人気ブログランキング |

タグ:ゆわーんゆよーん ( 288 ) タグの人気記事

b0018682_17363144.jpg


数日前、今年最後かもしれない森林公園の散歩で、

ボクは幾層にも積もった枯れ葉を踏んで山道を行った。

不思議の満ち足りた気分になれた。

画像は、その折に見かけた風景。


さて、この句を引いたのは、平凡社版の俳句歳時記の冬。

昭和34年刊のもの。

ボクの愛読書の一つだ。

この歳時記には「時代」の雰囲気が息づいている。

どのような句があるか、そのうちここにあげておきたい。


「落葉日記」とは岸田國士の作品の題名にもある。

けれど、この句に本意にかかわるものかボクには分からない。

ちょっと若者のようなセンチメンタルな記憶の1ページのようなものだと

勝手に解釈してみた。











by ribondou55 | 2019-12-15 17:49 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

b0018682_22461803.jpg


過ぎてしまったが、12月8日は、太平洋戦争開戦記念日であった。

ボクが生まれる以前に、その戦争は負けて終わった。

終わった、かのように見えて、昭和・平成・令和と元号は変わったものの、その総括も後始末もまったくついていない。

なさけないことだ。




ものを読むスピードが遅くなってきた上に、持久力がもたない。

阿部和重の「オーガ(二)ズム」に一週間つきあっていて、まだ読了できない。

情けないことだ。




菜園の白菜で、白菜漬けができた。

おいしい。

たくわんは、月末までには食えるのだろうか。




また、年賀状を制作せねばならない期限が目前に。

やめようやめようと思いながら、ずるずると続けている。














by ribondou55 | 2019-12-10 23:21 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

ボクは「サラダ記念日」が刊行されて、程なく多分読んだ。

大いに楽しんだのではあるが、戸惑う感じもあった。

その感じは、今も消えていない。

さてさて、ボクの作った白菜だって、捨てたもんではない。

赤帯は締めてないが、青虫、ヨウトウムシ、ナメクジ・・・諸君に、大いに愛されている。


b0018682_23092757.jpg
b0018682_23095020.jpg

b0018682_23101911.jpg





久しぶりに都心に出た。

築地で馳走にあずかったあと、銀座で娘と孫に会った。


隠居暮らしに入って以来、今日は「東京」へ行くと、云うようになった。

現役の頃は、仕事へ行くと言っていたのだ。



今のボクにとっては、都心に出向くには、重い腰をどっこしょとあげて、という感じだ。

それでも、今日のように40年も通い続けた通勤電車に乗って、

文庫本を開くと、

なぜか電車の振動がしっくりと伝わってくる。

人だらけの往来の流れに乗って歩いている自分が

懐かしい日常へと帰ってきたような気がしてきた。



孫にクリスマスの絵本を買ってあげる約束?をしていた。

教文館の狭い階段を孫の手を引いて上って行ながら、やっぱりもう俺はおじいちゃんだな、

それが「うれしいような」と自覚したのだった。












by ribondou55 | 2019-12-01 23:32 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

旅行く100均の象の図

b0018682_23002324.jpg


b0018682_23010246.jpg



象     室生犀星

古き染附の皿には
かげ青い象ひとつ童子に曳かれ歩めり。
この皿古きがゆゑ
底ゆがみ象のかげ藍ばみ
皿のそとにも寂しきかげを曳きけり。

かかる古き染附の皿には
うるしのごとく寂しく凝固りたる底見え
日ぐれごろ
象のかげ長からず
ちぢまりー入悲しげに見ゆ。

  注、凝固り・かたまり
    一入・ひとしお
「亡春詩集」より



動物の中で何が一番好きか?

そう問われたら、「象。」と。

そうであるが、動物園で本物の個体を見ると、巨大な生きものであると、何度見ても思わされる。

ガキの時分、「象の墓場」があると、漫画雑誌で知った。

死期の迫った象たちは、ある密かな場所に身を横たえにゆくのだという。

そこには、人では抱えきれない程の頭蓋骨やら、反り返った象牙やらが、折り重なっているのだという。

嘘か本当か、ボクは今もって知らない。














by ribondou55 | 2019-11-28 23:37 | 生きている | Trackback | Comments(0)

b0018682_11431950.jpg

穂村さんにしては、どーかな?




この秋初めて、先ほどエアコンを暖房にした。

暑ければ暑いで、寒ければ寒いで、外出が億劫になる。

それで済むのが、隠居暮らしのありがたさである。

隠居というのは、我ながら真に結構な身の上であるのだ。

いまのところ、三度の飯をきちんと食べることができるので、自分を縛るものは、自分自身しかいない。

口やかましい配偶者は、時に実に五月蠅いものだが、長年のお互い様、対立的な問題も予定調和となる。



だが、お上は「人生100年時代」は目前だと言い立てて、年金だけでは食べて行けないぞと、暢気な老後なんてあり得ないと恫喝してくる。

働ける間は、高く働く意欲を持続せよと、せっついてくる。

おめえら若年世代のお荷物になるんじゃないぜ、とばかりだ。

小生は30,40代の頃は、年寄りは六十過れば、大体死ぬものだと思っていた。

だが、こうしてなんとなく古希を過ぎる時点まで生きてしまうと、いつ頃この世からおさらばすればよいのか皆目分からなくなった。

お上の云うように、100まで生きるとしたら、あと約30年、「ウエー・・・!」、恐ろしい。

目減り必至の乏しい年金を頼りにどう食べてゆけばいいのだ。

とにかく、高齢者の不安は尽きないのだ。


とはいえ、今現在はとりあえず、食えて、寝て、糞をして、稼ぎもせず、生存している。

この程度の寒さでも暖房をかけることもできる。

これで、「足る」とせずして、何を望むのかと。

とりあえず、今を生きよ。

それでよし。




いやいや、実は、以上書いてきた来たこと全部が、ダメなんだなあ。

糞爺に、成り下がった自分よ、いっそのこと長生きせよということか。

生きて、移ろえ。

移ろい行くのだから、「怠ることなく努め励めよ」、とか。

南無釈迦如来。




b0018682_20240274.jpg
SFマガジン・2019/10

神林長平 デビュー40周年記念特集・エピグラフ集より










by ribondou55 | 2019-11-22 14:19 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの森林公園。

冷たい空気が心地よい。

コンビニでおにぎり三つ買ってきたので、のんびり歩こう。

紅葉の森は、見頃になってきたようだった。


b0018682_23334473.jpg

b0018682_09580317.jpg

b0018682_23342574.jpg
b0018682_23372730.jpg
b0018682_23354508.jpg
b0018682_23361915.jpg
b0018682_23374983.jpg
b0018682_23383359.jpg
b0018682_23385032.jpg
b0018682_23395694.jpg
b0018682_23402917.jpg



香港危機。

「御苑の花見」、権力の奢り。

森にいると、そんなことどうだっていいと、思いがちだが、

それこそ勘違い。

おにぎり三つをぺろっと平らげ、今日は知らない小道を行って、迷ったりした。








by ribondou55 | 2019-11-20 23:51 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(2)
b0018682_21373864.jpg



映画「ジョーカー」(監督・ドット・フィリップス、122分、2019年)を観て、11月へ。

風邪気味、昨日の夕方から、ひどい。

昨日早く寝たので、今夜はそうもいかない。

「ジョーカー」には、がっつりとやられた。

どこがどんな感じだったかは、今はまだ。

くしゃみと咳、鼻水。

やはり、寝る。








この数日、しきりに比較している。

左右の指の太さ。

右手の方が、太いのがありありと。

70年生きてきて、同じ身体に属しながら、

右手はどんなにか酷使されてきたことかと。

なぜか、感慨のようなものがある。




ブログの額を

やっぱり、シンプルなものにもどす。




寝よう。












by ribondou55 | 2019-11-01 21:47 | 古希シネマ | Trackback | Comments(0)
 
この頃のことは、作り物のように感じることがしばしばある。

ハローウィンって、何だ?


孫がやってきて、黒い頭巾を被っている。

ハロウィンにちなんだイベントの帰りだという。

可愛いのだが、どうもしっくりこない。


黒い頭巾?

夏に見た西馬音内の亡者踊りを思い出した。

あれは、面白かった。


孫は、栗ご飯の握り飯をぱくぱく食べて、おいしいという。

はたして、南瓜は秋の食い物だったか?


孫が帰って、一息ついて、茶漬けを食う。

塩辛い鮭が、ほろ苦い茶漬けによく合う。


ジーチャンは、ハローウィンなんて、知らんぞ。



b0018682_22495693.jpg



追記:「ハローウィン」は、正確には「ハロウィン」「ハロウィーン」と表記するのだと、知った。

   ウィキを読んでみたのだ。

   耳が聴いた言葉を、脳みそが勝手に加工したのを、ずっとそうだと信じていた。

   耄碌以前のボクの脳みそのトラブルでアル。

   だが、いずれにしろ、ボクには関わりない。

   ので、「ハローウィン」のままにして、捨て置く。(10/28)









by ribondou55 | 2019-10-27 22:50 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 


星月夜家居の夫を窓から見る

 肉体が考えている秋の暮

 先祖代代おんな時おり鏡を拭く

 脱ぎたてのストッキングは浮こうとする

 指は母を抓るに都合のよいかたち

 セーターにもぐり出られぬかもしれぬ




現代俳句文庫29「池田澄子句集」から拾っていると、切りが無い。

含むところのことは、手厳しく辛辣であったりするのだが、ユーモアが、もやっとそこを包んでいる。

余り外出もせず、家居がちの「夫」としては、おお怖。



b0018682_22161696.jpg








by ribondou55 | 2019-10-26 22:17 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
b0018682_17054567.jpg


米英のロックは、ボクの如きぼんくら歌謡曲老人にも、これが陰に陽に影響している。

ということは、うすうすであるが、感じ続けてきた。

そこで、先行きの時間は限られているだろうが、ここに挙げられた、100のアルバムを聴いておきたいと、思った。

このテキスト「教養としてのロック名盤ベスト100」(川崎大助著・光文社新書)は、

100位から1位へと向かって、ページは進むのだが、

それだと、一番気持ちよさそうなアルバムまで到達できない可能性がある。

そこで、ボクは、今日1位の、ザ・ビートルズ「リヴォルヴァー」から下降して行くことにした。

このアルバムは、ボクのiTunesに収まっているので、YouTubeを漁る必要もない。

アルバムの歌詞の和訳は、ネット上で容易に見つかった。

加齢によって益々ぼんやり度を増しているオツムの中に、「風」を感じた。

大昔に聴いたことがあったような、「風」の音であった。

ボクが洟垂れ小僧に毛が生えた程度の青二才であった時分のアルバムが、

今もってボクのしなびた脳みそを刺激するのは、どうしたものか。


第1位〔1966年)



b0018682_17241049.jpg







by ribondou55 | 2019-10-15 17:24 | 古希の手習い | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂