人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0018682_13431853.jpg
b0018682_13420301.jpg


 荒川大麻生公園へ散歩に行った。

 自宅から自転車に乗って、途中ミニストップで手作りおにぎり2個買って、のんびり行った。

 安物の双眼鏡とcanonのminiXという不人気で終わった?らしいビデオカメラをポケットに突っ込んで行った。

 ボクは、miniXをスケッチ帖のように使っている。

 とにかく広角側は、ゆがむのだが、広々取れるし、写真機としても、ピント合わせ無しでさくさく撮れる。

 優れものだとおもうのだが、とっくに生産中止となった。


 さて、この荒川の河原にちょっとうっそうとした森と視界のよい冬枯れの野っ原が繋がってある。

 気分よい。

 その名の通り、野鳥がたくさんやってくるようで、探鳥会も定期的に開かれているらしい。

 今日も今日とて、(実際は昨日なのだが)、バズーカ砲のごとき長大な望遠レンズを構えるご一統さまが、小さな池の畔に沢山おいでであった。

 
 ボクはただぶらぶら歩いた。


b0018682_22582744.jpg

 
 なぜか、「イーハトーブ」と頭に浮かんだ。

 言わずと知れた宮沢賢治さまの「イーハトーブ」。

 有名な「注文の多い料理店」の新刊案内にあった言葉を思い出そうとしたが、ボクの脳みそはどろんと淀んだ沼同然で、メタンガスのようなものしか浮かんでこない。

 で、妙に確信的に、この森と原っぱだって、「イーハトーブ」だと。

 ちょっと立ち止まって考えた、・・・・そう思ってもイイかも知れない。


 森の外れのベンチに腰掛け、おにぎりをほおばりつつ、耄碌爺さんは、今在るところがイーハトーブであって何処がいけない、百人の読者のそれぞれに固有のイーハトーブが開かれているのだと、それでイイのだと、バカボンのパパのように決定した。


 そこで、いま青空文庫からその一文を拾っておく。

 賢サを愛する熱烈なファンには失礼だが、ドリームランドは世界の至る所に偏在して、「岩手県」が独占するものでもあるまいと、ぼんやり思うのであった。

 イーハトヴは一つの地名である。しいて、その地点をもとむるならば、それは、大小クラウスたちのたがやしていた、野原のはらや、少女アリスがたどったかがみの国と同じ世界せかいの中、テパーンタール砂漠さばくのはるかな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。
じつにこれは著者の心象中に、このような状景じょうけいをもって実在じつざいしたドリームランドとしての日本岩手県である
そこでは、あらゆることが可能かのうである。人は一瞬いっしゅんにして氷雲ひょううんの上に飛躍ひやく大循環だいじゅんかんの風をしたがえて北にたびすることもあれば、赤い花杯はなさかずきの下を行くありかたることもできる。
つみや、かなしみでさえそこではきよくきれいにかがやいている。
ふかママの森や、風やかげ肉之ママ草や、不思議ふしぎ都会とかい、ベーリング市までつづ電柱でんちゅうれつ、それはまことにあやしくも楽しい国土である。






by ribondou55 | 2019-01-31 23:17 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)




b0018682_22404644.jpg


 ゆで卵は不思議な感じがする食べ物だ。

 
 子どもの頃は、ちょっと贅沢なごちそうであった。

 独身のころは、通勤の途中の喫茶店でモーニングサービス、これがつくのが定番だった。

 今は、取り立てて好きでも嫌いでもないが、家飯のラーメンにはこれを載せないと物足りない。

 時代や世代や生活実態の違いで、印象が大きく変化する。


 ゆで卵はいわば命の始まりの形をしている。

 白身に包まれた卵黄が、一つの細胞なんだそうだ。

 胚発生は黄身の部分で起きるのだ。

 有精卵であれば、二十日か二十一日ぐらいまでには、孵化するそうだ。
 

 ゆで卵は外形的には、つるんとしてつやつや、中に黄身は潜んでいて、見えない。

 人によってはエロチックとか。

 産卵女子とかナンダワカラン語が、Googleに引かれてきた。

 とんでもない方向に話が行きそうなのでやめる。



 橋本治氏、逝去。










by ribondou55 | 2019-01-29 23:10 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
b0018682_13482559.jpg
b0018682_13485955.jpg



埼玉県深谷市産葱は、よく知られたブランド農産品である。

その葱をリスペクトしたお祭りが、このお祭りである。

jr深谷駅に面した瀧宮神社で開催されていた。




b0018682_14000694.jpg


名物は泥付葱一本を直火で焼き、その場で食するというワイルドなもの。

葱は一本百円。

パンフレットでは、この焼き葱をスペイン・カタールニヤ地方では、”カルソッツ”とかいい、これにちなんで大々的な祭も催されていると。

そこで、このご当地焼き葱を『深谷カルソッツ』と呼ぶのだそうだ(^▽^)

ともあれ、深谷葱は焼くと、一層甘みを増す、旨さに間違いはない。

食べなくても、よく分かる(^▽^)


会場に近づくとあの懐かしい葱を焼く香りが、赤城颪の空っ風に乗ってやって来た。

ボクにとっては、この匂いは扁桃腺持ちだったガキの時分、直ぐに高熱になった折々、お袋が葱を焼いてガーゼに包み、咽の辺りに巻き付けてくれた、あの匂いだ。

なつかしかった。


で、ここでは、葱バーガーというのを食した。

味はほどほどであったが、作り置きで冷えていたのが頂けなかった。

帰り、中山道沿いの伊勢屋でラーメン食って、温まった。


b0018682_14082946.jpg


ちなみに東京駅似で知られる深谷駅は、この神社のほぼ向かいにある。



b0018682_14102218.jpg







by ribondou55 | 2019-01-27 14:10 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)
b0018682_19080493.jpg



『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(監督・前田哲、2018年、日本、120分)を観た。

 愛しき実話!


 ボクが知る障害がある友人は、身の回りにいる人たちにお礼ばかりを口にする。

 ボクは、そこが気にくわなくて、いらいらする。

 礼は要らない。

 しかしながら、それは健常者へのへつらいではない。

 とても芯が強い。

 白杖一本を頼りに「人生」を歩いている。

 たいしたものだ。






 

 
 



by ribondou55 | 2019-01-26 19:17 | 古希シネマ | Trackback | Comments(0)

 何を血迷うてか、「蚤」君。

 痩せ犬の血、鱈腹吸って酔っ払い、血気にはやって、身を投げた?

 どこへ向かって。

 足下は砂の海だぞ。

 着地までの一瞬に、お前が視界の端に見えたのは、なんだった?

 この老いぼれにもおしえてくれないか。

 こちとら、この寒さで屈託してばかりだ。

 せめて、君の勇気のイイお話で、ちょっと元気にしておくれ。



 
b0018682_16052600.jpg
植物園展示棟にて



乾いていても、可憐で美しい。












by ribondou55 | 2019-01-25 16:07 | 生きている | Trackback | Comments(0)
 この句、「ひそかにしるす」と詞書きがある。

 
b0018682_22551248.jpg


 さて、年が明けても腰痛に悩まされて、出かけることが億劫であったのだが、今日は暖かであったので心地よくて、森林公園に出かけた。

 ぶらぶらと日の当たる道を選んで歩いた。

 花木園には、ちらほらと梅が咲いていた。

 福寿草も咲き始めていた。


b0018682_23010395.jpg


 タイトルの句は、平凡社版の「俳句歳時記・冬の部」から引いた。

 昔、古本屋で買った全五巻の歳時記の内の一冊「冬」で、昭和34年の発行、初版かも知れない。

 昭和参拾四年というと、まだボクも年端もいかない洟垂れ小僧であった。

 この句の前には、虛子の

    紅梅の既に情けを含みをり

 とあって、これもいい。


 冬枯れの森の楽しみは、野鳥を姿をみることができることだ。

 今日も、クヌギの森の梢からカツコツカツコツと幹を叩く音が聞こえてきて、見上げてみると、コゲラがせわしなく枝から枝へと飛ぶ移っては虫を漁っている。

 ボクの双眼鏡は安物だが、今日は大いに役に立った。

 ところで、此奴は何者?誰かご教示のほどを。


b0018682_16115772.jpg



 冬の森、いい気分だった。

 コンビニのおにぎりも旨かった。











 

by ribondou55 | 2019-01-23 23:22 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
b0018682_15244070.jpg


 埼玉県立こども動物自然公園まで、過日、孫のお供で出かけた。

 雨フラズの関東平野である。

 畑の白菜大根キャベツ人参タマネギ長葱のらぼう菜春菊ほうれん草小松菜、どれもこれもも冬干ばつに霜枯れて無惨。


 さて、フラミンゴは、地面から何を拾って食べるのか。

 蒔かれた餌の食べ残しだろうか。

 冬ざれた土砂の上、匂いすらないだろう。


 それにしても、どこもかしこも、カラカラになり、咽も痛んできた。

 しかたなく、安物の加湿器を求めてきて、居間に置いたら、それなりの効果がある。

 ともあれ、乾くのは心身によくない。

 つい、言葉まで素っ気なくなってくる。


 どこかの神様、雨をお恵みください。

 

 





by ribondou55 | 2019-01-22 15:38 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 健やかでありますよう。

 
b0018682_21042859.jpg




by ribondou55 | 2019-01-15 21:04 | 生きている | Trackback | Comments(0)

中也『冬の記憶』の一節

 毎日々々霜が降つた。

 遠洋航海からはまだ帰れまい。


 
b0018682_14593691.jpg








by ribondou55 | 2019-01-12 14:59 | 今は昔 | Trackback | Comments(0)

若い世代のお餅離れ

 暮れの三〇日、我が家の餅つき。

 今でこそ電動の餅つき器で行うが、しばらく前までは杵と臼を使っていた。

 餅なしに年は越せない。

 というより、ボクの感覚では今年も餅をついて新年を迎えられると云うこと自体が、家族の安泰をしめすものだと思っている。

 で、そのお餅を、我が子も甥っ子も姪っ子もおしなべて、あまり好まない。

 となれば、孫や甥姪の孫も、さらに餅離れするに違いない。


 あいつめらは、お正月の縁起物的に、お雑煮を一杯食べれば十分だとほざく。

 或いは、お汁粉などにも一切あればいいのだという。



b0018682_10043963.jpg


 焼き餅は、焼く手間が面倒くさい。

 食べると口の中でいつまでもねちゃねちゃしていて、飲み込むタイミングがつかめない。

 すぐにカビが生えてきて気持ち悪い。

 胸が焼ける。

 腹持ちしすぎる。

 なんのかんの言いたい放題にいう。


 黙れ黙れ愚か者。

 てっめらがうれしそうに口にするチャラチャラした食いもんの薄っぺらさに気づかないか。

 大馬鹿者め。

 と、内心思うがそれは口にせず。


 若い者のお餅離れ、ボクの身内の若い世代に限ったことだろうか。




by ribondou55 | 2019-01-09 10:05 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー