人気ブログランキング |

カテゴリ:生きている( 60 )

by ribondou55 | 2019-12-07 10:01 | 生きている | Trackback | Comments(0)

旅行く100均の象の図

b0018682_23002324.jpg


b0018682_23010246.jpg



象     室生犀星

古き染附の皿には
かげ青い象ひとつ童子に曳かれ歩めり。
この皿古きがゆゑ
底ゆがみ象のかげ藍ばみ
皿のそとにも寂しきかげを曳きけり。

かかる古き染附の皿には
うるしのごとく寂しく凝固りたる底見え
日ぐれごろ
象のかげ長からず
ちぢまりー入悲しげに見ゆ。

  注、凝固り・かたまり
    一入・ひとしお
「亡春詩集」より



動物の中で何が一番好きか?

そう問われたら、「象。」と。

そうであるが、動物園で本物の個体を見ると、巨大な生きものであると、何度見ても思わされる。

ガキの時分、「象の墓場」があると、漫画雑誌で知った。

死期の迫った象たちは、ある密かな場所に身を横たえにゆくのだという。

そこには、人では抱えきれない程の頭蓋骨やら、反り返った象牙やらが、折り重なっているのだという。

嘘か本当か、ボクは今もって知らない。














by ribondou55 | 2019-11-28 23:37 | 生きている | Trackback | Comments(0)
故あって、タイトルを変更。


「丙丙凡凡 蛙声Diary」改め「あめんぼの宙返り」。


b0018682_22592303.jpg







by ribondou55 | 2019-11-15 22:59 | 生きている | Trackback | Comments(0)

日雷は「ひがみなり」とよむ。


連日の雷。

雷三日と、昔の人は云ったが、確かに続けてやって来ている。

b0018682_23002238.jpg


本日は三十七度。



高村薫「我らが少女A」を読み終えたのは数日前のこと。

この小説が新聞小説であったことに、読み終えてから分かって、驚く。

今回も、この作家の脳内はどのようになっているのかと、・・、あきれる。

褒め言葉でアル。



午前中、小一時間畑の草を退治する。

この暑さでは、はかどらない。

急いで家に戻って、シャワーをあびる。

根を張ってしまった雑草は、手強い。

このペースだと、終えるには幾日かかるやら。

















by ribondou55 | 2019-08-01 23:18 | 生きている | Trackback | Comments(0)


武蔵丘陵森林公園にて。

異常に長い梅雨、そのちょとばかりの晴れ間に。

b0018682_17324827.jpg

b0018682_17342256.jpg

b0018682_17352042.jpg

b0018682_17365242.jpg

b0018682_17371689.jpg

b0018682_17360537.jpg

b0018682_17345385.jpg
b0018682_17332481.jpg

b0018682_17374189.jpg


季節は、すっかり夏に入っていて、森は濃い緑だ。

つかぬ間青空が見えたが、

むせかえるような蒸し暑さで、

ただブラウラブらと歩いているだけで、

汗がじっとりとにじみ出てくる。

それでも、森の空気はボクの頭をすっきりとしてくれた。












by ribondou55 | 2019-07-20 17:46 | 生きている | Trackback | Comments(0)

「0」とは、交尾の形。

「とうすみとんぼ」とは、イトトンボのこと。

森林公園の小さな池で。




b0018682_16501169.jpg

b0018682_16535791.jpg


イトトンボの一種、キイトトンボの産卵。

見ていて飽きません。

参考に、↓、お借りしました。











by ribondou55 | 2019-07-18 16:55 | 生きている | Trackback | Comments(0)




b0018682_09333726.jpg






昨夜、古希の祝いをしてくれた。

老妻がいて、息子夫婦がいて、孫も愉快そうにしていた。

一番小さな孫は、愚図りもせず、寝てばかりいた。



先週は、娘夫婦が祝ってくれた。

久々にナイフとフォークで食事した。

ここの孫は、おてんばでアル。



b0018682_23045958.gif
〈古希〉とは、杜甫の「曲江」を出典にもつのだという。


朝廷を退出すると、毎日春着を質に入れ、そのたびに曲江のほとりで酒を飲んで帰ってくる。
 酒代の借金はあたりまえのことで行く先々にあり、
どうせ人生七十まで生きられるのはめったにない。
(だから今のうちに飲んで楽しんでおきたいものだ)
 あたりを見ると蝶は花のしげみに見えかくれして飛び、
とんぼは水面に尾をつけてゆるやかに飛んでゆくのどかな風景である。
 私はこの春景色にことづてしたい。
我が身も春光もともに流れに身をまかせ、
春のしばらくの間でも、その美しさを賞(め)で楽しみ、
そむくことのないようにしようではないかと。(関西吟詩文化協会HPより拝借)





誕生日は、とうに迎えているので、70歳になってからの「日常」には慣れてきた。

なんだって?

「60歳代の日常と、どこかに違いがあるというのか?」と。

そう正面切って問われると、言葉に窮するのだが。

大体、ボクはそんな歳まで生き延びるというのが、想定外の出来事のような感じがある。

どんなに丙凡で退屈な生活であろうと、「明日」という日は未知の領域にある。

明けない夜はないというが、もしかすると、あるのかも知れないのだ。

「そんなことなら、おぎゃっと生まれてこの方、ずっと変らずにあることではないか」・・・・。

左様云々ごもっともであるのだが、・・・。




さて、杜甫の詩であるが、杜甫は70歳まで生きている人は稀だとしか云っていない。

一見すると、お酒を飲んでケセラセラ、長生きを望むより今の春を楽しもうよ、と。

いやいや、苦いではないか。

反吐が出そうになる人の世であるからこその、春の景色のうららなさ・美しさ。

暫時相賞莫相違

全く、ここが、ムズカシイのだ。


実際に杜甫は、770年59歳で不遇の内に亡くなった。(「杜甫詩選」黒川洋一編、岩波文庫)

還暦までも生きていなかったのだ。

70歳まで生きていたら、どんなことを考えただろうか。




良寛さんは、1831年72歳で亡くなっている。

良寛さん、・・・、よくわからん、歯が立たない。








(注)「丙凡」とは、小生の造語で、平凡以下のありきたりといことだ。









by ribondou55 | 2019-06-08 09:41 | 生きている | Trackback | Comments(0)

こんな幼い蚊なら、まだ涼しげだろうか。




 暑さがまるで「取り柄」と勘違いされている当地の今日の最高気温は35度。
 
扇風機を出した。

 そして、蚊取りスプレー。

脛に二カ所やられた。


b0018682_23064291.jpg


23時を過ぎても蒸し暑い。

まったくの夏だ。

やれやれ。




米国大頭領と日本国首相の仲良し小好しアッピールも、暑苦しい。

どうぞ土俵へはこの階段から・・・、オモテナシ?

まことに巧みな令和改元の政治利用、・・・たいしたものだ。

NHKは全局あげての提灯持ち。

笑えない。


もやすでも消すでもなふて蚊遣り哉   横井也有












 

by ribondou55 | 2019-05-26 23:15 | 生きている | Trackback | Comments(0)
b0018682_22042743.jpg


今日も今日とて、この旨の言葉を放られた、このところ続けざまだな。

「ここにマニュアル置きますので、暇でしょうから読んでおいて下さいね、ちょっと次を急ぎますので」と。

「くださいね」の「ね」に引っかかった。

でも、本来ハお客サンである筈のボクはへいこら薄笑いでやり過ごした。

「ね」という終助詞は、大体において、なれなれしい上に断定的で押しつけがましい、ちょっと、相手を見下す感じもアル。

つまり、奴さんは、「オレを暇人と決めつけているな」と直感したのだ。

「暇人」・・・、感じの悪い云われ方だ。


ボクを「暇人」と決めつけた人は、ボクよりチョット高齢で糖尿で時折倒れるが、こまめにお金は稼いでいるらしい、この場も彼のお商売だ。

オオムネ、身体が動くうちは、働けるだけ働いていたい的な、楽しいコトや美味しいことを死ぬまで追求したい的、絶倫指向の人物ではないかとお見受けした。

ツマリ、人生100歳時代の 、一億総活躍社会の側の人である。

 対して、ボクは「暇人」、無駄に酸素まで吸っている非生産的存在というわけだ。



暇と云うことは、「用事」がないということだ。

お忙しいとは、用事だらけということだ。

ボクだって、長い間分刻みといえばおおげさだが、それなりに忙しかった。

だが、その時だって思っていた、ナント下らんどうでもいい「用事」の多さよ。

自分は多忙につき、これやっといてという輩の「用事」って一体何?

あんたの後生大事にしている「用事」について、まずご説明願いたい。


「用事」とは、一般にしなくてはならない事柄。

そのしなくてはならない事にも、公の場合と私的な場合とある。

私的な場合、例えば気のあったもの同士のランチの約束がある、なんてものも「用事」か。

ボクに云わせれば、そんなもん、ほとんど重要性を感じない「用事」である。

が、多分親の死に目に会えなくてもお友達とのランチを優先的「用事」とするお方もいるのだろう。

だからこそ、礼儀正しく、私には此れ此れこういう事情でありますので、あなたにこれこれを伏してお願いしたいと、ね。


   
確かに、ボクは世のため人のために何もしていない、自分本位の気ままな暮らしであることは認める。

いっちゃあなんだが、日々努力してしてそうしている。

では、気ままな暮らしの人間は、とりもなおさず「暇人」ということか?

あの人、定年になったらしいけであまり見かけないね、いつも家に籠もっているそうよなんて、噂されたら、「暇人すなわち無用の人」か?

案外人は、誰の目にも触れない大切な「用事」をかかえているかも知れないではないか。

ボクは全力でお「他者」様方のお世話にならないよう、邪魔にならないよう、目障りにならないよう、余命を生きている、それがボクの気ままな暮らしの「用事」だ。

それなのに「こいつは、暇人だ」と決めつけられてもなあと、思うだけだ。

こういってはなんだが、気ままに暮らしというものは、結構微妙なバランスの上になりたつものだ。

やっぱり、忙しくも無し、暇もなしというのが、気ままな暮らしと云うしかない。



だが、世の中のみんなが気ままに暮らしていたら、世の中は回っていかないだろうが。

そのようにあきれるお方がおいでだろう。

そうなんだろうが、気ままというのは、案外善良にして理念的なものだ。

世の中が危ない、その人あの人の生存が脅かされているとなれば、気ままにお節介するのだ。

そんなに捨てたものではない、そこは確かだ。


 
今振り返って気づいたのだが、ボクはわが奥さんから、一度たりとも「暇人」呼ばわりされたことがない。

これは、いいことだなあと、思った。

ありがとう。










by ribondou55 | 2019-04-25 23:04 | 生きている | Trackback | Comments(0)
 今年のひな祭りはつまらない。

 孫が顔をみせないからだ、・・・、情けない孫呆け爺さんに成り下がったか。

 夕べ手慰みに、中沢圭子さんの「立体切り絵カード」から型紙を拝借してこんなのを雑に作った。


b0018682_15115118.jpg

 
 さて、昨日はよい陽気だった。

 年を取ったせいか、気分が天候に左右される、今日のような冷たい春の長雨は酷くよろしくない。

 で、アーツ前橋で「闇に刻む光ーアジアの木版画運動 1300sー2010s」を視た。

 「視た」であって、「観た」ではない。


 
b0018682_15194704.jpg



これは、展覧会のお知らせチラシであるが、ビラといっていい。

裏側はこんなだ。



b0018682_15224200.jpg




見出しにぐっと迫る文字が躍るが、この展覧会の骨子はその通りであった。

1月20日まで、福岡アジア美術館で展観されていたものが、群馬の前橋までやって来た。


さて、ガキの頃、図工の時間の木版画の制作をさせられた。

高学年になると毎年あった、おまけにコンクールもあった、ついでに云うと、くそったれの賞状コレクターであったので、この制作は嫌いではなかった。

つまり木版画というものは、「誰にだってできる表現」としての可能性を有する。

その木版画をソーシャル・メディアとして、世界の闇に向かって、自己主張するための「武器」にしようでないかということだ。


今も昔も、文学にしろ美術にしろ音楽にしろ、その種の表現に政治的社会的なメッセージなり主張なりを込めるのはいかがであろうかなどという、「脳天気な人々」もおいでだが、そういうのは相手にしない方がよろしい。


ボクにとっては、膨大な展示であったので、疲れたが、一晩寝て今思い出す印象的のことは次のようなことか。

中国の版画運動の仕掛け人であり推進者だったのが魯迅だったこと、知らなんだ。

インドネシアのパンクバンド〈マージナル〉の活動に木版画の制作があったこと。

三つ目、映画「タクシー運転手ー海を越えた約束」で少しだけ認識を深めた光州事件のドキュメント、ホン・ソンダムの光州民衆抗争連作版画を視られたこと。

もう一つ、北関東に中国木版画から影響を受けた戦後版画運動があったこと。

その代表的な作家飯野農夫也のこと、その展示作品中「濡れた稲束」?だったかな、稲を背負った女性がこのお堅い展覧会にあって、唯一艶っぽい線で描かれていたこと。


以上、疲れたので止める。










by ribondou55 | 2019-03-03 16:21 | 生きている | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂