人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 突然、あごの上部から頬にかけて腫れだした。

 還暦過ぎのおたふくかぜもないだろう。


 たぶん、・・・歯茎が傷ついてばい菌に感染したものか。

 あるいは、虫歯、歯槽膿漏・・・・、。

 医者嫌いであるから、今の所、「熱さまシート」を貼って、その上からマスクをしている。

 この暑さではマスクはつらいが、見た目も少しは改善できる。


 そんなわけで、家にこもっていればいいのに、妻が「わが母の記」(監督・原田眞人・2012)を観にゆくというので、深谷シネマまでお供した。

 手堅い映画でありました。そつなく、見事に泣かされました。


 井上靖という作家は、了見の狭いボクの読書の守備範囲には、まるで触れることがなかったというより、・・・・・。

 ボクが物心ついて、小説を読み始めた前後から、時折目にしたポートレイトからの印象では、一番とっつき辛いタイプの人のような感じで、ボクには関係ない人だと決めた。でも、物心つく前のガキの時分、「しろばんば」とか「あすなろ物語」とか、強制的感想文とか、やられたような、ぼうやりした記憶がある。でも、これは、どうでもいい。
 この、「見た目嫌い」は、司馬遼太郎についてもいえて、でも、「街道を行く」シリーズなどは、旅のガイドブックとして読んでしまうが、やはり、「エラそー」な口ぶりがちらちらみえて、気に入らない。
 もしかすると、新聞記者あがりの作家が嫌いのかも知れない。


 話を戻そう、昨今の報道をみていると、本当に「新聞」とその書き手はうさんくさい。


 ある成功した人気作家がいい年の大人になるまで、幼少年期に母親と別居した体験を「親に捨てれた」と長い間思い続け、このことが心の傷になってきた。ところが、まさしくその加害者であったはずのが惚け果て、過去と現在の境界が混沌とした今となって語り始めた「ことば」によって、当時の母の真情を作家は知る。そんな話で、捨てられた子の母恋物語である。

 よくやりますね、と思いつつ、でも泣けたのは、捨てられた子も、子を手放した親も、ともに「別れきれない、忘れきれない」という、母子物語にやられてしまうからだ。そして、それがいくら哀しいとおもっても、いづれか必ず、別れなければならないという生き物の定めから、誰も逃れられないということで二度泣ける。

 そんなこんなのことがあって、「姥捨山伝説」が引き合いにだされる。これが、この映画では嘘くさい。役所広司さんがうまいのでついだまされそうだが、あのお話を引き合いに出すのは無理があろう。

 映画中の「姨捨山」の絵本云々のエピソードは、あれは、「嘘」でしかない。小道具だ。この映画では心理的な親離れ子離れの凡庸な暗喩でしかない、と思うのだ。つまり、捨てれた子が、親を捨て返す、けれども、どうしても捨てきれない、そんなことだ。小説的な嘘というやつ、そんなものは、kizaで目障り。

 リアルな此の世では、きっちと棄てるのだ。

 「楢山」へおりんをおんぶして登った辰平の末裔は、今のこの国には、数え切れないほどいるのだ。

 しかし、おりんさんは、そうざらにはいない。樹木希林さんは勿論、おりんではない。そういうことにまでは、この映画は及んでいけない。

 ボクにも今、惚けた母がいて、これが、ときおり、非常に人のこころを揺さぶる言葉を吐くのだ。痴呆が理性を狂わせるというのは、あるかも知れないが、魂の「叡智」のようなものは、痴呆の混沌とした頭脳の中に、いつまでも散在し、暗く、或いは、明るく輝いている、とボクは思っている。

 樹木希林さんは、とてもよく呆けていた。

 でも、あれは、よくできた映画に過ぎない。

 そう思った。


 さて、今夜は麻婆茄子だ。今年最後の,自家菜園の茄子である。


b0018682_23113294.jpg


目下の一句014.gif
  
    梨剥きて耳とほきひとにすすめけり    李凡堂





 

 

by ribondou55 | 2012-08-31 18:08 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
 BSプレミアルで「鉄道員(ぽっぽや)」(監督・ 降旗康男 1999年)の後半については身を入れて観た。

 半主夫業見習い中だと、食事の片付けを終えないと、一息つけない。それで、前半は、いいかげんに。

 高倉健さん主演というと、何となく、スター映画のようで、健さんばかり見ているが、こんな風に二本続けて観てみると、この監督さんの思いが伝わってくる感じがした。

 「鉄道員」はいかにもこの國の二十世紀のお仕舞い的な哀愁はあるものの、おセンチで幸福な映画であった。つまり、夫婦にしろ、友人知己、同僚たちからも、愛され尊敬されるという「絆」を素朴に信じられることを前提にしたファンタジーである。

 に対して、「あなたへ」はもっと、生の実存の孤独に目を向けている。駅長佐藤乙松は、雪のホームで凍死できたが、刑務官倉島英二には、そのような終末は来ないだろう。「絆」はあるにしても、その絆は、いずれは一人で死んでゆくのだという存在同士の控えめで謙虚な「絆」である。

 今度の震災を通して、こんなボクでも、圧倒的なパワーが命を奪い取ってゆく様子をみて、死の「冷たさ」を感じずにはいられなかった。

 この刹那の次の刹那は、闇であると思った。では、そこでの「絆」なんて・・・・・、笑える、か?

 やはり、云えることは「さようなら」だけかも知れない。「さよなら」だけの一言で去ってゆくこと、それがなぜか、仏教的な・・・そんな感じがしたが、・・・・・。



 病院の待合室のソファーに座って、大江さんの「僕が本当に若かった頃」《1992年》を読んだ。

 作中で、「ギルティー」(guilty)という言葉がでてきて、どきっとした。

 文脈的な意味合いではなく、そのことば自体に、撃たれたような気がした。



 なかでも「喪失」という体験では、先に亡くなった人に対して、生き残った者がある種の「罪悪感」を感じてしまうのは自然な人間性である。

 健さんの映画で云えば、乙松にも英二にもあったが、より色濃いのは乙松だろう。

 さらに深い陰を感じさせるのは、英二の妻である洋子である。

 洋子は獄死した「たった一人」のために歌っていた。しかしながら、英二が、それに代わり得る存在だったか?だからこそ、英二にやさしいのである。

 

 子猫は姿を見せないが、子猫の母らしき若い猫は、今夜も犬が残した飯を食べにきていたらしい。


 やはり問題は「呼吸」、臍から吸って、臍から吐く。


 かぼちゃはやはりよいものでなければ、ほくほくにはならない。

 いんげんの苗を植えた。



b0018682_23162681.jpg

by ribondou55 | 2012-08-27 23:22 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
 「あなたへ」(監督・降旗康男 2012年)を観た。

 満員であった。おそらくは世代的には、ボクら夫婦と同年代。シニア割引世代である。

 高倉健と田中裕子の共演は「夜叉」「ホタル」と続いている。

 申し分ない。

 今作品の物語の設定は、今のボクら夫婦の現実に重なることが多かった。こんなのは、ちょっとめずらしい。

 

 なかなか、厳しい内容であった。人の存在にかかわる普遍的な問題である。

 これが芭蕉と山頭火の「旅」を例にとって解説される。

 つまり、山頭火の「漂白の旅」こそが、つまり人が生きるということだ、と。

 
 人の人生は、帰る場のない「漂白」である、とボクは聴いたように思う。


 田中裕子が歌う「星めぐりの歌」が、とてもいい。

   星めぐりの歌
              宮澤賢治


    あかいめだまの さそり
    ひろげた鷲の  つばさ
    あをいめだまの 小いぬ、
    ひかりのへびの とぐろ。

    オリオンは高く うたひ
    つゆとしもとを おとす、
    アンドロメダの くもは
    さかなのくちの かたち。

    大ぐまのあしを きたに
    五つのばした  ところ。
    小熊のひたいの うへは
    そらのめぐりの めあて。

 亡くなった人の魂が、この星をめぐるのだと、ボクはいつの頃からか思っている。


 山頭火では「草木塔」の中のこの一文が、好きである。

 私はやうやく『存在の世界』にかへつて来て帰家穏坐とでもいひたいここちがする。私は長い間さまようてゐた。からだがさまようてゐたばかりでなく、こころもさまようてゐた。在るべきものに苦しみ、在らずにはゐないものに悩まされてゐた。そしてやうやくにして、在るものにおちつくことができた。そこに私自身を見出したのである。
 在るべきものも在らずにはゐないものもすべてが在るものの中に蔵されてゐる。在るものを知るときすべてを知るのである。私は在るべきものを捨てようとするのではない、在らずにはゐないものから逃れようとするのではない。
 『存在の世界』を再認識して再出発したい私の心がまへである。


 
 結論、やはり、高倉健はいい、としかいえない。


b0018682_22125767.jpg










 
by ribondou55 | 2012-08-26 22:10 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
 今朝、物置下の隙間をのぞくも、姿なし。

 子猫の鳴き声もしない。

 試みに、犬用ビスケットを隙間の前に置いてみた。

 子猫がいれば必ず餌には飛びつくはずだ。


 10時を回ってからビスケットを確認すると、集まってきたのは蟻たちご一行さま。黒山だかりであった。

 午後1時。照り返しがひどい。軽自動車ムーブの外気温計は43度である。ちょっと、郵便局まで。

 三十分ほどで帰宅。

 ビスケットは、午前中とかわらず働き蟻さんたちが、せっせっせっせと動き回っている。


 午後5時、犬と散歩に出る。1時間ほどして家にようやくのことで帰り着くと、妻が隣の家のブロック塀の上に黒白の猫が犬小屋を監視していたが、妻に気づくと隣家の植え込みに隠れたと。

 
 午後6時半、犬に餌を与える。猫たちの姿は見えない。

 子猫はどこかへ消えた。

 妻が観た猫は、あの子らの親猫なのだろうか?

 いったい何処へ。あのよちよち歩きの子猫三匹をつれて、孟母三遷ってか、どこへ消えた。

 所詮、子連れ猫、遠くへは行けまい。

 餓えたら帰っておいで、・・・・とか。


 消えたら消えたで、なんだか、気がかり、やっかい払い出来たという気分になれない。

 故に、子猫写真なし。



b0018682_2320093.jpg



 柄谷行人「人がデモする社会」(世界九月号)を読む。 




 
 
 

by ribondou55 | 2012-08-25 22:39 | 生きている | Trackback | Comments(0)
 河合隼雄と中沢新一の対話「ブッダの夢」(1998)がとてもおもしろい。


 知人の専業農家の当主から、今年の暑さは2010年並だと聞いた。米作りには、心配でならない気候であるそうだ。
 ちなみに、ここをご覧あれ。  http://weather.time-j.net/Weather/Ranking

 母の食欲が戻ってきたよ、と連絡有り。


 気がかりなことが一つ、延び延びにしてきたが、もう八月も残りすくない。


 犬がよろけよろけがんばっている。


 畑に出る余裕がない、第一暑すぎる。今日の熊谷は37度を超えた。


b0018682_23203567.jpg


目下の一句034.gif
  病む妻とカレーライス辛くて笑う   李凡堂








by ribondou55 | 2012-08-23 23:09 | 生きている | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂