人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 雨が降っている。

 まとまった雨になった。

 畑の作物も一息つけそうだ。

 ミミズもさぞや天からの恵みを地中深くで感謝しているだろう。

 一昨日、米ぬかをキュウリの根本に撒いてみた。とぎ汁もいいらしい。


 TUTAYAのDVD五枚1000円で、先週レンタルしてきたのが、次の五作。


 「ゼロ・グラビティ」(監督・アルフォンソ・キュアロン、2013年)

 「風俗に行ったら人生変わったWWW」(監督・飯塚健、2013年)

 「凶悪」(監督・白石和彌、2013年)

 「おだやかな日常」(監督・内田伸輝、2012年)

 「最愛の大地」(監督・アンジェリーナ・ジョリー、2011年)


 先ほど、「ゼロ・グラビティ」を観て、一応全部終えた。

 まあ、そんなものかと、云う程度のハラハラもので、いかにもという代物。でも楽しんだ。

 この五作では、特に印象に乗った役者さんは、「風俗に」の主演・満島真之介の演技。佐々木希のかわいらしさ。

 「凶悪」のりりーさんやピエール瀧さんは、期待を裏切ることがなかった、といった感じにとどまった。


 だが、忘れないうちに書いておきたいのは、「おだやかな日常」について。

b0018682_1150313.jpg




 折しも「美味しんぼ」が世間から大きな関心を呼んだ、というより、為政者たちが過剰な反応をし、マスコミがそれを後押して盛り上げた。

 その論調の根っこにあるきつい問題を、「おだやかな日常」がボソボソと小声で「おかしいぞ」言い続けている。

 問題は、ちょっと正面から発言すると、こんどの「美味しんぼ」的な扱いを受けてしまうという状況がボクらの周辺にだだよう「空気」って奴だ。

 福島原発事故ではっきりとしてきたのは、この国のいろんなことの「タガが外れていた」ということだ。

 そのタガはこの頃はますますゆるゆるになっていて、それを危ないと感じ取って、緩んだタガを引き締めようと、お上をはじめとして、あちこちのお偉いさんが手を替え品を替え、いろんなコトを云ってくる。

 そのいろんなコトの多くが現実からの目くらましだ。

 その最たるものが「絆」という「雰囲気」たっぷりのお言葉だ。

 これなかなか使い勝手がいい言葉らしい、人気が衰えない。

 確かに、人と人が思い合い、助け合い、強く結びつく、・・・・、異存をはさむことない。

 だが、それも強調されすぎると息苦しくなってくるものだ。

 もともとが、「絆」の語源が〈「動物・他人を束縛し動けなくする」〉なのだそうだ。

 だれしもおだやかに日常を過ごしたいのだが、「おだやかに」いるために、世間の風向きに合わせて、見て見ぬふりをしたり、不安を無理に押し殺したりして、自分自身の心の在り方までごまかすことはないのだと、この映画を観る人はきっと思うだろう。

 誰でもが、「心配なことがあるんだ」と忌憚なく云うことができる、そんなのは当たり前だ。

 この事故に関わることである限り、その不安に対して、責任を負うべきものは誰なのか、そんなことは自明ではないか。

 「おだやかな日常」は、ボクがこれまでに観てきた「3.11以後」をテーマとした作品の中でも、作品は2011年の製作らしいが、すぐれて今に続く状況を描けているように、思った。

 演技者も映像も、よい。
 


 

 
by ribondou55 | 2014-05-21 11:50 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
 昨日、『共に歩く」(監督・宮本正樹、2013年)を観た。

b0018682_22541870.jpg


 雨が降る日は映画館に、というのがこの頃。

 晴耕雨読というのは嫌いだが、「晴遊雨観」というのなら得意だ。

 ボクも自家用の畑を少しやるから、「晴耕雨読」の人のように詐称することもできそうだが、実際問題そんな風には、ボクにはできない。

 晴れようが降ろうが、「読」となれば、そうなるしかない。

 ワイドショーにはまれば、それで一日。

 原則、畑仕事は一日2時間以内としている。

 手抜ききわまりないが、それでも結構、家族が喰うほどもものは、まかなうことができる。



 さて、『共に歩く』は、きまじめな作品である。

 共依存、アルコール依存症、認知症に苦しむ3組の人々を描いたヒューマンドラマ。親の愛を受けられなかったせいで情緒不安定な恋人・明美への接し方に悩む小学校教員の哲也。一方、哲也が勤める小学校に通うタケルは、アルコール依存症の父親の影響で自傷行為を繰り返し、母親の真由美を悩ませていた。また、アルツハイマー型認知症になった明美の母親・陽子は夫・定雄への信頼に疑いを抱きはじめる。共依存に悩むカップル役に、スーパー戦隊シリーズ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で人気を集めた小澤亮太と、TV・映画・モデルなど多方面で活躍する入山法子。(映画・com より)

 どれもこれも面倒な問題で、ちょっと盛り込みすぎの感がなくもないが、破綻しない。

 でも、陽子が明美の母親だったというのは、許容範囲の映画的ご都合か。

 以前から「共依存」というのは、ホントに「病」なのかと、疑問に思っていた。・・・・ボクには分からない。

 依存症の周辺には、だいたい共依存症の人がいるとかいう方もおいでだが、駄目の奴の世話を親身になって焼く人がいなくなったら、それはそれで困るだろうし。

 たとえばそんな自己犠牲的な世話焼きを、「心の底では見返りを期待しており、それが返ってこないときは憤然とする。無意識のうちに、自分が相手にとって必要な人であると思ってもらいたかったり、相手にありがたがられるなどの報酬を期待したりしている。自分がいなければ相手はやっていけないと思い込むことによって、自己価値を見いだそうとする心理的な動きといえる。」なんて解説されても、何を今更というしかない。

 映画はボクが感じていた違和感をちょっと強化するようなところがある、そこをボクがこの映画に好感を持つ理由の一つだ。

 子どもを扱う精神科医のうさんくささも、然もありなんと思わせられた。

 ともあれ、それぞれのきつい状況から、小澤亮太君の誠実さと知恵によって、いい感じの結末にいたる。

 ボクは、この作品は広く見られればよいと思う。

 それは、提起されている問題に嘘がないからからだ。

 こういうことをいうとナンダが、「教育映画」と呼んでも十分いいと思う。




by ribondou55 | 2014-05-01 22:49 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー