きのバスで20分ほど、伊香保温泉行きのグリーン牧場前で下車。

徒歩で、ハラミュージアムアークへ。


b0018682_22401470.jpg
b0018682_22365977.jpg
b0018682_22393534.jpg


鬼頭健吾「untitled(hula-hoop)] 2017

笹口数「星座」2002

米田知子「ヘッセの眼鏡ー兵士の写真を見る」1998

ロバート メイプルソープ「レディ リサ ライオン #1~#4」1980-82

束芋「真夜中の海」2006/2008

横尾忠則「誰か故郷を想わざる」2001

草間彌生「ミラー ルーム(かぼちゃ)」1991


よく知られている作品も含まれているが、これらは、ボクにとっては愉しい。


しばらく、品川から遠ざかっている。

そのうち、行ってみよう。


帰路、遅い昼飯を渋川駅から歩き始めて、迷った挙げ句入ったレストランでのこと。

いつものように、カレーライスセットを注文した。

料理が運ばれてくると、銀の皿にカレーライス。

これが、昔ながらのタマネギだけを煮込み、カレー粉を入れ、そのあとで小麦粉でとろみをつけたもの。

ウスターソースの隠し味が効いていた。

蕎麦屋ではない、れっきとした洋食屋さん、その証が、ウスターソースの風味であったかもしれない。

悪い感じは全くなく完食したが、

渋川というところはこういう感じかと思った。


食後、渋川市美術館によった。

65歳以上は入館無料であった。

桑原巨守の彫刻コレクション。

うーん、こういう王道を行った人の作品もやはり落ち着く、これまた愉しかった。


それから、へそ地蔵にも挨拶してきた。

渋川は日本の真ん中、臍にあたる地点にあるらしい。

そこで、臍地蔵。

畏れ多いので、画像は挙げない。













by ribondou55 | 2017-05-20 23:03 | 目の快楽 | Trackback | Comments(0)
 輪行第二回、秋晴れに誘惑されて思い立った。

 先ず、自宅から伊勢崎線太田駅までサイクリング、そこから、多々良駅まで輪行、多々良駅から群馬県立館林美術館まで自転車で移動、展覧会を覗いて、館林駅まで走り、館林駅より羽生駅で、秩父線に乗り換え、上熊谷駅で下車、自宅へ。

 自転車は、ダポンのスピード8。


 今回の目的は、単純に自転車を持って、電車に乗り降りする上での、注意点とコツに気づくことである。

 ボクのスピード8はなんやかやで、12㌔を越える。

 老骨の肩に12㌔の輪行袋は、かなりの加重だ。

 そう思っていたのだが、案外出来る。

 もっとも、東京駅や新宿駅でアレを担いで移動するのは、苦しいだろうが、田舎の多くの駅はホームは一本、多くて2、3本、それにこの頃は、ちょっとした駅には、エスカレーターやエレベーターが設置されていて、エンヤコンヤラ、階段を上ることからも、逃れることができる。

 当面は、12㌔恐れるに足らず。


 自転車を輪行袋に突っ込むのも、案外スムースに出来た。

 時間も5分有れば、十分。

 出来る。


 車中でも、ちょっとかさばる物体であるが、今日のように混雑しない時ならば、誰も気にしていない。

 
 「どうといこともない」、というのが本日の確認であった。


 さて、展覧会は、「大地に立って/空を見上げてー風景のなかの現代作家」と。

 よい展覧会である。

 関東地方のほぼ中心に位置し、利根川と渡良瀬川に囲まれた、起伏のない平坦な大地が広がる館林。このランドスケープの特徴を活かして設計デザインされた当館は、敷地の中央に広大な緑の前庭を据えています。ここに立ってみると、遮られることなく広がる大地と空が、土地の特性を示すとともに、まっさらなカンヴァスのように人の内面や物語を映し出す抽象空間ともなることに気づかされるでしょう。
 本展は、当館をとりまくこの風景を舞台装置として、自然のなかに身を置き、風景へとまなざしを向け、大地にイマジネーションを託す9人の作家をとり上げます。作家の身体や感覚、想像を介して導き出された絵画、写真、映像やインスタレーション、あるいは来館者が参加して作り上げていく作品は、この風景のイメージとどのように感応するでしょうか。人間の生死、文化や歴史とつながる現実あるいは想像の風景、そして風景をつくる人と自然の働きと時の流れについて、考える場にしたいと思います。 展覧会HPより。
 
 9人の作家の内、日比野克彦さんと笹岡啓子さんの作品は観てきたが、そのほかの方々は初見であったが、どなたも興味深く観ることが出来た。

 瀬尾夏美さん、笹岡さん、それにALIMOさんもそうだが、3.11震災以降、ボクラがいる世界の風景の見え方が、北関東の田舎暮らしでも「うさぎ追いしふるさと」というような安らかさ失ってしまった。

 風景を一皮はぎ取ってみるような癖が身についてしまったような。

 そこから、どうしたい?というのが、この展覧会なのか。

 日比野さんは、「揚舟」をモチーフに「揚舟流星群」というインスタレーションを目論んでいる。

 とても、美しい。


b0018682_23484058.jpg

b0018682_23492718.jpg


 館林近郊の板倉町に渡良瀬川の支流で、「谷田川巡り」という揚舟の遊覧があり、一度乗ったことがあるのだが、「揚舟」というのはもともと災害時の移動手段として、洪水に備えて各戸で軒下に設置していた小さな舟である。

 ここに限らずボクの住むちかくにも利根川も荒川も洪水も明治の頃までは洪水を繰り返してきた。

 揚げ舟は、いわばこの地域の災厄の記念である。

 糸でつり下げられたたくさんの紙の舟は、その水害で亡くなっていった人たちの為の精霊船のように見えてきたのだった。


 

by ribondou55 | 2016-11-04 23:40 | Trackback | Comments(0)