人気ブログランキング |

タグ:ろくでなし ( 73 ) タグの人気記事

 四十数年ぶりに室生寺に訪れた。
 
若かったあの頃よりも、年ごとにボクの煩悩は老獪にして陰険、暗い淵はますます深くなってゆく。


b0018682_22580680.jpg

 さて、みうらじゅんと安斎馨による「勝手に観光協会」の奈良県のご当地ソングは熱烈な「仏像愛」の吐露である。

 お堂の中で 静かに微笑み
 甘い誘惑 揺れるまなざし
 国宝重文 関係ないさ
 俺の求める恋する仏像 

※ブッツ ブッツ ブッツ ブッツ
              仏像の旅

 待たされジラされ 諭され癒やされ
 秘仏公開 胸ときめかせ
 観光目的 関係なしさ
 オレの求める恋する仏像

※繰り返し

きっと奈良なら奈良ならなおさら
般若心経 口ずさみ
出家・在家は 関係なしさ
これはもう恋 本気さ仏像

※繰り返し
          (ブッツ仏像)


仏に恋するなんてなんという罰当たりななどと、腹を立てるお方はこの節ならおるまい。

b0018682_23062780.jpg


確かに奈良室生寺の本尊、十一面観音のふくらむ頬と細めた目とちょっとおちょぼ口の朱色の唇に甘い誘惑を感じる衆生もおいでかも知れない。

誰しもが云うように女人高野にふさわしい神秘的で優艶な仏さんである。

というのは、ボクの中の「常識」が書かせている言葉だ。


さて、あの日、金堂で本尊居並ぶ脇侍や十二神将を間近にして感じていたのはなんだったのか。

狭い金堂の中にバスツワーの観光団が既につめかけていた。

中年のお坊さんがなにやら説明なさっていてしばらくして、団体さんがひけていった。

ボクはご本尊の正面に座って手をあわせてから柱間三間の壇上にいらっしゃる仏さん達をゆったりと観ようとして、観ていた。

時間にして十分、十五分?

だが、その時なにを感じていたのやら・・・、今は思い出せない。

程なく次の団体さんがやって来た。


ボクは金堂を出た。

四十数年ぶりの室生寺だった。


写真は仙台市博物館で展覧会ポスターの一部を拝借。













  


 

by ribondou55 | 2018-12-08 23:08 | 合掌 | Trackback | Comments(0)
たった四泊五日の旅で、どうやらボクの身体は、相当なダメージがあったようだ。

旅から戻って3日が過ぎたが、腰の周辺が複雑に痛む。

ボクには解剖学的な筋肉のあれこれは全然分からないから、痛みがあちらこちらへ移動したり、強度を増したり緩めり、・・・、振り回されている。

前にも書いたが、ボクは医者にかからない。

できるだけ、我慢する。

大体はそれで、回復できてきた。

しかし、七十歳というのは、肉体にとって、かなり手強そうだ。

この痛みをボクは、五日の旅での歩行量とリュックを背負った重量による疲労だと思っているが、案外、もっと深刻な原因があるかも知れない。

立ち居振る舞いに痛みを感じることからの不安をかかえて、今のボクは不機嫌である。

だが、これにしばらく耐えればなんとかなるだろうと、不埒にも高をくくっている。

他人事なら即座におろかな奴だと一刀両断であるが、自身事だから己の愚かさには口を閉ざしている。



b0018682_16545302.jpg





 

by ribondou55 | 2018-12-04 16:55 | 生きている | Trackback | Comments(0)
b0018682_09490393.jpg


午前9時23分現在で、室内においてある温度計は、31.8度である。

予報では、本日の熊谷の予想最高気温39度、いわゆる、命に危険が差し迫る温度ということだ。

毎朝、7時の天気予報で、当地の名を見ない日はいつ頃になったら来るのだろうか。

ご近所のもともとが農家であったような方々の中には、早朝の5時、6時から暑さを避けて草むしりなどされている人もいるらしい。

しかし、この4、5年ほどの経験だけのにわか菜園家である小生には、そこまでできる真剣さはない。

何度抜いても、畑には雑草が伸びてくる。

台風12号でまとまった雨が降ったおかげで、それらが勢いづいている。

なんとかしなければいけないのは、分かっているが、朝の天気予報を確認するたびに、気持ちが萎えてくる。

なんといっても、命にかかわるのだ。

不要不急の用事は置いておいて、外出するのは控えよと、防災放送も繰り返している。

気だけは若いといっても、己は熱中症にかかりやすい「高齢者」である。

その上、昼夜の冷房で冷えたせいか、左膝に急に痛みも・・・。

ともあれ、世間の皆さんがそこまで心配してくれるのだから、野良仕事はしないに限る。

しても、せいぜい見回り程度がよろしいかと。



ム・・・・・・・・・、ムム。


外で働く皆さんには、まことに申しわけない。

低頭百度。











by ribondou55 | 2018-08-02 09:49 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
b0018682_22144185.jpg

 台風12号は、ぼくの住むあたりではさほどの影響を被るらずに済んだが、各地に大きな被害を与えている。

 これから、台風が移動するあたりに住まわれる皆様のご無事でありますよう。


朝方、自給菜園を見回ると、問題となることは何もなかった。

数日前購入しておいた秋用のキュウリ苗を雨後の畑に植え付けた。


孫にせがまれて、アンパンマンの顔を描こうとしたのだが、まあるい輪郭だけしか思い出せない。

オレンジ色の球体しか浮かんでこない。

数え切れないくらい目にしてきたはずだ。

かように、ぼくの目は節穴同然でものが見えていないのだ。

耄碌だけのせいだけではあるまい。

そんな風に70年近く生きているのである。





by ribondou55 | 2018-07-29 22:29 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

6年間使ったことになる、デスクトップの電源が入らなくなった。

静電気の放出とか、対処できそうなことはやってみたが、うんともすんとも言わない。

カスタマーセンターに相談すると、電源ユニットかマザーボードか、どちらかが故障している可能性がありますと。

純正部品のストックはないそうだ。

電源ユニットの交換をしてみようかと思ったが、億劫。

そろそろお釈迦になるころかと、せめて写真データだけでもバックアップをと昨年暮れに不安になって、外付けのHDDを買い込んで半分ほどしていた。

だが、iTunesの音楽データはどうしよう。

こつこつと集めた落語のデータは、・・・、困った。

そうなふうにくよくよしたのだが、結局、新しいPCを購入した。

ワープロ時代から通算すると、そろそろ二桁になる回数買い換えてきた。

PCは家電製品としては、実に耐久性がひくい、欠陥商品のように思う。

年金生活者としては、大分スペックを落として、乏しい小遣い貯金を切り崩した。

夏の旅行も近場にせねばなるまい。


しかし、この6年間の技術の進歩はたいしたもので、以前のものより大分快適に動く。


たぶん、ぼくが死んだ後、人に観られたくないものを順位付けすれば、ぼくはスマホをもっていないから、自分のPCがまず挙げられるだろう。

とくに、「お気に入り」なんてみられたら赤面どころか、青ざめるだろう。

もう一つは、蔵書、こやつこんなに趣味が悪かったか、なんて値踏みされたらたまらない。

この新しいPCにも、これからぼくの関心事のゴミ溜めになる。

あと何年生きれるかわからないが、最後のPCのような気もする。


そんこともあるが、はてさて、壊れたPCの住所録なんかもどうしよう。

年寄りだから、てきぱきとことは進まない。

設定も思考錯誤しながら。

嗚呼。


b0018682_23274690.jpg
明日は台風来襲。

畑のキュウリやトマトの支柱を補強したが、どうなることやら。

無事には済むまい。

この、オクラ君は?





by ribondou55 | 2018-07-27 23:23 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 
加計の大学事務局長さん、頬をほころばせて記者会見なさった。

ああ、腐った教育関係者がここにもいた。

つい最近、日大アメフトの監督・コーチの会見と双璧。

いや、双璧とは優れた者を並びたたえる時に用いるのでは?

いや、いや、誤用ではありません。

これも教育の一環。

ジット自分の学生時代を想いだしてごらんなさい。

思い当たることがありませんか。


b0018682_22320677.jpg




夏野菜の苗、植え付け終了。

胡瓜・茄子・スイカ・鷹の爪・シシトウ・ピーマン・パプリカ・満願寺

サツマイモ・南瓜・甜瓜・里いも・トマト・ゴーヤ・枝豆・隼人瓜

直播き

オクラ・胡瓜・ゴーヤ



タマネギの収穫完了。

毎年この時期から悩まされるウリハムシの出現数が少ない。

100均で、なかなか使える農業資材あった。

100均、たいしたものだ。











by ribondou55 | 2018-05-31 22:32 | 世界は昏いか? | Trackback | Comments(0)

朝採りのアスパラガス


b0018682_17212713.jpg



 放置状態のアスパラガスが、収穫時期に入った。

 何の世話もしないのだが、この季節になると律儀なもので、ほんとうにありがたい。


 ところが、人間って奴は心底ろくでもない輩がゴロゴロいる。

 もちろん、己を含めてだが。

 そう自覚したので、ボクは人付き合いを最小限にした。

 ボクは本来真顔で嘘をつくことができる質のものだからだ。

 この年で、嘘つきはないだろう、つまり嘘をつく相手がいなけばれいいのだ。

 そうしていると、どんどん無用にして無能の人になって行くようなのだが、ボク自身は快適な暮らしと云える。

 超高学歴にして、ピッカピカのキャリア組に属する人たちだって、あの程度の大嘘つき。

 彼らは、いったい何を守ろうというのだろう。



 畑の土作りに精を出している。

 米ぬかは、果たして効果があるやいなや。

 今月末には、夏野菜の苗の定植が始まる。

 それにしても、埼玉北部はほとんど干ばつ状態。

 水なしでは、たまねぎが膨らんでこない。





 
 

by ribondou55 | 2018-04-16 17:01 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)
 徒然草の第百六十一段に、

花のさかりは、冬至より百五十日とも、時正の後、七日ともいへど、立春より七十五日、おほやうたがわず。

 と、ある。

 「時正」とは、昼夜の長さが等しい春分または秋分のことだそうだ、だから云うまでもなくここでは、春分にあたる。

 今年の立春は、二月四日であった。

 その、二月四日の七十五日後は、四月二十一日であろうか。

 昨年の桜の満開日を当たると、四月二十一日満開は、青森市である。

 兼好が棲んでいた京の都は、もうとっくに葉桜になっていたのではないかと思われる。

 では何処の辺りが満開かというと、吉野山の奥千本周辺らしい。

もっともこれらは、この頃のデータを前提にしてのことだ。

 
 確かなことは知らないが、兼好が生きた1300年前後は、地球の寒冷化が急速に進み、その底に近づいていた頃とか。

 もしそうだとすれば、開花時期も現在より遅かったかも知れない。

 それに、兼好さんのころの桜は、山桜であって、この頃のソメイヨシノ一辺倒のお花見ではない。

 山桜というのは、ソメイヨシノのように一斉にぱっと咲くものではなく、木によってそれぞれとか。

 とかなんとか考慮すると、京の都でも四月二十一日は、桜の盛りといえたのかも知れない。

大体兼好さんほどの人が、「花のさかり」の時期のことで、とんちんかんなことを云うはずもない。

 
 とか、知った風なことを書いているのは、つくづくこの頃の天気模様にうんざりしているからだ。

 ああ、桜が懐かしい。



b0018682_22402594.jpg





by ribondou55 | 2018-02-14 22:41 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 
b0018682_22100050.jpg

また、年が明けた。

ユリイカの「総特集・遠藤賢司」、ユリイカを購入したのは20年ぶりのことだろう。




 
 

by ribondou55 | 2018-01-05 22:20 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

猫飯の懐かしさ

 ご飯に、それも冷や飯がよいのだが、鰹節を振りかけてから醤油をさし、ざっざっとかき混ぜて喰らう。

 猫飯。

 突然、食べたくなる。

 今、まさにその時。

 還暦もとうに過ぎて、もう少し味覚も洗練されるかと思っていたのだが、幼いころに身に染みついた味でしか満足できないことがある。

 その頃は、貧しかったので、例えばカレーライスにしても、具はキャベツとちくわということも、あった。

 肉は使えずにイカで間に合わせていたことも、時々あった。

 その頃は、家族5人、食卓は卓袱台であった。

 カレーライスは、本当にごちそうで、兄弟皆、おかわりした。

 お袋は、貧しいながらも、料理の腕を生かして、ボクラの腹を満たしてくれた。

 「猫まんま」は、学校から帰って一息ついて、腹が減っていると、夕飯を待ちきれずに、お釜の底に残っている冷や飯で、食べた。

 冷たい飯に、冷たい醤油、鰹節に加えて青のりがあれば、これ以上云うことはなかった。


 お袋は、この頃で云えばパートさん?

 いろいろな仕事をしていた。

 極貧とは云わないが、貧しかったから、お袋の稼ぎはボクラを養うには大切なものであった。

 そこで、三度の飯は、お袋の腕にかかっていた。

 安い食材をどう美味しく食べさせるか、頑張っていたし、実際に美味しかった。

 だから、お袋は猫飯を喰いたいというとよい顔をしなかった。

 だが、ガキというのは仕方ないもので、ちょっと隠れて食べている風な気分が、さらに美味しくさせた。


 で、今は、イカカレーが、猛烈に食べたくなった。

 近日中に、こしらえてみよう。


 
b0018682_15220700.jpg
(森林公園、11/26)








 


 

by ribondou55 | 2017-11-28 11:22 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー