人気ブログランキング |
 目がピカソ枯野を蹴って蟷螂出る  的野 雄

 たまたま、愛読する「増殖する俳句歳時記」にて、教えられた句。

 写真の奴は、我が家の居間のガラス戸に張り付いたまま、長いこと姿勢を変えずにいたのだが、ボクがその存在をわすれたころ、カマキリもどこかに去っていた。

 静止していながら、まったく隙のない、気合いがみなぎっていて、たいしたものだと、思った。

 同じ方の句で、

     枯色も攻めの迷彩枯蟷螂

と。

 
b0018682_2326631.jpg

by ribondou55 | 2015-11-10 23:26 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31