人気ブログランキング |

タグ:李凡堂 ( 77 ) タグの人気記事


  幽霊を見たことがある。
  梅雨の最中の午後〇時過ぎ。
  確かに
  アルコールに頭蓋は溺れていたが、
  あれは、
  ユーレイ。
  外灯。
  路地。
  男が塀際で、
  靴のひもを
  結んでいる。
  いや、
  変だぜ。
 
  軍人
  イヤ
  復員兵

  あっ
 
  それから、幽霊は
  時折
  僕の
  夢の夢に散歩する
  時折
  敬礼!
  




  麦秋やゴッホ眼球宙返り       李凡堂

  アマリリス脊椎正しき恋人よ

  葱の花汝亡き人愛ほしや

  六月や離婚届はぺらぺらと

  寝て起きて誕生日の今日便秘がち

ドフトエフスキー読む簿記学生に夏は来ぬ

  柿の花こぼれて今朝の浅間山

  笑い犬夏毛も軽ろし恋衣

  羽化の朝のキャベツ畑を祝福す

  

  

  

  
b0018682_2382994.jpg

by ribondou55 | 2005-06-05 23:40 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

青葉を愛でて終日。

  ミンダナオ島の残留日本兵二人の生存が報じられている。
  いかなる人物か分からないが、それなりの地位にいた軍人であるという。
  六〇年間、何から逃亡してきたのか。
  あるいは、何事かの想いがあったのか。
  「敵前逃亡」
  国家は苛酷である。
  小泉という人は、恐ろしく貧困な想像力しか持ち合わせない御仁とみえる。

  これを書いた一週間後、がせネタをとつかまされたとマスコミがはしゃいでいた。
  毎日のスクープだったようだが、毎日が謝ったというわけでもあるまい。

  しかし、90歳にもなる旧帝国軍兵がミンダナオで生存していようが、していまいが、
  徹底的な敗北によって、
  木の根を喰らい、
  蛇の生き血を啜り
  倒れ逝った同胞の脂を舐めたあげくに、
  死んでいった「英霊」たちに
  小泉という御仁は
  あの靖国という社で、
  何事を祈るのだろう。


b0018682_15273338.jpg



  水張りて田の面鏡の天の貌      李凡堂

  告知ありいざ鎌倉へハイヒール

  聖五月プラットホームのヒロイン

  少女等の膝にノートに南風

  鎌倉や讒言斬首白牡丹

  胸の開けて女トランプにささやく

  青葉山この道行けば忘らるる

  金曜のことば繁れる夏の耳

歯の白き毒消し売りが坂を越ゆ

 
by ribondou55 | 2005-05-28 15:12 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

日が暮れると眠くなる

 静かに一日が過ぎる。
 恐ろしい。
 何かが、狂っている。



 春の蠅しみじみ暗き部屋に来る    李凡堂

 春の夢やわらかな尻父殺し

 春雨の夕ばばじいを叱る声

 梨の花一生涯に断腸す

 
b0018682_22145281.jpg

by ribondou55 | 2005-04-20 00:06 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 
 ☆ 手のひらにこぼれ式部の実や四十

 ☆ Tシャツに棘の種子あり終電車

 ☆ ブラウスの胸刻急ぐ青蜜柑

 ☆ 金木犀眼帯ひだるき首くくり

 ☆ 銀木犀セブンのおでん手土産に
b0018682_2342309.jpg

 ☆ 寝待月少年少女合唱隊の変声期

 ☆ 自殺志願恥ずかしげなり蕎麦の花

 ☆ 告知あり「あと何回できるかな」雨の月


2004/10/04 23:22 (Mon)
 
 
 ☆ パジャマ脱げ水底覗けエンヤコラ

 ☆ 十月やおまえ十六潮の髪

 ☆ 十六夜や腋臭のシーツ白荒野

 ☆ 尋ね人雨降り横町九月尽

 ☆ 秋霖やブリキロボット瞼なし


2004/10/08 23:06 (Fri)


 ☆ 赤い羽根「夢判断」の栞なり

 ☆ 横町に往けば人喰う人に酌

 ☆ 虫食いの胡桃 いづくの虫ぞ

2004/10/09 22:52 (Sat)
 
 ☆ 秋の蝿しばらく肩に親しむか
 
 ☆ 会議あれ身は亡霊ぞへこき虫
 
 ☆ 「でっちあげだ!」十月の塔展翅せよ
 
 ☆ テーブルに神よ真向かひてサフラン
 
 ☆ いささかの身も堕ろされて秋の暮れ


2004/10/11 00:19 (Mon)

 ☆ どこぞかへ鈴走り往く秋時雨
 
 ☆ ジッパーをはずしっぱなしだ泡立草
 
 ☆ 青蜜柑たわわなる陰「有る不在」
 
 ☆ 闇が来て青き蜜柑よ胸ひらく

 ☆ 長月のある夜たちんぼ顔と顔


2004/10/11 22:14 (Mon)
 
 ☆ 裏町や息におう秘所みずきの実
 
 ☆ 受話器置き林檎むく舌の内向


   2019/04/23 追補

       李凡堂、現在の泡六堂。




by ribondou55 | 2004-10-29 23:39 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
八月、酷暑、停滞、果報は寝て待て。



b0018682_2348121.jpg心太悔い改めよ小市民
捨てられし子も親になり鰻食う
泉あれ死ぬも生きるも憩えるよ
思い出す小さな記憶ごまの花



風死んで《靖国》広場がらんどう

炎天に銀河界隈午睡のみ
黴臭し路面電車曲がり行く
烏さえ鳴かない真昼氷噛む


アイスキャンディ頬も少し痩せしか
逢いたくてちびたエンピツ噛んでいる

葦簀越し嘘は百っぺんナンマイダ
真昼間に病む蛍いて恋を吐く


朝顔や午前八時の音楽止む
原爆忌コロッケ買いに橋渡る

八月に瞳孔細くして接吻す
天の川眼球まあるく舐りたし



 
by ribondou55 | 2004-09-04 11:37 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)





  b0018682_23312640.jpg定めなき日々の明日を螻蛄に訊く   李凡堂


  朝の蜘蛛黄泉より風に糸垂れて


b0018682_23091472.jpg

  濡れて来て「ヒレカツ弁当食べませう]

    六月も権力深く乳を吸う
    ががんぼようどん喰らって眠いのだ
    瞑る目をうつ波寄せる夏浅し

 素足解く女獣めく透谷忌
 四畳半痛飲我が師蝶眠る
 両の手で麦を捧げん蛍死す
 昼深し草にけがれし白き靴
 鞭ひとつ喰らわしてやる去ねよ六月 

    「バリ島に住んでみたいわ」梅雨の晴れ
    「とほくまでいくんだ」いけた?不如帰

夏椿人みな歌う夢を愛づ

   一瞥して喪の手袋をかざしおり
   湿度ある女の匂うことのみの夏至
   胸寛げ紫陽花明かきタイフーン
   鵺などはいかに鳴くらむ夏の月
   「思想」とぞいえば暑さや生焼酎
   
   妻と二人ファミレスにいる骨と薔薇

大河大空橋半ばなり六月尽
六月は水浸しなるに喉渇く

雷光る冷水シャワーの栓開く 

紫陽花や知らぬ窓から呼ばれたり
漂流と独りごつれば光る七月
涼風や足首細きひとのゆく
初蝉や文節は「ね」で切れるのネ

この夏に生まれ死ぬもの無尽蔵
戦あり小便ひって蝉呵々と

片陰の路地の極まり母が待つ

青田風我らが荒地千里ゆく
ほおたるよ何ぞ苦しき光をる

妻帰る日傘忘れて何処より
土曜日の電車遅れがち熱帯夜
休日も真空炎天のネクタイ

昼顔やワンダ「短靴」脱ぎおきし
腰に手を夏はすっぱい胸へ寄る
歌声の夏を背景に追いやりて
間接光の真昼間に蝿の舌乾く

甘酒をとろりとこぼす面影や

by ribondou55 | 2004-09-03 23:32 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

初夏ごろの句  李凡堂



麦の秋生き行くことを嗤いつつ

 鳥一羽見えぬ臨港の薄暑かな

 栗花の踵を返す嫉妬あり
 
帰り来て青き無花果を陽に曝す
b0018682_2224111.jpg

 呼ばれて座って笑ってカレーライス食って
 
水羊羹不眠症女の舌を吸う
 
 五月尽吾立ち小便ひとりごつ
 
 チョーク折る衿汗じみて殺意めく
 
戸を閉ざしとけそうな菓子梅雨に入る

 濡れた旗囲んで踊ろ早苗月

 走馬燈アジアの縁を照らしをり

 夏草や黒猫「羽」を噛み砕く

 牛スジをホッピーでグビッと桜桃忌

 青梅の落ちて数日青きなり

葵立つ背丈の辺り露の蘂

梅雨湿り深爪人さす指である

自慰耐ふる指のソナチネ青き梅

六月はまず鎖骨辺りを甘く噛む

梅雨空や「国家」まっこと不快なり

茄子漬けをつまんで今朝の誕生日








by ribondou55 | 2004-09-02 22:22 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー