人気ブログランキング |

タグ:美しいこと ( 4 ) タグの人気記事

 今晩は、十七夜の立ち待ち月。

 一月の立待月、心から冷えてくる。

 帰り道の道々、ずっと眺めてあるいた。
 皓々と照る月影が冴えわたり、それに心が引き締められるような感じがしてくる。

 これが、他の季節なら、すこしは浮いた気分にもなろうものだ。

    魔がさして親切にして立待月  (池田澄子・船団)

月を観ていたら、魔が差した、或いは行きずりの男に気を許した、そんなことも、ありそうな。


 今朝は、暗い内に家を出るとき、西の空に昨夜の十六夜月がぽっかりと浮かんでいた。

 だから、今夜ボクが寝ている間、今晩の月は天空を移動して、明朝また西の地平に沈む前に、ボクは再度対面することになる。

 お月様、この寒空にご苦労様。

 
b0018682_23194468.jpg


 
 

 
 
by ribondou55 | 2012-01-11 23:01 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

秩父歌舞伎の人達

 朝方は、土砂降り。

 ボクは、昼前にお花畑駅に着いた。

 いつものように、駅の立ち食い蕎麦でお腹をなだめて、歩きはじめた。

 一人でこの街を歩くのは、本当に久しぶりだ。

 祭りもさることながら、秩父歌舞伎のあでやかさを噂に聞いてきたのだ。


 冷たい雨が降りしきり、舞台はブルーシートの下に。


b0018682_23471137.jpg


b0018682_2339207.jpg


b0018682_23395474.jpg


b0018682_23412316.jpg


b0018682_23403410.jpg

by ribondou55 | 2011-12-04 23:48 | 生きている | Trackback | Comments(0)

 我が家の老犬と朝夕散歩していると、

 自然と、ちいさなものの命に目が向いて行く。

 写真にはしないが、30センチに満たない今年生まれた幼い蛇がおそらくは車にひかれたか、地面にひからびているのを、秋のこのころに、しばしば見かける。
 
 なんまいだぶ

 今朝は、蝶。


b0018682_23482241.jpg


b0018682_23491828.jpg





by ribondou55 | 2011-10-08 22:15 | 生きている | Trackback | Comments(0)
b0018682_20455393.jpg



 世界の果てから
 毎日さけび続ける無数のワタシ
 ワタシニ サワッテ
 ワタシニ ツナガッテ
 ワタシヲ タスケテ
 ココニイマス
 ワタシガ   
             「ワタシハ ココニ イマス」嵯峨恵子

 
 
 
by ribondou55 | 2011-10-04 20:46 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31