人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー

カテゴリ:のらり句らり( 160 )

by ribondou55 | 2019-08-13 22:00 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
by ribondou55 | 2019-08-12 23:20 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)



b0018682_05420053.jpg



お盆には、二人の子がそれぞれの配偶者と孫と連れ立って帰省する。

もっとも、なんやかやと二月に一度は顔を指すので、そう大げさにすることもないのだが。


孫たちの目覚ましい成長の様子はおおいなる楽しみである。

で、それはさておき、

会う度に、我が子にもこんな一面があったのかと、驚かされたり、あらあらとため息でたりする。

それは、子は子なりに年齢を重ねて、もうボクら夫婦が知る「子」からは遠く生きているということだ。

当たり前というより、そうでなくてはならないのである。

だから、こちら側もその見知らぬ子の一面をさりげなく受け入れるか、

見過ごせないとして悩むか、

そんなこともおきてくる。


そこで、ボクラ夫婦と子の夫婦が対等に向き合うことができる、貴重な時期に到達したのだと、思うことにした。

そこで、サアどうする?


しかし、このバランスはそう長くは続かない。

こちらの老いがもっとはっきり進行すれば、・・・。


拙妻は、もうはりきっている。

ああもしてやしたい、こうもしてやりたい、と。

いい加減にすればとおもうのだが、そうでなくては、我が家の「おかあさん」ではなくなる。

その「おかあさん」も・・・・・、ときおり、ため息をついている。










by ribondou55 | 2019-08-11 06:01 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
b0018682_06144105.jpg



90になろうという婆さんが、65にもなる出戻り娘に馬鹿にされ、瘦けにされ、邪険に扱われていると、

拙妻がしきりに気にしている。


ボクは、それは長ーく続くその親子の「ゲーム」。

泣いたりわめいたりして、おばあさんは生きられる。

還暦過ぎの老いた娘は、地元の中学同級生老いたヤンキー達の間では、いまでもお嬢だと聞く。

どうやら高尚な趣味を掛け持ちで、日々セレブなランチとか。

でも、婆さんには、来る日も来る日も朝は単品納豆飯、昼食はスーパー安売りの菓子パン一つ、夕飯は一汁一菜とか、いうまでなく汁はインスタントだと。

勿論、食事は同居以来、一緒に食べたことがない。

ご多分にもれずここでも、お嬢の生活費も遊び金も、全部、おばあさんの懐から出ているのだ。

「還暦過ぎの老」が「米寿過ぎの老」のすねをかじっている。

ああ、ばかばかしい。

ほっとけばいい。

いうなれば、多分「共依存」って奴だ。

たまに、茄子と胡瓜のぬか漬けでも届けながら、婆さんを見舞ってやれば、十分だと。

ボクはそう言うのだが、

彼女は、気持ちが落ち着かないようだ。







by ribondou55 | 2019-08-07 06:24 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
by ribondou55 | 2019-08-06 05:51 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
 
 この数日、急な炎暑の到来で、畑に出る気力が萎えた。

 腰も痛んでいた。


 

 ところで、今日の夕暮れ、拙妻が茄子や胡瓜の出来過ぎを気にして、収穫にでたところ、

 今度は、カボチャが

 アライグマによるものか、或いはハクビシンか、正体不明ながら

 荒らされていたと云う。

 仕方なしに、畑をのぞきに行くと、

 裂けたカボチャの果肉に、

 鋭く爪痕が残っていて、

 確かに、やられていたのだが、

 それよりも、気を重くさせたのが、

 すくすくと葉を茂らせている一面の雑草だ。

 長雨の間、けずってもけずっても、

 地面からわき出してくる雑草にウンザリしていた。

 それをこの三日ほどの間放置したら、

 もう、どこから手をつけようかというようなザマになった。

 憂鬱だ、

 明日の当地の最高気温予想は、三十六度である。




やはり、老いてゆくことを誤魔化すことはできない。

本来なら、運転免許証の返納を真剣に考える歳になっているのに、

この頃は、ますます、車への依存が強くなってきた。

この春までは、自転車で行った図書館までも、今は車を運転する。

実に、困ったことだ。

うまく、老いていって、

誰からも気にされないで、そっとフェードアウトしたいというのが、

小生の望みだが、

そうは問屋がおろさないかもしれない。




アンチエイジングって、もしかすると、

年寄りをかえって不幸にする考えかも知れない。

いや、もしかではない。

老いを老いとして受け入れて行くのは、

結構覚悟がいる。

最近、「還暦中二病」でなはないかと、心中密かに思わされたご婦人と出会った。

彼女は、この地ではどうやら訳知りの遣り手のお方らしく、

一部の皆様にとっては、尊敬を集めていらっしゃるらしいのだが、

ご本人とたまたまお話したところが、

まるで、思春期の屁理屈回しのような、六十五歳の言説に唖然としたのだが、

・・・・・、

止めておく。




b0018682_22595324.jpg










       


 

by ribondou55 | 2019-07-31 23:00 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
b0018682_23433896.jpg

いろいろなことがあったが、

聞こえてくることは、どれもこれもウンザリさせられたが、

自分で足を運んで出会ったことは、楽しかった。

















by ribondou55 | 2019-07-24 23:46 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)
b0018682_22360861.jpg

塩気に誘われてしまった。

食べ過ぎによい食べ物はない。

百も承知で、きりもなく。

湿度百%の気怠いこの季節を、乗り切るために?

イヤイヤ、これも老いるショックの一つの現象だろうか。

それと食感、ぱりっとさっくり、唾液がからめば、もっさりべっとり。

梅雨に効く。





by ribondou55 | 2019-06-30 22:43 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

何という蒸し暑さ。

仕方ない、ビールにしよう。


b0018682_17175590.jpg

b0018682_17183564.jpg


紫陽花や睡りと夢と死の間に  泡六堂

紫陽花燃ゆ黄昏青の滴れば

紫陽花と卵サンドを手土産に

紫陽花やすっぴんぶってる人に会う



b0018682_17363631.jpg


紫陽花は、森や林のかすかに日がさすくらいの所で、咲いていてほしい。

こんな明るい光も下では、困りものだ。


あぢさゐの下葉にすだく蛍をば四ひらの数の添ふかとぞ見る   藤原定家

をとめ子は をとめさびせよ。紫陽花の 花のいろひは、さびしけれども    釈迢空


















by ribondou55 | 2019-06-26 17:38 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

 一人目の孫は、プラレールが大好き。

 その弟クンである三人目の孫の初節句の祝いは昨日。
 
おもたせの粽は、今日のお昼にいただいた。


b0018682_14035134.jpg


二人目の孫は、ハイタッチを何度もせがんでから今朝、自宅に帰った。


やはりこの夫婦二人の静けさこそ我が日常。

これから、茄子苗、シシトウ苗、鷹の爪苗、南瓜苗、ズッキーニ苗を畑に植える。

土をいじるのも、六日ぶりだ。

    
やれやれ。



追記 21:38

茄子・シシトウ・ピーマン・鷹の爪、定植。

後植えのジャガイモ、一斉に芽吹いた、さて仕上げは?いかが。

さきほど、低気圧が通過した。

茄子苗が転倒あるいは、茎折れの懼れが大。

ボクは、定植時に風よけのネットをかけたり、アンドン風の覆いをするのを好まない。

この時期の風が苗の大敵だと重々知っている、風には苦い目に何度かあっているのだ。

だが、覆いをしてやらない、苗には『植物』の底力を期待している。

ああ、ではあるが・・・。

今も強い北風。

天気予報を確認しておくべきだった。

やれやれ。





  

by ribondou55 | 2019-05-06 14:12 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)