人気ブログランキング |

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


 しなの鉄道、屋代駅を下りると、駅構内に観光案内がある。
 小さな窓口の奥に中年の女性がいて、眼鏡が60年代風にモダンな女性である。
 将軍塚古墳への行き方を親切に説明をしてくれた。
 
 どうやら、難渋な道のりらしいが、歩いてみた。
 その道々の端に居られた、愛らしい野仏である


b0018682_234942.jpg



 《loveやしろ》
 この町の町おこしのキャッチフレーズだろうか。


b0018682_2358597.jpg


 
  
   街道に行き過ぎる轢死猫    李凡堂








 

by ribondou55 | 2008-11-10 00:10 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

 信濃国分寺資料館で見かけた経石である。
 いつ頃のものか、展示には記載されてたのだろうが、記憶がない。



b0018682_22364366.jpg



 随喜とある、供養とも、娑婆世界より南無釋迦牟尼仏ともある。

 今回の旅は、聖地というのか霊場というのかわからないが善光寺へ向かうのを目的としていた。
 
 ところでデジャブというと、この鉄塔である。
 国分寺跡から北を仰ぐとこれがそびえる。いつか見た見たナ、という風景。

 
b0018682_22462460.jpg


 時空を越えて行き交う・・・南無釋迦牟尼仏。



   膝紅き女発酵新そば喰らふ  李凡堂


                            筑紫哲也氏 逝去 合掌





by ribondou55 | 2008-11-07 22:47 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)


  長野の父の生家へ、幼いボクラは汽車にゆられゆられて行った。
 
  碓氷峠と、姥捨駅の峠越えとなると、いつもいつもこころが踊った。
  碓氷峠はアプト式、姥捨駅はスイッチバック。

  今、横軽は、横軽とは横川・軽井沢間は、信越線が廃止され、JRバスが運行されている。
  当然横川駅前には、釜飯の「おぎの屋」がある。
 


b0018682_023399.jpg


b0018682_04824.jpg


  そして、この駅で上野駅から出発した線路は、終わる。

  さらに、この駅にはある女性についての思い出があるが・・・・・。




   鉄路果つ空には帽子落ちてゆく    李凡堂






by ribondou55 | 2008-11-05 23:46 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)


 寄居宗像神社秋祭り、善光寺、飯山、野沢・・・・・。

 この四日間の行程である。
 こころに滲みることが、いくつかあった。

 まずは、


 
b0018682_22594073.jpg
寄居秋まつり



 静かなまつりであった。総勢六台の山車、花車。
 一軒の夜店の灯りもなく、細い参道をゆらゆらとゆく。
 綱を引くのも引かれる山車も慎ましく簡素にして、そうでいて華やぐ予感。
 秩父祭りの面影を曳いて、・・・こころうたれた。

 

b0018682_2392242.jpg



   旅に来て十一月は別な我      李凡堂






by ribondou55 | 2008-11-04 23:14 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30