人気ブログランキング |
b0018682_13431853.jpg
b0018682_13420301.jpg


 荒川大麻生公園へ散歩に行った。

 自宅から自転車に乗って、途中ミニストップで手作りおにぎり2個買って、のんびり行った。

 安物の双眼鏡とcanonのminiXという不人気で終わった?らしいビデオカメラをポケットに突っ込んで行った。

 ボクは、miniXをスケッチ帖のように使っている。

 とにかく広角側は、ゆがむのだが、広々取れるし、写真機としても、ピント合わせ無しでさくさく撮れる。

 優れものだとおもうのだが、とっくに生産中止となった。


 さて、この荒川の河原にちょっとうっそうとした森と視界のよい冬枯れの野っ原が繋がってある。

 気分よい。

 その名の通り、野鳥がたくさんやってくるようで、探鳥会も定期的に開かれているらしい。

 今日も今日とて、(実際は昨日なのだが)、バズーカ砲のごとき長大な望遠レンズを構えるご一統さまが、小さな池の畔に沢山おいでであった。

 
 ボクはただぶらぶら歩いた。


b0018682_22582744.jpg

 
 なぜか、「イーハトーブ」と頭に浮かんだ。

 言わずと知れた宮沢賢治さまの「イーハトーブ」。

 有名な「注文の多い料理店」の新刊案内にあった言葉を思い出そうとしたが、ボクの脳みそはどろんと淀んだ沼同然で、メタンガスのようなものしか浮かんでこない。

 で、妙に確信的に、この森と原っぱだって、「イーハトーブ」だと。

 ちょっと立ち止まって考えた、・・・・そう思ってもイイかも知れない。


 森の外れのベンチに腰掛け、おにぎりをほおばりつつ、耄碌爺さんは、今在るところがイーハトーブであって何処がいけない、百人の読者のそれぞれに固有のイーハトーブが開かれているのだと、それでイイのだと、バカボンのパパのように決定した。


 そこで、いま青空文庫からその一文を拾っておく。

 賢サを愛する熱烈なファンには失礼だが、ドリームランドは世界の至る所に偏在して、「岩手県」が独占するものでもあるまいと、ぼんやり思うのであった。

 イーハトヴは一つの地名である。しいて、その地点をもとむるならば、それは、大小クラウスたちのたがやしていた、野原のはらや、少女アリスがたどったかがみの国と同じ世界せかいの中、テパーンタール砂漠さばくのはるかな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。
じつにこれは著者の心象中に、このような状景じょうけいをもって実在じつざいしたドリームランドとしての日本岩手県である
そこでは、あらゆることが可能かのうである。人は一瞬いっしゅんにして氷雲ひょううんの上に飛躍ひやく大循環だいじゅんかんの風をしたがえて北にたびすることもあれば、赤い花杯はなさかずきの下を行くありかたることもできる。
つみや、かなしみでさえそこではきよくきれいにかがやいている。
ふかママの森や、風やかげ肉之ママ草や、不思議ふしぎ都会とかい、ベーリング市までつづ電柱でんちゅうれつ、それはまことにあやしくも楽しい国土である。






by ribondou55 | 2019-01-31 23:17 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)




b0018682_22404644.jpg


 ゆで卵は不思議な感じがする食べ物だ。

 
 子どもの頃は、ちょっと贅沢なごちそうであった。

 独身のころは、通勤の途中の喫茶店でモーニングサービス、これがつくのが定番だった。

 今は、取り立てて好きでも嫌いでもないが、家飯のラーメンにはこれを載せないと物足りない。

 時代や世代や生活実態の違いで、印象が大きく変化する。


 ゆで卵はいわば命の始まりの形をしている。

 白身に包まれた卵黄が、一つの細胞なんだそうだ。

 胚発生は黄身の部分で起きるのだ。

 有精卵であれば、二十日か二十一日ぐらいまでには、孵化するそうだ。
 

 ゆで卵は外形的には、つるんとしてつやつや、中に黄身は潜んでいて、見えない。

 人によってはエロチックとか。

 産卵女子とかナンダワカラン語が、Googleに引かれてきた。

 とんでもない方向に話が行きそうなのでやめる。



 橋本治氏、逝去。










by ribondou55 | 2019-01-29 23:10 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
別府沼公園(熊谷市)へ散歩がてら、カメラと双眼鏡をもって鳥を眺めに出かけた。

寒い。

双眼鏡でのぞく野鳥の美しさは、驚きに近い。


鳥を撮るつもりで、撮ったのは、今日が初めて。

帰宅して、図鑑で何者かを調べた。



愉しい。



b0018682_22565460.jpg
b0018682_22572922.jpg
b0018682_22581985.jpg




by ribondou55 | 2018-02-06 23:01 | 生きている | Trackback | Comments(0)

冬枯れの森を行くも愉し


 今年、初めての森林公園散歩。

 寒波襲来の合間の冬日和、枯葉の森の匂いも好きだ。

梅園にはちらほらと花が。

梅の根元に、福寿草も咲き出した。


b0018682_22413578.jpg
b0018682_22420357.jpg
b0018682_22444357.jpg
b0018682_22452293.jpg
b0018682_22455066.jpg
b0018682_22464237.jpg
森林公園・2018/01/18








by ribondou55 | 2018-01-18 22:47 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

再びの、只見線。

 性懲りもなく、只見線に乗車。
 
会津柳津の圓藏寺の「舞台」から、眼下の只見川の流れを眺望したいと、ふと思ったからだ。

 12月10日、小出経由会津柳津までの旅だ。

 小出で、約二時間ほど只見線に乗り継ぐまでの間に、魚野川にかかる橋を渡ってほど近い「そば処富永」で。

 美味しい、只見線に乗られる方に、お勧めできる。

 
b0018682_23491160.jpg
b0018682_23500895.jpg
b0018682_23511651.jpg
b0018682_23523196.jpg
b0018682_23531280.jpg
b0018682_23535756.jpg
b0018682_23543604.jpg


12月10日、青春18の冬の始まりの日、只見駅からバスに乗り換えたのは、ちょっとくたびれたおじさん達ばかりだった。

この日は晴天で、二日後の今日〈12日〉は大雪だと、只見線も運休となった。

柳津温泉で一泊して、翌朝圓蔵寺にお参り。

やはり、すばらしい眺めであった。

ちなみに、門前の粟まんじゅうも旨かった。


b0018682_00052743.jpg


南無虚空蔵菩薩。

















by ribondou55 | 2017-12-13 00:01 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)
b0018682_21104143.jpg


この夜、美しい月であった。

b0018682_21132765.jpg
b0018682_21140279.jpg
b0018682_21144102.jpg
b0018682_21152441.jpg
b0018682_21160112.jpg
b0018682_21165702.jpg




by ribondou55 | 2017-12-05 21:18 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)
 今年も、残すところ一月を切った。

 そうして、今年も知知夫神社の夜祭りの日が巡ってきた。

 ぶらぶらしに出かけた。

 お昼ごろに御花畑駅を下車、いつものように駅の立ち喰い蕎麦、天ぷら載っけの500円也、腹を満たして、ぶらぶら開始。

 ここのは、天ぷらが立派で、汁も旨い。

 そして、せきた食品の麺はコシのないやわやわのようでいて、それが苦にならない、ボクは好きだ。

 ボクにとっては立ち食い駅蕎麦のベスト5に入る。

 午後7時で切り上げて、帰路についた。

 いよいよ、秩父は一流の観光地っぽくなってきた。

 で、・・・・・・・・・128.png128.png128.png

 わらじカツが、胃にもたれて弱った。


 
b0018682_21563606.jpg
b0018682_21592659.jpg
b0018682_21573175.jpg
b0018682_22455346.jpg
 

by ribondou55 | 2017-12-04 22:03 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)
 
b0018682_22390716.jpg


 通帳を眺めつつ、配偶者がため息。

 税金やら健康保険料やら、お国は乏しい年金からきちんと徴収して行く。

 時に、亜米利加から大金持ちの大統領様の娘がやって来たとか。

 続いて、大統領夫婦がやって来て、TVはこの話題で持ちきり。

 観ていると、本当にこの国は、「おもてなし」に熱心な国だ。

 ゴルフだ、焼き肉だ、晩餐会だ。

「ゴルフしながらだからこそ本音が聴ける。」とか。

ああ、なんとおめでたい。

ちっちゃなボールを転がって行く先に「穴」が待つのか、それて行くのか、一喜一憂。

まあ、政治も同じか。

 とにもかくにも、政治というのは、お茶とコーヒーぐらいでの接待では、やっていけないのか。

 ため息のこもった税金で、飲み食いしても美味くはないだろう。

 斯様に思う次第です。

 飲み食いさせて、遊ばせて、その上で、大統領の気まぐれは計り難しだと、・・・・・、阿呆か。

大体、為政者同士の友情と信頼なんて、あり得ない。

あるのは、利害のバランスだけだろう。



一昨日、益子へ。

マグカップを購入、帰宅して小さな紙切れに作家の略歴が記載されていて、びっくり。

昔お世話になった方のお身内であるようだった。








by ribondou55 | 2017-11-06 22:52 | 生きている | Trackback | Comments(0)
b0018682_22505737.jpg
 
 農林公園を散歩。

 今年初めての、紅梅。




by ribondou55 | 2017-01-27 22:52 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)
 我が家の山茶花は今頃、盛りになる。

b0018682_10104582.jpg

 リサイクルショップで買ってきたニコンEMの50㍉を、ルミックスのGX1に装着して、撮ってみた。

 さすが、ニコンレンズ、解像度は立派なものだ。


 この句、山茶花の側を通り過ぎる時折、思い出す。




by ribondou55 | 2017-01-12 10:15 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂