人気ブログランキング |

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

原爆忌、広島行。


 原爆忌跪く地より白百合       李凡堂

  8月6日、広島に行く機会を得た。その数日前の広島行決定であったので、ホテルがとれず、尾道前泊となった。平和記念式典に参加するには午前8時には平和公園に到着していなければならない。が、いつもようないろいろがあって、式典はホテルの部屋でテレビ中継を観た。それでも10時半には、広島に入り、そのまま平和公園に着いた。式典会場は取り片付けの最中で、慰霊碑の前には献花の垣が築かれていた。
 此処彼処で小さな集会などが催されていたが、興味を引きようもなく、夕刻までの時間のつなぎに、ひろしま美術館へ酷暑を避けた。
 美術館をでると、野球場の脇で、原水爆廃絶を求めるデモ隊にあった。駅のコインロッカーに荷物を取りに行くボクの歩行とほぼ一致して並行してゆくことになった。
 デモ隊はさほどの規模ではなかった。この日の広島にデモのひとつもないならば、それはそれで奇妙だろうが、じりじりと歩道の照り返しが足元から焦がすような暑さのなかで、シュプレヒコールを呼びかける女性の声が不快だった。それにもまして、一目でその筋の人とわかる組織の男たちが、デモ隊の写真を撮りまくり、ビデオを廻していた。少なからぬ数である。これも、不快であった。核廃絶のデモ隊を、保安警備の警戒対象とするとは、何なのだろう。61年前の広島で被爆した警察官や憲兵はいなかったのだろうか。
 駅で荷物を取り出し、その日のホテルに向かった。夕刻まで、寝た。
 6時過ぎに目覚め、熱いシャワーを浴びてから、再び平和公園に向かった。
 慰霊碑の前には長い列ができて、焼香に向かっていた。ようやく、市民たちの鎮魂の祈りの時がきたのだ。ボクはしばらくその様子を眺め、この日ようやく広島にいるという実感を得た。

 とうろう流しの「喧噪」は、ボクには無縁であった。

 
b0018682_22145793.jpg






by ribondou55 | 2006-08-14 21:58 | 合掌 | Trackback | Comments(0)


   おっと日照り草にだつて邪気あるぜ   李凡堂

   ホットケーキの素溶く小鳥たち歌う

   

b0018682_05430685.jpg






by ribondou55 | 2006-08-01 23:50 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)


梅雨明けやこの町あの街暮れてゆく    李凡堂

   高き樹に高き風ゆく水を買う

   青野来てニコチン焼けの指の股

   
    
b0018682_05185138.jpg





by ribondou55 | 2006-08-01 00:29 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂