人気ブログランキング |

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 「海街diary」(監督:是枝裕和、 原作:吉田秋生、脚本:是枝裕和・2015年)、是枝作品は我ら老夫婦も共にファン、今作品も外れるはずもない。

 
b0018682_1812389.jpg


 湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった父の訃報が届く。葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、葬儀の場でも毅然と立ち振る舞い、そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に暮らそうと提案する。その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、鎌倉で新たな生活を始める。主人公の姉妹を演じるのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。  映画comより拝借

 お話の骨子は、案外古めかしい。

 香田家三姉妹のそれぞれの人物像もどこかで見てきた、読んできたという感がある。

 異母妹のすずもとってもいい子で、観客はみんな好感を抱くだろう。

 でも、ちょっとこれまでのこの手のものと印象が違うのは、肉親間の「どろどろべたべた」の愛憎劇のうっとうしさがない、そこがいい。

 ちゃんと心得て節度を守る、これがこの映画のよさだな。

 頻りに言われているこの国のガキも大人もジジババも、全世代的劣化傾向はますます手ひどくなってきている、そうではありませんか?

 この姉妹の感じの良さは、ちゃんと心得て人に接する、その当たり前のこと。

 劣化というのは、そこだね、決定的に欠けている。

 この「ふるめかしさ」は、実は普遍的なものであって、懐古趣味というもんではない。

 爽やかな作品だった。

 映像もやさしかった。




 
by ribondou55 | 2015-06-29 18:38 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

映画「あん」を観て。

 河瀬直美監督は、たいしたものだと、思った。

 差別され続けてきた人の心の気高さを、それは、日本的なとというのか、東洋的なというのか、分からないが、近代的な人としての覚醒とか諦念とかと云うものとは、まったく違う・・・、とにかく、静かで尊いと、・・・樹木希林さんの演技の力というのか、それもたいしたものだと思った。

 つまり、桜から始まり巡る四季のうつろい、その歳月の重なり、そして、梢を渡る風、そうしたことが、人を浄化するのかも知れない。

 まねなんかできないし、遠く及ばない。

 綺麗事にできるような問題ではなかろうと、声を張り上げるのは、「お馬鹿さん」である。

b0018682_18153514.jpg



 関係ないと分かっているが、このところの安保法制論議で、金太郎飴のごとき答弁を繰り返してまともな議論もできない長州辺からお出ましの御仁には、この「あん」の美味しさは、まったく共感できないだろう。

 彼ら的な感性が、存在が、まあ、大いに迷惑である。



 他の共演者の皆さんも、すばらしかった。

 映像も、カメラワークも、感心した。

 クローズアップのカットが冴えていた。






 
by ribondou55 | 2015-06-15 18:16 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30