人気ブログランキング |

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 一月が終わる。

 日々、不安のみがたかまる。

 4年以内に首都圏の大地震の可能性70%とか。

 津波も1年以内とか。

 大雪。

 迷走政治。

 もともとドジョウは、柳川だって嫌いだ。

 震災・原発被災者の方々のご苦労は如何。


b0018682_2345388.jpg



 
by ribondou55 | 2012-01-31 23:38 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 さむい、サムイ、さむい・・・

 と、いくら言ってもぬくもる訳ではないが、不愉快だ、腹が立つ。

 なんだか、特殊な感じの寒さのような気がする。

 氷柱の芯にこもる冷たさのような徹底した「寒気」が、巷に張りつめているような気がしてくる。

 なにか、禍々しいことが、生まれ出てくるような、そんな予感がシテならない。

 妄想。


 誰かに飲みに行きませんかと、声をかけようと思うが、サムイので、すぐに帰宅したくなる。

 年を越した口約束もそろそろ時効になるのだろう。


 とにかく、2013年の一月の寒さは記憶しておくべきだ。


 DVD二本。

 「アイボーグ」(監督リチャード・クレイボー 2010年)
b0018682_2318530.jpg

 目玉型監視ロボットが、面白い。ゲゲゲの目玉のお父さんのような愛嬌はなくて、なにか、小型の恐竜、鳥の祖先のような奴。あんなのが、そこいら中でうろうろしたらケッタクソ悪いだろう。

 人類vsロボットの壮絶な戦いを描く、VFXを駆使したSFアクション!アメリカ政府はテロに対抗するために監視自由法を施行。独立ロボット型カメラ“アイボーグ”を導入し、そこから得た映像を国防情報光ネットワークにリンク。瞬時に解析し、有事の際にはアイボーグが自ら攻撃することで犯罪行為を未然に防いでいる。しかし国土安全保障省のガンナーは、この監視システムに疑いを抱くようになる…。アマゾンのDVD紹介文。

とっても楽しめた。




 「まほろば駅前多田便利軒」三浦しをんの小説の映画化。監督大森立嗣。2011年4月公開。

 多田啓介(多田便利軒経営、バツイチ) - 瑛太と行天春彦(中学時代の同級生、よく喋る変な奴) - 松田龍平の奇妙な友情が見所。片岡礼子も娼婦役で登場。

 啓介と春彦が仲良く銭湯でむさくるしい長い髪を洗いながらもそもそ肩を並べて会話するシーンは、よろしい。

 見終わったあとでの感じはよかった。

 三浦しをんと読めず、ずっと、をしんと思いこんでいた。
 申し訳ないので、とりあえず、二三作、読んでおこう。


 
by ribondou55 | 2012-01-30 23:20 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)
 せっかくの休日であったが、こたつに入ったきり、PCをいじったりして、ただ過ごした。

 おせんべいを食べ過ぎた。

 配偶者は朝から雪の中を外出した。

 一休さんの詩を拾い読みしたりして、

 ぼんやり午後もすぎた。


 午後四時前、犬と散歩に出た。

 寒い。

 犬は、前足の足の裏に傷があるらしい。

 跳ねるように、歩く。

 あまりに痛そうなので、さっさと切り上げようとしたのだが、

 犬にはそれが大いに不満で、あくまもでいつものコースをたどろうとする。

 おいぼれめ。

 と、人間の老いぼれが罵っている。

 こっけいだが、

 犬のかたくなさも、わからんでもない。

 老い、とはそんな風になることだと、最近思うからだ。

 
 一休さん、興味が尽きない。

 
 大根がうまい。


b0018682_0524131.jpg






 
by ribondou55 | 2012-01-20 23:40 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 本日の天体。http://www.astroarts.co.jpによると、

  01時01分:小惑星(433)エロスが近日点通過、太陽からの距離1.13347天文単位(8.8等)
  02時28分:冬の土用(太陽黄経297゚)
  06時24分:月の距離が最近(0.962、36万9881km、視直径32.3')
  13時44分:木星が東矩(光度-2.4等、視直径40.9")

 さて、その小惑星エロスは、

  エロス (433 Eros) は地球近傍小惑星 (NEAs) の一つ。1898年8月13日にドイツのウラニア天文台の所長カール・グスタフ・ヴィットによって写真観測により発見され(同日にオーギュスト・シャルロワも発見していたが発表が遅れた)、ギリシア神話の恋心と愛の神、エロースにちなんで命名された。これは、小惑星に初めて男性名が命名されたケースである。
エロスは初めて発見された地球近傍小惑星でもあり、アモール群に属する。太陽からの平均距離は1.46天文単位(およそ2億1900万km。火星の軌道の内側)で、地球へ最大2300万kmまで接近する。なお、地球近傍小惑星の中で2番目に大きい(最大の小惑星は (1036) ガニュメート)。
(http://ja.wikipedia.org)

 こんなことも。

 探査機ニア・シューメーカーは、エロスを観測する目的で5年前の1996年2月に打ち上げられました。途中で97年6月に小惑星(253)マチルドを1200キロメートルの距離から接近観測し、その後1999年2月に目的のエロスに接近しました。しかしこのときはエンジンの点火に失敗し、エロスを通り過ぎてしまいました。しかし、1年後の2000年2月再びエロスに接近して、今度は減速に成功、バレンタイン・デイの14日にうまくその周回軌道に入りました。その後の観測で、16万枚以上のエロスの画像を地球に送ってきています。この段階になって、探査機をコントロールする燃料が残り少なくなったため、最後に、始めは予定されていなかったエロスへの軟着陸を試みることになったのです。(http://www.astroarts.co.jp)

 さらに、

 エロスの10kmに渡って窪んでいる部分(画面の上)は発見当時"Saddle"(鞍)とあだ名が付けられ、後にギリシア神話の慕情の神の名を取りヒメロス (Himeros) と命名された。NEARシューメーカーが着陸したシューメーカー・クレーターはヒメロスの端の方にある。エロスで最大のクレーター、プシュケ (Psyche) はヒメロスの反対側にあり、直径は5.5Kmある。
エロスのクレーターには、恋愛に関係の深い神話や伝説、文学作品などに由来する名がつけられた。日本からは源氏物語の"Genji"(源氏)と"Fujitsubo"(藤壺)の名がクレーターに付けられている。
(http://ja.wikipedia.org)

 おもしろい。

 それで、今日は浅川マキの命日でもある。
 それをわすれてはいけない。

b0018682_23183475.jpg
by ribondou55 | 2012-01-17 23:13 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 このところ、亡くなる人が続く。

 同世代か、やや上か、やや下か。

 つまりは、ボクもその列に加わって、少しでも不思議でないということだ。

 
 今日、知り人の四十九日の法要に出た。

 北関東の一面田圃に囲まれた集落の中にある小さなお寺の本堂で、老いたお坊様の経を聞いた。

 ちょっと、身にしみた。


 すっかり、我が家の犬の足腰が弱ってきた、それでも、朝夕の散歩の時刻には催促するようにそわそわと庭先をうろつく。
 
 わが身を見るようだ。

 年老いるというのは、いかほどか己が縛られていることから解放されるのかと思っていたら、そうではないらしい。

 頑なに、一層なる、いうより、縛っているのは、他ならむ自分自身であって、そうであることが自分である根拠だったのか、そんな風に思った。

 静かに本でも読んで暮らそうか、なんて、嘘だった。




 
b0018682_23185336.jpg






by ribondou55 | 2012-01-15 23:27 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 今晩は、十七夜の立ち待ち月。

 一月の立待月、心から冷えてくる。

 帰り道の道々、ずっと眺めてあるいた。
 皓々と照る月影が冴えわたり、それに心が引き締められるような感じがしてくる。

 これが、他の季節なら、すこしは浮いた気分にもなろうものだ。

    魔がさして親切にして立待月  (池田澄子・船団)

月を観ていたら、魔が差した、或いは行きずりの男に気を許した、そんなことも、ありそうな。


 今朝は、暗い内に家を出るとき、西の空に昨夜の十六夜月がぽっかりと浮かんでいた。

 だから、今夜ボクが寝ている間、今晩の月は天空を移動して、明朝また西の地平に沈む前に、ボクは再度対面することになる。

 お月様、この寒空にご苦労様。

 
b0018682_23194468.jpg


 
 

 
 
by ribondou55 | 2012-01-11 23:01 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂