人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 震災から二年が経過しようとしている。

 これから三月十一日にかけてマスコミがあれこれとやるのだろう。

 この「遺体~明日への十日間~」(監督: 君塚良一、2013年)も、ひとつのその手の仕掛けかと思えなくもない。制作はフジテレビである。

 そんなことも思いつつ隣のそのまた隣町まで出かけていって、観た。


b0018682_23592016.jpg

 小生はいい映画であると思った。

 この映画の主題は、「遺体」である。

 震災報道のなかでは「遺体」が映像としても活字としても現れてくることはなかった。

 メディア上では入念に「遺体」は排除され、「死者」は「死者」であくまで実態は伏せられていた。

 死者は、容易に「数」に置き換えられていた。

 おびただしい「数」の被災者・死者・行方不明者・・・・、抽象化されていた。

 だが、ようやくここで、死者数が個々の「ご遺体」に戻された。

 もちろん、メディアの中の出来事にすぎないのだけれど。

 でも、大切なことだとおもう。

 
 亡くなった人の尊厳、払うべき敬意をこの映画は、教えてくれる。

 これに口を挟むことはできない。

 たかが映画、現実には遠く及ばない、比べものにならい位の悲惨があったはずだという、当たり前ことをいっても仕方ない。

 この映画はそうした悲惨をもっともらしく見せようとしたわけでもないということは、よくわかるではないか。


 副題は「明日への十日間」である。

 明日を期待できるのは、生きているものだけである「遺体」の側にあるわけではない。

 「喪」に服すということが、亡くなった人のためだけではなく、生きてゆく人のためのものでもあるということ、こんなことは誰でも知っている。

 この監督は、遺体安置所の十日間で、「遺体」に対して生き残った者たちがどのように変化したかを巧みに描いている。

 庶民の素朴な誠意への共感が底にあるように思えた。

 実をいうと、映画の原作となった、石井光太氏のポルタージュ「遺体 震災、津波の果てに」は、居間の書棚に置かれたまま、まだ読まれていない。紀伊国屋の店頭で二三ページ立ち読みした後、買い求めて、そのまま放置してある。ツンドク本は数え切れないほどあるが、こんな本は、ツンドクではない。

 そんな風である。

そんな風に観た作品であったが、園子温監督の「希望の国」を併せて観るのが望ましい、そんな気がする。

 この「遺体」という作品には毒気がない。ありがちな無常観すらない。聞こえてくるのは、「やるべし」、善意の意志の行使。そして善い人たちの痛恨のみが語られる。これだけでは、片手落ちと云いたくなる。

 利いた風なことをいうなと叱られそうだが、そんな感じもある。


  
 

 

by ribondou55 | 2013-02-28 22:50 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
 昨日、北関東自動車道を利用して、「真壁のひなまつり」を訪ねてみた。

 配偶者の趣味である。

 しかし、「B級イベント」ファンの小生としては、誘いを拒否する理由はない。

 小生、茨城県関連のことには、まったく暗い。

 もちろん真壁という地名すらきいたようなきかなかったような。

 車で2時間余り、着いた先は、小さな街であった。

 その街中の200軒ぼどが、主に商家であるが、雛人形を飾って、人々に供覧している。

b0018682_0155322.jpg


b0018682_0161388.jpg


 なかなかの人出であった。

 配偶者は、熱心に見て回る。

 小生はすぐに飽きてしまった。

 年甲斐もなく、無駄口をたたいたりして、店先のお雛様を、フリーマーケットレベルの雛飾りではないか、ななんて、・・・・その上に、この街の衆のご様子は?などと。

 B級イベントの楽しみは、そのイベントに関わる人々の欲望と情熱とか、照れとか恥じらいとか、そんなことに気づかさせられて、その土地が好きになる、そんなことだ。

 このひなまつりには、そんな雰囲気や「味」が少々希薄と見えたのだ。

 平凡な街興しイベントではないかと。

 だが、これはいつもながらの己の軽薄薄情なおバカぶりが露見しただけだった。

 街をさらに歩くと、こんな御仁に出会った。

b0018682_0172040.jpg


 「花咲かじいさん」とは、可愛らしいが、ひな祭りのこの時分には、ちょっと気が早いような感じもあるが、そうではなかった。

 やはり枯れ木に花を咲かせるほどのマジックパワーが真壁には必要であったのだ。

 街歩きを初めてすぐに誰でもが気づくことは、あれからもうすぐ二年になろうとしている震災の被害の跡である。

 同じ関東圏でも地域によって被害の大きさが全く違うことを思い知らされた。

青いビニールシートでそこかしこの家々の屋根が覆われていた。

土蔵の漆喰が剥離して、土壁が露出している。そんなところににもおひな様が飾れている。

 
b0018682_1220096.jpg


 桜川市の観光情報には、こんな真壁の紹介がある。

 真壁の町割りは、戦国時代末期の真壁氏時代に形づくられ、江戸時代初期の浅野氏時代に完成したといわれています。枡形と呼ばれる城下町特有の交差点が現存し、その町割りの中に、蔵や門などの歴史的建造物が息づいています。現在、104棟が国の登録文化財となっています。平成22年6月29日には、この真壁地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。全国で87地区目、関東地方では4地区目、県内では初となります。

 その登録文化財に指定されている建物の多くも被害にあったようだ。

b0018682_028269.jpg


 復旧途上。

 花咲か爺はやはり健在でいてほしい。

 町の衆の声は明るいではないか。

 真壁だけではなく、福島や岩手や宮城や・・・、いたるところに花咲かじいさんがいてほしいと思った。

 

 


 
 

 

 
by ribondou55 | 2013-02-27 22:43 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(1)
 先ずは梅コンガラセイタカお豆だか  (文化十三年・二月)  一茶

 「梅」が咲くと一度は声にしてみる一句。

 岩波文庫「七番日記」では、金伽羅童子、制吒迦童子、とあり、「お豆だか」はお元気か、お達者かと。

 コンガラ・セイタカは不動明王の脇士だそうだ。

 軽口のようで、いい。

 そういうわけで、我が家の梅も咲き出した。

 今日は日中で10度になった。

 畑にも出たが、マフラーが余計に感じられた。

b0018682_2323744.jpg


 畑から帰ると昼時であった。

 配偶者がフライを買ってきた、これが昼飯だという。

 
b0018682_2344788.jpg


 フライの発祥は、Wikiにはこんなふうに。

 通常は小麦粉を水で溶いただけの物だが、長葱を入れる場合もあった。ソースではなく醤油を塗って味付けをし、生地に砂糖を入れてホットケーキのようにすることもあった。「フライ」の命名者は行田市天満の古沢商店の初代店主といわれている。1925年(大正14年)に近くの足袋工場で働く女性工員に、休憩時のおやつとして出し始めたのがきっかけとされ、当時はフライ焼きと呼ばれていた。手ごろな値段で手軽に食べられて、なおかつ腹持ちがよいことからファーストフードとして親しまれ、多くはこれら女工たちの手を経て地元家庭や市内飲食店に広まって行ったとされる。後に「フライ焼き」から「フライ」へと名前が省略された。なお、行田市の足袋工業の発展と共に広まっていったことから、布が来ると書いて「布来(フライ)」、足袋工業の発展が富をもたらしたとして、富が来ると書いて「富来(フライ)」などと当て字をすることがある。

 この行田発祥が、近頃の定説のようだ。この記述によるとちょっとモダンな食べものめくが、そんなことはない。今日食べたフライはS商店のものだが、溶き小麦粉に長ネギをきざんでどっさり、乾物の切りイカ、豚肉の味付け小片などが混入された生地が、鉄板で焼かれ、その上にソースがたっぷりと塗ってある。直径30センチ弱の円形のものが、半分にたたまれて半円形になっている。その内側に濃くソースが塗られているのが昔ながらのスタイルのように思える。どう見ても外見も味も素朴な食べ物である。葱は深谷が有名だが、行田熊谷だってたくさんできる。

 この地方はもともとが麦が盛んに生産された土地で、一年の内に麦刈りと稲刈りが行われる地方である。少し前まで夕飯は毎日手打ちうどんという家も少なくなったという。正月元旦の朝も餅の雑煮でなく、うどんという慣習もあったときく。手打ちうどんをこの地方では「テブチ」と云い、うどんは「メンコ」と呼ぶのだ。

 手元にある「聞き書 埼玉の食事」(農文協)をぱらぱらと見てみた。埼玉の日常食は押し麦に白米を混ぜた麦飯が一般的で、時折品変わりとして、煮込みうどんやすいとんのような小麦粉利用が行われ、晴れの日の食事にも小麦粉由来の食べ物が饗されていたそうだ。「朝まんじゅう、昼うどん」これが夏の晴れの日のごちそうであったそうだ。つでにいうと、煮込みうどんを「おっ切り込み」というが、「にぼうと」とよばれるきしめんに似た扁平な幅広うどんの煮込みもある。
 
 そこで、フライに近いものはということで、もう少しページをめくると、行田ではなく秩父地方のこじょうはん(午後の間食)に食べられたたらし焼きというものがあった。「小麦粉に、葱を細かく刻んだものと味噌と水を入れて、少し固めに溶き、暖めたほうろくにおたま一杯ほど流し込む。両面を焼いてできあがる。田植えや普段のこじょうはんに食べる。」とある。

 でも、たらし焼きは具材こそ葱中心でフライと同様ではあっても、味付けが味噌である。ソースではない。たぶん焼くのにほうろくであるから油もひかないだろう。やはり、ソースが眼目だと思う。ソースというのが、いかにも「近代的」だ。それにたび工場の女工さんとうのも近代だな。家内工業ではなく、たび工場の労働はちょっときつかったろうな、行田にはたび工場の「博物館」がある。以前、ポタリングの途中見学したコトがある。足袋というのは複雑な工程を経てできるものだと、感心した記憶がある。

 で、女工さんと聞くと、すぐに「女工哀史」を連想するのが、ボクラの世代だ。そういえば、熊谷にもかつて富岡の製糸工場の流れをくむ、大きな製糸紡績工場が町の中心街に二カ所あった。そのうちの一つ石原製糸所は、1907年から1994年に至る長い歴史を刻んでいる。もしかすると、そこに働いた女工さんたちもささやかな贅沢としてフライを食したかも知れないなあと、ここまで書いてきて思った。フライは、そういうわけでまさしく、「近代」の食べ物であったのかも知れない。そういえば、秩父は養蚕の盛んな地帯でもあったのだ。フライという食い物はそういうわけでとても庶民的なものだが、なにやらうら悲しい感じがあり、そしてちょっと暖かな食べものでもある、そんな感じがこれまでもあったが、それは、遠い遠いところから連れてこられた女工さんたちの涙の味が混じるせいかと、今ふと思った。

 ともあれ、フライは熱いうち食べるのが一番。冷えたフライは、いただけない。




 
by ribondou55 | 2013-02-21 00:05 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28