人気ブログランキング |

<   2015年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

b0018682_16535119.jpg


 〈終わり)のある詩

               谷川俊太郎

 不気味な女がいる
 不気味な女は三丁目に住んでいて
 大きな犬を散歩させている
 ケヤキの木が風に揺れている

 私は二階の窓を磨いている
 幼児が母に遅れまいと小走り
 不気味な女が微笑んで見ている
 目鼻立ちはまともな女だ

 やっぱり今日も朝になって
 そして午後になったのだ
 不気味な女とは無関係に
 パンケーキを焼いて食べた

 夜になったらぴたりと風が止んだ
 男が女を射殺する映像を見た
 不気味な女はアンドロイドかもしれない
 私も他人から見れば不気味だろう

 こんな話題は避けたいと思う
 頭痛薬を買いに出た
 月明かりで星が見えなかった
 不気味な女もかつては赤ん坊だったのだ

 終わり



 随分と怖い詩ではないか。

 詩には、「終わり」を宣言できるが、現実は「終わり」にできない。

 今朝も畑仕事をしていると、犬を連れた女が四人五人、ぽつりぽつり畑の脇の歩道を行き来して、事故みたいに目があったりすると、ボクはうろたえるのだが、むこう様は頭を下げてくれる。

 中には、ニッコリと笑う人もいる。

 向こうの人は、ボクをこの畑を耕す人として認知しているらしいのだが、ボクはどこの誰かまったくわからない。

 連れている犬の方には見覚えがあって、老いぼれたラブラドール、尻尾の先を紅く染められた犬、落ち着きのない目をした柴犬、・・・・、まあ、それぞれだ。

 とにかく、なるべく、ボクは野菜いじりに熱中しているような振りをして、無視する。

 ところが、道路の反対側の歩道に立ち止まって、こちらを覗うようなそぶりをする女の人の存在がある。

 見知らぬ女であったが、何度かそういう場面があって、見知らぬ女から、不審な女にかわった。

 まだ、不気味とまでは感じないが。

More 紅白の人選になると、NHKはエラソーになる。
by ribondou55 | 2015-11-27 17:23 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(監督・ジョージ・ミラー、2015年)を観た、といってもレンタルブルーレイデイスク、茶の間のこたつで、ミカン汁をすすり、固焼きせんべいをぱりぱり、不意にイエ電が呼ぶ、そんな環境での「鑑賞」でありました。

 この作品ほどに、映画館で観るべきだったと、後悔したことは、近頃なかった。

 
b0018682_16444021.jpg



 息もつかせないほどのアクションの連続、奇天烈なメカと人体改造人間、暗黒舞踏張りの剃髪、白塗りの…あれは何者・・・沢山、・・・・。

 アクションシーン、すべて実写だと、CGは修正程度という、「本当」はやはり、リアルだし、迫力がちがう。

 おもしろすぎる。

 女の蜂起に、渋く手を貸すマックス。

 いいね。

 日照時間が少なくて、イライラしていた引きこもり老人の気分をアップしてくれた。

 ありがとう。

More えー、またまた余計なことを。
by ribondou55 | 2015-11-26 16:56 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
b0018682_15575396.jpg



 シクラメンが、届いた。

 今日は、陰惨な曇りそらで、いっそのこと降ってくれれば、気分が軽くなる。

 冷えていて、家の前を通る下校中の小学生の声も、いつもより元気がないような。

 ツイッターを開くと、世界ハトンデナクアブナッカシイ。

 やはり、お天気が不調だと、気分も沈む。

 引きこもり老人であっても、その程度には、生きている。


 ボクは、シクラメンが本当は嫌いだ。

 

 
 

More 訃報 原節子
by ribondou55 | 2015-11-25 16:07 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)
 今年もやって来た、ぎっくり腰の来襲。

 ダイコンを掘ったあとの土をならそうとスコップをふるっていると、ガツンときた。

 それで、すべて。

 決まり手はなんだかわらない、怪我にしろ病にしろ、大抵は不条理なものと、あきらめるしかない。

 二日寝込んで、今朝起き出した。


 収穫した大根は、沢庵用。

 この後、二回別品種を、掘り出す、今回は始めの回。

 やれやれ、あとは無事に終えたい。


 収穫した大根は、配偶者が軽く洗って、干してくれた。

 沢庵なんて、それほどの物ではないが、自家製ということにだけ、自己満足がある。

 家庭菜園なんて云うものは、ほとんどが、そうしたものである。

b0018682_9203928.jpg



 ぎっくり腰は、もう習慣になった。

 くるなと、予感していた、先週辺りから。

 悪い予感は、だいたい的中するものだ。

 でも、慣れっこになっていて、対処法も心得ている。

 つまり、ついていないにしろ、パニックにはならない。

 そうなると、やはりボクもこの国の民乃一員だと思う。

 どんな酷い目になっても、前にもこんなことがあったげれど、ちゃんときりぬけた、ジット耐えて、いつの間にか忘れてしまうまで、静かにしていよう、それが一番、とか。




 




 
 
by ribondou55 | 2015-11-24 09:16 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 タブレット純というお方を、NHK第一の朝の「すっぴん!」で知ってから、面白いし、とても知的だし、とにかく不思議な芸人さんだとファンになった。

 さきほど、YouTubeで純さん呼び出していると、同じく昨年の「すっぴん!」の中で、例によっての流れで「天才バカボンの春」という曲を紹介された。歌うは、こおろぎ’73.

 その歌詞に、
  
  枯葉散る
  白いテラスの午後三時
  じっとみつめて
  ほしいのよ
  特別の愛で
  ふるえて欲しい
  41歳の春だから
  元祖天才バカボンの
  パパだから
  冷たい目で見ないで

 とあって、この歌の歌詞が意味シンであるのも気になったが、バカボンのパパが41歳であったことにも、深く感銘した。
 
 41歳の純情、バカボンのパパは、偉い。

 そうか、バカボン君がどう見ても小学校中・高学年、そうであれば、41歳はとっても標準的。

 41歳、さもありなんと思いつつも、疑り深いボクは、赤塚不二夫公認サイト「これでいいのだ!!」で確認したくなってサイトを開いた。

 その結果、さらに、深い真実に触れた。

 公認サイト曰く、パパの年齢は、

 「元祖天才バカボンの春」の「41歳の春だから…」という歌詞が有名ですが、パパもいつまでも41歳なわけではありません。「天才バカボン」の世界では、わたしたちには理解できない不思議な時間が流れていることだけは、確かなようです。つまり歳という概念がわたしたちとは違うようです。 

 ボクは、感動した。

 深く感動した。

 それでこそ超越的「天才」。

b0018682_1953770.jpg


 ボクの愛読書である。



 
by ribondou55 | 2015-11-20 19:05 | 生きている | Trackback | Comments(0)
 われわれ日本人は、などと簡単に一人称複数で自分たちをひっくるめても、その中には、いろいろな血が、たくさんの戦いの記憶が、そして、もっとたくさんの悪がかくされている。 谷川俊太郎「アルファベット26歳」より



 いま、沖縄では。

b0018682_22571029.jpg
2015/11/19「朝日新聞」より








by ribondou55 | 2015-11-19 22:57 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
b0018682_17261310.jpg


 家族の祈りも各人各様。



 群馬県太田市通称「ドンリュウ様」にて、・・・七五三おめでとうございます。
by ribondou55 | 2015-11-19 17:30 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
b0018682_15283072.jpg



 朝方、テーブルの上を、蕪が歩いていた。

 特に用事はないらしく、ぶらっとと、云う感じだった。

 ボクは、蕪の味噌汁が好きだ。

 夕飯ごろには、もうコヤツは、歩くことができない。

More きょうのできごと
by ribondou55 | 2015-11-18 15:32 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
b0018682_1611550.jpg


 一体何を談合なさっておいでか?


 それにしても、お稲荷さん詣では、秋が似合う、五穀豊穣の神様だ。

 八百万のゆるーい神々、ボクラにはぴったりか?
 
 鴻巣の鴻神社で。

 

More 記憶すべきこと
by ribondou55 | 2015-11-17 16:19 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

この秋は、人工の月。

b0018682_14584538.jpg



 足利フラワーパーク・イルミネーション、LEDの月なり。

 11月16日の夜。

 今のボクには、ふさわしい。

 ニセモノには、偽物が。




 笑)LEDを、LSDと、はじめに入力してしまった。

   イルミネーションが流行るこの頃、闇は光の点滅に身の置き所がない。

 

   
by ribondou55 | 2015-11-17 14:58 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂