人気ブログランキング |

<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 もうすぐに、8月も終わる。

 この数日、明け方は、これまでははだけていたタオルケットにくるまって寝たくなる。

 熊谷は、案外、都内より朝夕は過ごしやすいかも知れない。

 腰の調子が大分よくなったので、調子にのって、午前中、9月はじめの種蒔き、苗の植え付けに備えて、苦土石灰と堆肥を畑に撒いた。軽く三角ホーで耕した。腰は、座って立ち上がる、そんな場合は酷く痛むが、不思議とホーで耕すようなことにはまったく影響が出ないのだ。

 そこは、タマネギと小松菜、ほうれん草を作っていたところで、これから大根・白菜・ブリッコリー・それにサニーレタスなどを栽培する。白菜は、昨日連結ポットに種を蒔いた。本葉4、5枚で定植できる。

 野菜作りのサイクルがこんなに忙しいものだとは、知らなかった。

 まことに一年が過ぎるのが早い。

 このところの雨で薩摩芋や葱は息を吹き返している。だが、里芋の葉はまだ小さく縮こまっているままで水不足は強く影響しているようだ。落花生は、乾燥に強いようで葉を茂らせ炎天下でも花をよく付けていた。オクラは、全くのマイペース、優等生だ。ピーマンは、黄・赤も含めて、期待通り。シシトウは、ちょっと、かじかんだ感じ。鷹の爪は、真っ赤に色づいている、昨日パスタに使ったてみたが、すごく辛い、ヨイ出来だ。その他の唐辛子類もわるくないようだ。今年はじめての九条葱の生育も順調?と思う。インゲンはつるなしの方が好成績。

 ハーブは、もともと雑草?なので、むしろ育ちすぎ。

 サラダゴボウはまだ結果がでない。

 胡瓜は、ウリハムシにやられた。もっと被害が大きかったのは、ズッキーニだ。これの対策は、来年度の課題、マラソン乳剤が効くのだそうだが、やはり、農薬は必要最低限は利用すべきだろうか。

 茄子は、テントウムシダマシ、ナメクジ、カメムシ、ハダニ、オンシツコナジラミ、アブラムシといった害虫のしわざであろうか、(ボクにはどれだかわからない、)葉が褐色になって微細な虫食いの痕がある、ぼろきれのようになって、みるみる内に衰えてくる。でもこれは、この頃涼しくなってだいぶ荒れ方が穏やかになった。

 枝豆も、三期に分けて種を蒔いたのだが、後の二回は虫にやられた。

 いずれにしろ、農薬の使い方について、研究しようとおもう。

 有機無農薬というのが、家庭菜園では王道なのだろうが、これについても、・・・・・・・。

 今日、ズッキーニは撤去した。花屋の店先に売れ残っていた、2株100円の苗にしては、よく頑張ってくれた。ありがとう。ズッキーニは娘の好きな野菜である。


b0018682_17403150.jpg

by ribondou55 | 2013-08-28 23:13 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

腰痛持ちの夏の午後

 家人は出払い、一人で腰ばかり労って、ぼんやりしている。

 外は、どことなく秋めいたきたような陽の光であるような。

 こんな午後もあろうかとも思うのだが、昼寝もしたくない。

 
b0018682_14362395.jpg


 日が傾いて、もう少し涼しくなったら、散歩にでよう。






 


 
by ribondou55 | 2013-08-27 14:38 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 『少年H』(監督・降旗康男、2013年)を観た。

 妹尾河童による自伝的小説として発表されたのが、1997年。

 映画を観ながら、原作の印象的だった箇所を思い出したりしたが、忠実な映画化かどうかは、読み直す気が起きないので分からない。

 作品は、この監督さんらしくきちんと作られていた。特に、焼夷弾が降り注ぐ空襲の場面は臨場感があった。

 内容は、まさしくその通りだったろうと、押さえるべきツボはぬかりなくといった感じで、いちいち納得させられてしまう作品であった。それは、原作を読んだ記憶が映画の進行の先回りをして思い出されてゆくからという要素もあろうが、むしろ、その記憶、つまり作中人物に共感したり、あたかも追体験のような擬似的な「思い出となったもの」と参照しても、画面が裏切らない、そんな感じだろうか。

 意地悪で云うわけでないが、「現代史の教科書」のようなものの一部として、広く見られてしまうような感じがするが、・・・・、それはそれでよい。

 前作の「あなたへ」の記憶もまだ鮮明なのに、今度の作品でもやはり、申し分ありません。

 折も折、どこぞの教育委員会が『はだしのゲン』を学校図書館での閲覧制限をもうけるコトとしたとの報道があった。備忘録だから以下を引用する。

  広島での被爆体験を描いた、漫画家の故中沢啓治さんの代表作「はだしのゲン」(全10巻)が、昨年12月から松江市内の市立小中学校の図書館で子どもたちが自由に見ることができない閉架の状態になっていることが分かった。市教育委員会が作品中の暴力描写が過激だとして、各校に閲覧の制限を求めた。
 市教委によると、描写が残虐と判断したのは、旧日本軍がアジアの人々の首を切り落としたり、銃剣術の的にしたりする場面。子どもたちが自由に見られる状態で図書館に置くのは不適切として、昨年12月の校長会で全巻を書庫などに納める閉架図書にするよう指示したという。
 現在は作品の貸し出しはしておらず、教員が校内で教材として使うことはできる。市の調査では市立小学校35校、中学校17校のうち、約8割の図書館がはだしのゲンを置いている。 (朝日新聞デジタル8月16日)


 その後、この決定は事務局の独断で、教育委員会で再審議されるとのこととなったようだが、どこかに事務方の尻を叩くものがいたか、或いは、けちな教師上がりが点数稼ぎに言い出したのだろう。少年H君がもっとも軽蔑した者が、そういうお調子者であったというのは、言わずもがなである。ゲンのアンチャンの「偏向」なんて目くじらをたてるほどもなかろう、それに何と云っても、「不適切な表現」は「漫画」の命だ。まともに漫画も読めない教育委員会って、困ったものだ。

 ついでにいうと、「少国民」シリーズの児童文学作家の山中恒が小説「少年H」の事実誤認?を厳しく批判したコトも分かっているが、・・・・・・、とりあえず、現情勢下においては、映画「少年H」はこれでよいのではないか、なんて思ってしまうのは、やはりいけないことだろうか。とにかく、「映画」なんだから。

 ついでに、昨日9時のNHKニュースで、富山大空襲直後に特高が調査した被災民の聞き取りの記録が紹介されていた。厭戦気分が充満していた、興味深い。

b0018682_0405042.jpg






 
by ribondou55 | 2013-08-22 00:41 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31