人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 この夏の旅の始まりは、会津で徳一上人の旧跡を訪ねる二泊三日の短いものであった。

 例によって、青春18きっぷののんびり旅である。

 とにかく、7月下旬のお昼近く、ボクは磐越西線磐梯町駅で下車し、空きっ腹をかかえて、慧日寺へ向かった。

 真夏日。

 駅の道案内をじっくりと見て、・・・・見過ぎて、道を誤った。

 駅前から道なりに行って、ひとつめのT字路、ここを右にとあった。

 そこに至ると小学生の一団が通りかかったので、一番年上らしいお嬢ちゃんに道を爺さんは訪ねた。

 ボクが「慧日寺へは右?」と訪ねた時、女の子は明らかに迷い、迷い、やっとのことで、「行けると思う」と答えてくれた。

 ボクは、「地元とはいへ、古寺なんかに興味ないだろうし、迷うだろなー」と、感じたりした。

ナント、通りいっぺんな、子どもは無知なものという、決めつけ、これが、ボクの浅はかさ。

彼女の迷いの意味に気づかなかった。


 そこで右折して行く、歩いて行くと、行けども、行けども、先ほど道案内で記憶した目印となるはずの施設がまったく現われてこない。

 炎天下である、空きっ腹。

 咽が渇く、このままでは熱中症、命さえ危ういと、爺さんは簡単に愚痴にはしる。
 
・・・・・・・・

 とうとう、大きな川とそれを渡る橋まで見えてきた。

駅の案内図に、大きな川を渡るなんてなかった。


 どんな耄碌でも、立ち止まる。

 ボクもそうした。

 見渡すと、遠くに目印らしきもの発見。

 あの△尖り屋根は町役場建築にはありがちではないかと。

確か、案内図の道筋に役場があった。

 

 ボクは、その折、あのお嬢ちゃんを、「ちぇ、地元のガキのくせに、間違った道を教えやがって」と、下卑た思いを持った。

 実に、実に、仏の教えに背く、ボクはくだらない年寄りである。

その尖り屋根を目指して行くと、慧日寺への一本道に出ることができた。


 慧日寺から帰り道でようやく気づいたことは、本来ボクが曲るべきT字路は、ボクの曲った箇所ではなく、更に100メートほど先にあったということ。

 お嬢ちゃんは、「なんでこの爺さん、迷うの?もっと先へ行ってから右の方が、いいのに」と、思ったのにちがいない。

 その上で、お嬢ちゃんは、実は、「訊かれた場所から、慧日寺に行くには」と、この爺さんにためによくよく考えて答えてくれたのだ。

 事実、ボクは遠回りをしつつも、ちゃんと慧日寺に着けたのだから。

 彼女は明らかに、迷っていた。

 「ここから、慧日寺にゆくのに、右に行けいいの?」とボクは訊いた。

 彼女は、迷いつつも「右に行けば行ける」と答えた。

 何度でもいいたい、ボクは、右に行き、事実結果的に到着できた。

 彼女は間違っていない、親切な女の子であった。

 では、なぜ、彼女はまよったか?

 「この爺さんは、もう少し進んでから、右に曲ればいいのに、なぜ遠回りになるここでの右折を訊くのか?ばっかじゃない。でも、行けないこともないわよ。私なら行かないけれど・・・・」と、思いつつも、「年寄りの云うことは、不可解なことが多い、反対するとすぐに逆上でもしかねない。怖い。でも、教えてやろうか?、いやいや、この爺さんイヤに自信ありげに尋ねるし、年寄りのプライドを傷つけてはいけない、・・・」とかとか、と云う感じで、大いに迷いに迷いつつ、本当は、「ここを右に曲ってもいけます。(お勧めしませんが)」と云いたかったのだと、宿に着いてから思い当った。

 馬鹿は、この爺さんでした。

 御免なさい、慧日寺の管理人さんに、地元の小学生に違う道を教えられたと、ボクはつげ口しました。

 もしも、もしも、お嬢ちゃんが、「白髪頭のあわれな爺さんに気の毒したな、もっと親切に答えられなかったろうか」なんて、ちらっとで後悔したら、本当にご免なさいといいたい。


 そのようにして、恵日寺跡へと到着した。


b0018682_11465746.jpg


b0018682_11492113.jpg






by ribondou55 | 2017-07-29 11:39 | ご近所巡礼記 | Trackback | Comments(0)
b0018682_17244702.jpg




b0018682_17234925.jpg

 長年の思いがかなって、白水阿弥陀堂に参ることができた。(7/23)

 まことに美しいお堂である。

しかと、この目でみせていただいた。

 その上、蓮の花の咲く頃にお参りしたい思いながらいたのだが、実現した。

 ありがたいことだ。

b0018682_17283175.jpg


お堂にあがって、阿弥陀様に手を合わせた。

そうはいっても団体の参拝者がつぎつぎとやってくるので、仏様の前でぼんやりと時を過ごすという、ボクの「趣味」はかなわかった。



前日ボクは会津若松にいた。

そこで、会津バスの仏像巡りツワーに参加した。

このことの関連で、阿弥陀堂で思うことがあったのだが、それは、会津のことを書いてからにする。



とにかく、南無阿弥陀仏、ありがたし。





by ribondou55 | 2017-07-27 17:38 | ご近所巡礼記 | Trackback | Comments(0)
b0018682_22412313.jpg

b0018682_22420748.jpg

b0018682_22424010.jpg



配偶者の休みに合わせて、思い立って上山田温泉に宿を取った。

行きに湯の丸高原へ寄り道。

もう何度目だろう。

馴染みの高原の景色であるが、風の爽やかに気分が生きかえった。









by ribondou55 | 2017-07-25 22:46 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)
b0018682_00042760.jpg
(森林公園・7/20)



このところの暑さもあって、足が遠のいていた森林公園へ。

期待通りに、ヤマユリが咲いていた。

それだけで、うれしい。





by ribondou55 | 2017-07-20 00:06 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)
b0018682_23560314.jpg

〈森林公園・7/7)

ホシオモト(手前)クガイソウ(その後ろ)三列目は分からない。




外出には、必ずサングラスをかけるようになった。

強い光の中にいると、平衡感覚が怪しくなる瞬間があって、こころもとないのだ。

時折、サングラスをつけた自分の人相が、通り過ぎる人には、どんな風に見えるか気になる。

コンビニなどに入る際は、眼鏡を取る。

基本的に、近視なのだが、このごろは老眼も進んできて、そこにサングラス。

図書館に行く際には、眼鏡が三本いる。

森に行くときは、更にルーペと双眼鏡とカメラを携帯する。

ボクの視覚は、そうな風に持ちこたえている。










by ribondou55 | 2017-07-14 00:05 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)
 『ちょっと今から仕事やめてくる』(監督・成島出、2017年)を観た。

b0018682_22150156.jpg


 第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の同名ベストセラーを、福士蒼汰主演で映画化。仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた隆は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い電車に跳ねられそうになったところを、ある青年に助けられる。幼なじみのヤマモトと名乗るその青年に全く見覚えのない隆だったが、ヤマモトとの交流を通して徐々に明るさを取り戻し、仕事も順調に進むようになっていく。ところがある日、ふとしたことからヤマモトについて調べた隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたという信じがたい事実を知る。福士扮する謎の青年ヤマモトに救われる隆役に工藤阿須加。「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出監督がメガホンをとる。(映画comより拝借)


青島隆役に工藤阿須加を当てたのは、成功している。

「命をとるか、仕事をとるか」なんていう二者択一なんて、そもそもがあり得るものでない。

しかし、こういう馬鹿げた脅迫が、案外通用してしまう感覚がなきにしもあらずだ。

過労死に追い込まれてゆくのは、追い込んでくる下卑た論理に、巻き込まれていくからだ。

カルトの洗脳と根底では一緒だ。

あいつらは、俗耳に勇ましく快い論理で、追い込んでくる。

この程度の困難を克服できなかったら、どこにいっても何もできない、一生情けない負け犬だ。

ってな、阿呆な根性論は、大いに効き目ある。

恫喝と脅迫にがんじがらめになってゆく感じを工藤阿須加は、いい感じで演じている。

中学校あたりの進路指導で、この映画はイイ教材になるだろう。


ヤマモトについていうと、ネタバレになりかねないから、あれこれいわないが、まあ、彼の正体の種明かしは、要らないなと思った。



今日は、衆参の閉会中審査の中継を飛び飛びながら観て、一日が過ぎた。

なぜ、急激な内閣支持率の低下が起きているのか、よーく見えてきた。









by ribondou55 | 2017-07-10 22:42 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
b0018682_22540418.jpg
(森林公園・7/7)




昨夜は、七夕。

火星は、七夕祭には及びデナイが、標記の句はとてもいい。


子どもの頃、ボクの住んだあたりでも、どこの家も竹笹に短冊をつけ、様々に紙を細工して飾りたて、軒先高くおしたて七夕の夕べを迎えた。

愉しかった。

貧しい家であったから、高価なキラキラした紙は買うことができなかったが、イロイロと工夫した。

富山の置き薬がおまけにおいてゆく紙風船などもつるした。

母は器用な人で、包装紙で投網のような飾りを切り抜くのが得意であった。

ボクら兄弟三人は、母のはさみ遣いの巧みさに興奮したものだった。

短冊に、どんなことを願ったのだろう。

ボクは、小生意気な子であったから、ろくでもないことを書いていただろう。

笹は、翌朝、それぞれの家の子ども達が担いでいって、町外れの川に流した。

この頃なら可燃ゴミ過ぎないもの、許されることでないな。




さて、こんな句も好きだ。

花芙蓉美女湯あがりて走りけり  素堂















by ribondou55 | 2017-07-08 23:25 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)
b0018682_22282035.jpg
(森林公園・7/7)

今日は、森に棲む小さな生きものに出会った。

ニホントカゲ。


b0018682_22304957.jpg

糸トンボの産卵。


b0018682_22331827.jpg

蒲に赤とんぼ。

b0018682_22344503.jpg

オミナエシにマイマイ。


b0018682_22365272.jpg


さて?バッタ?




森に入ると、ただただ、植物の命の力強さにおどろくばかりだ。

むしろ、動物たちの方がよっぽどひ弱なように思えてくる。












by ribondou55 | 2017-07-07 22:40 | 生きている | Trackback | Comments(0)



b0018682_22485114.jpg


 冷房がきいた始発電車の座席にいて。





by ribondou55 | 2017-07-06 22:56 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

スイカ、初収穫。

 台風が去って、よく晴れた。

 遠くを行き過ぎたといえ、台風にはこれまでも酷い目に遭わされてきたので、大体毎日観ているワイドショーが報ずる北のICBMの話題に後ろ髪を引かれながら、畑に出た。

 台風の影響はない、むしろ、雨不足の畑には悪くない。

 そこで、スイカを収穫、今年初めてのものだ。

 何事も、初収穫の際は、達成感でわくわくするものだ。



b0018682_11342768.jpg
 



 が、ことはすべて、おめでたかったわけではない。


 スイカが三つ、ポカッと口を開けていた。

 二つには、裂けた果肉に小さな甲虫まで取り付いてお食事中だった。

 ずっと気にしていたのだ。

 収穫すべきか、すべかざるか。

 その優柔不断の結果だ。

 数日前、ボクはYouTubeで、スイカの収穫時期の判定法を、学んだのだった。

 収穫時期を知るのは、いとも簡単にして、明確、サルにだって見分けることができる、動画の中の家庭菜園家は蘊蓄をたれたまいし。

 ボクは、何人かの方々が、異口同音の如くに語れる見分け方の要点を、メモして、畑に走った。

 幸い、ボクが優柔不断に先延ばししたのは、神の正しいお導きであった。

 収穫のサインも、予感も、観察できなった。

 で、

 今朝、スカイかは、熟れすぎてか?パリンと裂けて、ぽっかりと、口を開けていた。


 何事にも、例外はあるのだし、スイカとて、生きもの、個体差もある。

 菜園家ユーチューバーを恨むのは筋違い、経験こそ最大の師である。


 さて、ポカッと割れた三つの内二つは虫食いが激しいので、畑の隅に穴を掘って埋めた。

 放っておくと、烏が食べに来る、ついでに、若いスイカまで突っついて、台無しにする。

 残りの一つは、まだ果肉表面にとりあえず、虫の姿無し、裂け目もたいそうみずみずしい、果肉のピンク色も誘惑的だったので、持ち帰り、痛みのない部分を残して、傷口を除去してみた。

 見事に熟していて、十分食べられそう。

 一欠片、切り取って、味を見た。

 大いに、いけるではないか。

 冷蔵庫に格納した。

 まずは、コヤツから食す。

 つまり、もしかすると、ボクは、畑のゲジゲジやアリンコから奪い取ってきた、つまり、虫共の食べかけを、頂くことになったのだと・・・。


 ちなみに、ボクはスイカを好まない。

 種を吐くのが面倒臭すぎる。

 スイカは、大部分を配偶者がもりもりと食し、残りはご近所、親戚などに差し上げる。











 

by ribondou55 | 2017-07-05 11:37 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂