人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー

タグ:ゆわーんゆよーん ( 251 ) タグの人気記事

 西馬音内盆踊りを見た翌日は、横手市増田町の朝市を覗いて、北上し、角館で稲庭うどんの昼飯、さらに、大館へ移動した。

 大館駅近くのホテルにチェックインして、小休憩し、今度は鉄道で、鹿角花輪に向かった。

 花輪の夏祭り、「花輪囃子」もかねてから、一度は雰囲気を味わっておきたいと思っていた。

 この花輪囃子は、ユネスコの「山・鉾、舞台行事」の一つとして無形文化遺産に登録された。

 北関東の夏も、各地に祇園祭があって、屋台や山車の引き回しが行われる。

 ボクにもガキの時分から馴染んだ、屋台にお囃子という祭の形である。

 居住地の近くでは、秩父と川越の祭が、ユネスコ登録されている。

                         ※

 さて、増田の朝市のことだ。

 増田町は、こんなところだ、観光協会のHPによると。

 日本有数の豪雪地帯である秋田県横手市。その南東部に位置する増田は、成瀬川と皆瀬川が合流する地点に立地し、江戸時代以前より人と物資の往来でにぎわった地域です。両沢目で生産された養蚕や葉タバコのほか、様々な物資の流通に伴って増田は県内有数の商業地となっていきました。

現在商店街となっている「中七日町通り」は、明治の中ごろまで「ホタル町」と呼ばれ、内蔵や裏庭など、家の奥にある施設に比べると質素な表構えの町並みであったといわれています。しかし、商業発展のゆえに、明治の中ごろからは細部まで特徴的な正面意匠をもった大型の町屋が立ち並ぶようになり、秋田県内の商業地の中でも大型で特徴的な景観を見せるようになりました。(下・YouTube参照)



 さて、行ってみると、とてもいい。


 町屋の立ち並ぶ景観は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

 それは、さておき。

 朝市のことだ。

 19日は、九のつく日、この日は市が立つとのことであった。


b0018682_15420267.jpg
b0018682_15430957.jpg
b0018682_15435729.jpg

b0018682_15450272.jpg
b0018682_15454756.jpg
b0018682_15462108.jpg
b0018682_15470117.jpg
b0018682_15474810.jpg

店の数は10店ほど、簡素にして素朴。

街角の市というものは、こういうものだと教えられた。


佐竹藩の公認で約360年前(寛永20年)から始まったと言われている朝市は、毎月2.5.9のつく日、7:00~12:00に、開催されます。
        
 かつては、増田城の武士達が日常生活を営むため、物資の調達が行われたものと言われています。

朝市には近郊の農家や商店から50あまりの店が出店し、新鮮な季節の野菜が並びます。(横手市HP)

ということだ。

地域としては、観光客目当てのものにしたいのだろうが、お客さんは地元の方達が多かった。

いまでも、生活に根ざす商いなのだろうと思った。

よいものを見た。

店番の元気なおばあさん?から「ンダ」の用法を伝授された。

ところで、「ンダナ」と「ンダ」の違い、どうだった?










 

by ribondou55 | 2019-08-24 15:49 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)


b0018682_16392051.jpg




台風が迫る。

関東地方はコースからは外れるようであるが、今日の未明から雷雨が激しく、幾たびも通り過ぎた。

ようやく今になって晴れ間も見えるが、ひどく蒸し暑い。

真に生憎の空模様で、帰省中の甥や姪も、我が子の欲求不満になすすべもない風だった。

明日は、息子夫婦が来る。

娘夫婦は、連れ合いの実家へ行った。

関西であるので、酷いことになるだろう。

帰路、びわ湖辺りに寄り道すると聞いたが、いかが。




山頭火は、どうであったかは知らないが、

自己肯定というのは、水面に浮かぶ油膜のようなもので、

時おり虹色に輝いたりするのだが、

実に頼りない、

ボクの場合はである。



宇野邦一「政治的省察」読み終える。














by ribondou55 | 2019-08-14 16:39 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
by ribondou55 | 2019-08-13 22:00 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
by ribondou55 | 2019-08-12 23:20 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

b0018682_18053633.jpg

b0018682_18065730.jpg


b0018682_18075491.jpg

昨日の小川町(埼玉県比企郡)の七夕まつり。

細川和紙の町。

所用のついでにちょっと覗いた。

待ち遠しかった夏晴れとなったが、湿度が高く不快。

そう広くない七夕飾りの街並みを小一時間歩くと、

喉がからからに。

喫茶店を探してうろうろしたのだが、見当たらない。

参った。

公会堂の広場のベンチで、ポカリスエットを飲んで一息ついて、帰途につく。




節の歌をタイトルにしたのは、悪フザケでアル。

「くはし少女」とは、麗しい乙女ということ。

「桃」は福島から桃売りが露店を出していて、目にとまったので、その連想か。




一茶の「七番日記」に、

ふんどしに笛つゝさして星迎

という句がある。

「星迎」というのは、陰暦七月七日、七夕の当日のこと。

その日の祭のスナップのような句。

小川の七夕にも屋台が出ていた。

こちらは、ふんどしの若い衆ではなく、いかにも活きの良さそうな女性が威勢よく笛を吹いていた。


b0018682_22031074.jpg

男達の太鼓や鉦を圧倒する熱を感じた。

「時代」は明らかに女性をリスペクトしている。

節の歌は、「くはし少女」であるが、

桃から生まれるのは桃太郎である。

しかし、今や、鬼を退治するのは、「くはし少女」なのだろう。








by ribondou55 | 2019-07-29 18:15 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
b0018682_23433896.jpg

いろいろなことがあったが、

聞こえてくることは、どれもこれもウンザリさせられたが、

自分で足を運んで出会ったことは、楽しかった。

















by ribondou55 | 2019-07-24 23:46 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)


b0018682_22470108.jpg

b0018682_22475049.jpg

b0018682_22482870.jpg

b0018682_22494058.jpg

埼玉県深谷市は渋沢栄一の生誕の地である。

この方の肖像いりのお札を2000枚なくては、老後は立ち行かぬと。















by ribondou55 | 2019-07-06 22:58 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
暑苦しい曇り空であるが、雨はかろうじてもっている。

閉じこもりがちのこの頃、体が重い。

エイヤっと、森林公園に散歩に出た。

だが、又しても、老いるショック

最近入手したデジカメに電池を投入せずにきた。

充電していたことを忘れていた。


それに、もう一つ。

公園につくまえに、手早く済めせられる回転ずしで昼食とした。

これまで何度か寄っている。

食べ終わって会計、妻がこれ持っていけばと渡してくれた一皿分サービスのチケットを提示した。

と、会計のお姉さん、顔色も変えず、「これH寿司さんのですので、使用できません」と。

会計を済ませて出がけに改めて看板を見ると、カタカナで「SUSIRO」とあった。

もう、この店には寄れません。


てな、二重のショックも、森を歩きだすと忘れた。

こういう調子よさは原平さんが発見された、あの「老人力」という。




b0018682_14512291.jpg


本日の収穫は、これ、マヤラン。

各地で絶滅が危惧されているそうだ。

菌類と共生することでのみ生きることのできる腐生植物。

勿論、盗掘厳禁。




梅雨時でも、この花に出会うと気持ちがちょっと晴れる。

b0018682_17265614.jpg

b0018682_17274320.jpg

この湿度には、これだ、森はいまやキノコの山。

b0018682_17272218.jpg

b0018682_17290253.jpg

と思えば、こんなのも。

b0018682_17281018.jpg

地に目をやれば。

b0018682_17292584.jpg

b0018682_17295190.jpg

でも、にぎやかに。

b0018682_17301540.jpg

ガマも。

b0018682_17304237.jpg


さてヤマユリは、蕾であった。

七夕のころには、開花するものもあるとか。

b0018682_17310534.jpg





画像は、キャノンのminiXの静止画。

広角画像である。















by ribondou55 | 2019-07-05 17:40 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(2)


けさ、畑に出ると、やられていた。

b0018682_22192545.jpg

b0018682_22194992.jpg


小玉スイカ、何者かに先を越された。

ことしはまだスイカの収穫は始めていなかった。

なのに、・・・、残念。

昨年は、カラスに突っつかれたのだが、今年はどうやら四本足の生物らしい。

この辺りは、郊外とは云え、住宅地である。

しかし、狸だ、アライグマだ、ハクビシンだと、その出没情報はきこえてくる。

綺麗に実を食べていた。

返す返すも先を越されて悔しいが、綺麗に完食していたので、許してやろう。

で、

今年のスイカの味はいかがでありました。

どうやら、熱心に食べてくれたようだから、

甘かった、

でしょ。


でも、これ以上は許せない。

さてどうしよう。







by ribondou55 | 2019-07-03 22:28 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)
b0018682_22583282.jpg


捩花は、ねじれるまでもなく、かわいらしい。

何を好んで螺旋となる。

その上、左巻と右巻と両方見られるのだというからね。


天にまで回つて回れねじれ花  泡六堂

芝荒れて捩花ばかりツンと立つ



b0018682_06105012.jpg
(熊谷市別府沼公園で)








by ribondou55 | 2019-07-01 23:02 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)