人気ブログランキング |

<   2017年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

猫飯の懐かしさ

 ご飯に、それも冷や飯がよいのだが、鰹節を振りかけてから醤油をさし、ざっざっとかき混ぜて喰らう。

 猫飯。

 突然、食べたくなる。

 今、まさにその時。

 還暦もとうに過ぎて、もう少し味覚も洗練されるかと思っていたのだが、幼いころに身に染みついた味でしか満足できないことがある。

 その頃は、貧しかったので、例えばカレーライスにしても、具はキャベツとちくわということも、あった。

 肉は使えずにイカで間に合わせていたことも、時々あった。

 その頃は、家族5人、食卓は卓袱台であった。

 カレーライスは、本当にごちそうで、兄弟皆、おかわりした。

 お袋は、貧しいながらも、料理の腕を生かして、ボクラの腹を満たしてくれた。

 「猫まんま」は、学校から帰って一息ついて、腹が減っていると、夕飯を待ちきれずに、お釜の底に残っている冷や飯で、食べた。

 冷たい飯に、冷たい醤油、鰹節に加えて青のりがあれば、これ以上云うことはなかった。


 お袋は、この頃で云えばパートさん?

 いろいろな仕事をしていた。

 極貧とは云わないが、貧しかったから、お袋の稼ぎはボクラを養うには大切なものであった。

 そこで、三度の飯は、お袋の腕にかかっていた。

 安い食材をどう美味しく食べさせるか、頑張っていたし、実際に美味しかった。

 だから、お袋は猫飯を喰いたいというとよい顔をしなかった。

 だが、ガキというのは仕方ないもので、ちょっと隠れて食べている風な気分が、さらに美味しくさせた。


 で、今は、イカカレーが、猛烈に食べたくなった。

 近日中に、こしらえてみよう。


 
b0018682_15220700.jpg
(森林公園、11/26)








 


 

by ribondou55 | 2017-11-28 11:22 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

一木一草悉皆成仏、と。


b0018682_22481580.jpg
b0018682_22543664.jpg
b0018682_22514453.jpg
b0018682_22510283.jpg
b0018682_22485461.jpg
(森林公園 11/13)


一木一草悉皆成仏

よくよく見つめてみると、ぼんやりとそんな気もしてくる。

確かに、植物の命の静かさは秋に極まると、云う感じがする。










by ribondou55 | 2017-11-17 23:04 | 生きている | Trackback | Comments(0)
 この頃に観た中での、心に残ったこの二作。

b0018682_21151933.jpg

『ブレードランナー2049』(監督・ドゥニ・ヴィルヌーヴ、2017年)。


b0018682_21154362.jpg

『息もできない』(監督・ヤン・イクチュン、2008年)、Amazonプライム配信で。


『ブレードランナー2049』は、観た誰もが音楽・音響に圧倒される、次いで、映像の「力」に感銘をうける。

ボクも同じ。

人間とレププリカントの間に生殖が可能であるという。

当然、愛も在る。

その未来に希望は有るのか?


ところで、長い映画はおしっこが近くなった爺さんにはちょっと不安があるのだが、そんな不安に捕らわれる隙を与えなかった。

それに、なんだかうとうとっとなって、夢見心地になる、ほんの短い時間だろうが、長い作品だととくにそうなる。

でも、この映画は、とてもゆったりとした編集で、ちょっと瞼が降りたとしてもストーリーも見失う事はなかった。

前作は1982年公開、それ以来のファンは、もういい年だと分かっていらっしゃる



『息もできない』

監督・脚本・製作のヤン・イクチュンが主演、演ずるサンフンという凶暴なチンピラは過剰に屈託している。

錐のように突き立てられる「強がり」と裏腹な少年っぽい「ナイーブさ」。

父親に対する剝き出しの「憎悪・暴力」と女子高生ヨニに心を開いて行く「純愛」。

今年観た作品中、屈指。

今頃何を寝ぼけたことを、正当な映画ファンは笑うだろうが、新作であっても陳腐なものは少なくない、いつ見るかはどうでもいい。











by ribondou55 | 2017-11-15 21:56 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
b0018682_21253597.jpg
b0018682_21280358.jpg
b0018682_21284684.jpg


2月から森林公園に通い始めて、今は晩秋。

本日は、絶好のサイクリング日和。

そうそうにタマネギ苗の定着の具合を確かめて、森林公園へ出発。


カエデ園には約20種、約500本のカエデが植えられているそうな。

カエデの森を歩くと、木々の一本一本の姿・色彩の違いが見えてくる。


桜の杜だけでない、紅葉の森の下にも鬼女が棲んでいると、云われればそれは確かなことのようにも思われてくる。





by ribondou55 | 2017-11-13 21:48 | 目の快楽 | Trackback | Comments(0)
 「五つの赤い風船 解散ライブ ”ゲームは終わり”解散記念実況盤(完全版)」という6枚組のアルバムを聴き始めた。

 フォークグループ「五つの赤い風船」は、1967年結成、1972年解散、以後ライブのためだけに二度ほど再結成されたそうな。

 「ゲームは終わり」と銘打ったコンサートは、1972年8月日比谷野音であった、そうな。

 1967年当時は、ボクの十代後半も押し詰まりつつあった頃のこと、今回聴きながら、記憶にあったのは「遠い世界に」のみ。

 馴染みがあったのは、ゲストというのか、友情出演というのか知らんが、このアルバムに収録されている、既に亡き人となったかまやつひろし、加藤和彦や遠藤賢司というような人たちを聴いていた。

 大体において、物心ついたころに身近にあった歌謡曲やポップスを聞き直してみようと思って、少しばかり意図的なったのが、50代後半頃からだ。

 その後ぼちぼち聴き続けてきた。


 さて、書いておこうと思ったのは、このアルバムのディスク3収録、「こがらし・えれじぃ」(加川良+西岡ひろし)に出会ったことだ。

 そのど昭和チックな曲名通りの内容で、原詩はあの福田善之だそうな、それに手を入れて西岡ひろしが曲も書いたとか。

 で、まあ、その歌詞がど真ん中の「戦後昭和」だ。


     チューブのしりからはみ出している
     歯磨きのような明日だってさ
     それでも明日は転がってるんだとさ
     ここを出て行くのはお前さ
     木枯らしの街に飛び出して
     てんからてんてんすっからかんのからっけつ
     冷たい風は何の色
     日の丸 ヘドロに 富士の山
     こがらし こがらし こがらしの街に 今も昔も


 ヒートテックの下着を着込んだ上で、背中を丸めて欠伸ばかりのこの耄碌爺いの現在が、その「明日」であったのだろうか?

この歌の終わりに三島の割腹自殺が暗示される。

1970年11月25日のことであった。


b0018682_23443059.jpg











 

by ribondou55 | 2017-11-12 18:07 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)






b0018682_23284746.jpg


 これでもか、これでもかと、云う感じで、押し寄せてくるものある。

 文字は、意味であるまえに、「画」であるから、ちまちまと極小の文字が紙面上にみっしりと書き込まれているだけで、なにやら妙な感じがしてくる。

 例えば、見る度に中上健次の生原稿の文字の痕跡は、見る度に気持ち悪くなる。

 一枚の原稿用紙を舐めるように文字で埋めて行った跡を見せつられると、見ているこちら側が息苦しい、気恥ずかしくもなる。

 良寛や芭蕉の書を「観る」ことはできるが、読みかじった記憶にある詩人や思想家や学者の筆跡を見る自分は好奇心が剝き出しだ。

 「書は人なり」とか、そういう感じでもない。

なんだかね?

筆記すると云うことが、気色悪いかも知れない。

指・鉛筆の先から蜘蛛の糸のように文字が吐き出されてくる。

筆跡心理学というのもあるかに聞いたことがあるが、それもね。



足利、鑁阿寺で。

b0018682_23443325.jpg


 
 
 
 
 

 

 

 

by ribondou55 | 2017-11-11 23:29 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
b0018682_22595643.jpg


 木枯らしが吹き荒れた。

タマネギの苗を200本植えた。

明日、もう100本植える。

これらは、購入したもの。

自分でもを苗を育てているのだが、これがこの間まで続いた秋の長雨で生育が芳しくない。

でも、あと少し待って、植付ける。

そんなに沢山タマネギを作ってどうする?

食べられるだけ食べ、子や知人に貰ってもらい、残りは芽が出て痩せるか、ただ腐る、そうなれば、土に返す。

今夜は、ほうれん草のおひたし、美味かった。

これだって、畑に作った全部を食べ尽くせるわけでもない。

甘さがもう一つの柿、見た目だけ旨そうな蜜柑、こやつらも、半分くらいは土に帰ることになる。




どこかで、花火があがった音を聴いたように思う。

内田百閒の句は、夏だろう。

今の時期にそぐわないが、このところ白髪頭に地肌が目立つようになってきて、少し淋しい、その気分に通じる。












by ribondou55 | 2017-11-09 23:12 | 生きている | Trackback | Comments(0)
少し前に、ダリアの花期は終えたのだが。

かな女の句を知って、背の高いダリアを思い出した。

乙女の腋臭はいかなる香りか?

ボクにはピンと来ない。

でも、腋臭を読んだ句は、そう多くはあるまい。

まして、乙女のそれを。

男性の俳句詠みが云うと、確実に妙な感じになってしまうだろうナ。

b0018682_23261771.jpg

b0018682_22510524.jpg






by ribondou55 | 2017-11-07 23:05 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)
 
b0018682_22390716.jpg


 通帳を眺めつつ、配偶者がため息。

 税金やら健康保険料やら、お国は乏しい年金からきちんと徴収して行く。

 時に、亜米利加から大金持ちの大統領様の娘がやって来たとか。

 続いて、大統領夫婦がやって来て、TVはこの話題で持ちきり。

 観ていると、本当にこの国は、「おもてなし」に熱心な国だ。

 ゴルフだ、焼き肉だ、晩餐会だ。

「ゴルフしながらだからこそ本音が聴ける。」とか。

ああ、なんとおめでたい。

ちっちゃなボールを転がって行く先に「穴」が待つのか、それて行くのか、一喜一憂。

まあ、政治も同じか。

 とにもかくにも、政治というのは、お茶とコーヒーぐらいでの接待では、やっていけないのか。

 ため息のこもった税金で、飲み食いしても美味くはないだろう。

 斯様に思う次第です。

 飲み食いさせて、遊ばせて、その上で、大統領の気まぐれは計り難しだと、・・・・・、阿呆か。

大体、為政者同士の友情と信頼なんて、あり得ない。

あるのは、利害のバランスだけだろう。



一昨日、益子へ。

マグカップを購入、帰宅して小さな紙切れに作家の略歴が記載されていて、びっくり。

昔お世話になった方のお身内であるようだった。








by ribondou55 | 2017-11-06 22:52 | 生きている | Trackback | Comments(0)
b0018682_22321812.jpg

日吉に行く。

今日一日は、よき日であった。


明日は、益子の陶器市に出かけようかと。










by ribondou55 | 2017-11-03 22:35 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂