人気ブログランキング |

カテゴリ:畑にいます( 44 )

b0018682_17160063.jpg


今年は、菜園の片隅に植えてあるレモン、収穫できた。

初物がこれ、一果。

まだ、小さな木で、たよりないのだが、健気にもあと七個の実。

よくやった。




ボクの好みから云うと、梶井基次郎の『檸檬』は、短編小説の内で五指にはいる。

ずっと昔、「二條の方へ寺町を下り其處の果物屋」から京都丸善まで行き、美術書の棚を探し、その前をゆっくり通り過ぎ、そのまま河原町通りへ出て、ほど近い喫茶店でぼんやりしたことがある。

とは言え、檸檬一個をポケットに忍ばせていたなんていうことはない。

勿論、ボクの行ったのは、『檸檬』の舞台となった三条通麩屋町の店舗ではなく、河原町通蛸薬師であったから、小説の「私」の散歩コースは再現できなかったのだが。


筑摩の梶井基次郎全集の一巻目は、親しかった人に貸したのだが、戻ってこない。


變にくすぐつたい氣持が街の上の私を微笑ほほえませた。丸善の棚へ黄金色に輝く恐ろしい爆彈を仕掛しかけて來た奇怪な惡漢が私で、もう十分後にはあの丸善が美術の棚を中心として大爆發をするのだつたらどんなに面白いだらう。




香港情況、Twitterを頻繁にチェックしている。



芸能人は、権力にとっていろんな意味で、使い勝手がよい人たちなのだと、

こんなタイミングでの沢尻さん逮捕を観て、やっぱりね、と。










by ribondou55 | 2019-11-17 22:17 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)


b0018682_09585690.jpg


この地は台風が去って、日常が戻ったが、十九号の被害は未だ拡大中である。

これ以上悪くならないように、祈ることしかできないのだが。



先ほど、畑に行ってきた。

葉物野菜は、風に痛めつけられているようであった。

それでも、数日中に回復するだろう。

オリーブの実が落ちていた。

一掴み、ひろって帰ってきた。




避難指示レベル5というのは、初めての体験であった。

当地では、荒川と利根川水系の中小河川の氾濫が警告された。

携帯に市から防災メールが幾たびも届いて、その度にどうしたものかと、老いた夫婦は相談した。

外は、すでに暴風雨。

それを押して行こうと思えば、避難所まで行けない距離でないのだ。

しかし、長年連れそうと、夫婦は似たもの同士になるらしい。

ふたりともに、なんとかなるでしょう的な楽観を感じていた。

自宅の位置は、ハザードマップによると、たとえ氾濫があっても、0.5メートル未満の地域なのだ。

まあそれで、とうとう、「直ちに命を守る行動」に出ることはなかった。


それでよかったのか?と問われれば、適当だったと言い切ることはでない。

たまたま事なきを得た、それでよしとすることはできない。

事実、避難された方もいた。

むしろ、その方が当たり前の行動である。




それにもうひとつ。

レベル4の段階で、ぼんくら夫婦もちょっと緊張して、

非常持ち出しをセットしようと、リュックを取り出した。

思いつくものは、一通り詰め込むつもりだったのだが、

これが、通りいっぺんの金品は思い浮かんだが、

避難所で過ごすために本当に必要なものは何だろうと考えたが、

思い浮かばない。

さて、こんなもので、間に合うのだろうか?

そんな感じだった。




正直言って、まずい。

今回の経験を踏まえて、真面目に考えよう。












by ribondou55 | 2019-10-13 10:34 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

これって、自然農法?・・・まがい?


b0018682_14140236.jpg

b0018682_14421757.jpg

b0018682_14101411.jpg

b0018682_14121651.jpg

b0018682_14113906.jpg
 
b0018682_14092617.jpg

b0018682_14355624.jpg


うーん。


いや、だだのずぼらだな。


b0018682_14370704.jpg


BUT、ちゃんと食べられるし、旨い。











by ribondou55 | 2019-07-13 14:19 | 畑にいます | Trackback | Comments(2)


けさ、畑に出ると、やられていた。

b0018682_22192545.jpg

b0018682_22194992.jpg


小玉スイカ、何者かに先を越された。

ことしはまだスイカの収穫は始めていなかった。

なのに、・・・、残念。

昨年は、カラスに突っつかれたのだが、今年はどうやら四本足の生物らしい。

この辺りは、郊外とは云え、住宅地である。

しかし、狸だ、アライグマだ、ハクビシンだと、その出没情報はきこえてくる。

綺麗に実を食べていた。

返す返すも先を越されて悔しいが、綺麗に完食していたので、許してやろう。

で、

今年のスイカの味はいかがでありました。

どうやら、熱心に食べてくれたようだから、

甘かった、

でしょ。


でも、これ以上は許せない。

さてどうしよう。







by ribondou55 | 2019-07-03 22:28 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)
b0018682_10073292.jpg


b0018682_10091499.jpg


見ての通り、雑草が湧いてくる。




自分がこんな風に、猫の額ほどの菜園作りを続ける理由はなにか?

よく分からなくなってきたが、

この頃思うのは、

自分の手を汚して、汗を流して、ものを作る経験を持つこと、

これは、結構大切なのではないかというだ。

立派なキュウリ、収穫の多さを求めるのは欲だが、

物作りの経験から感じることは別にある。

土を耕し、種を蒔く、水をやり、日を仰ぎ雨を待つ、雑草を抜く、

毎年の繰り返しであるが、

そうすること無しに、オクラ一本、口にすることはできない。


とはいえ、

基本的に作物は、勝手に「自然」に従って育つようだ。

作物は、「植物」であるからだ。

その「植物」に依存する以外に地上の「動物」は生きてゆけない。

その「動物」の中で、人間だけが植物の栽培をする。

だが、「自然」の力の前では限界がアル。

ボクの狭い菜園もその力に支配されている。

この無力さも含めて、食べ物を作る経験を味わってみよう。

そんな感じか。









by ribondou55 | 2019-06-28 10:20 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)
b0018682_11034621.jpg


b0018682_11051805.jpg


b0018682_11043215.jpg


畑にはミミズ、ナメクジから、十センチ余りの百足まで、多様な生きものが棲息する。

今朝は、ニホンアマガエル。

キュウリの葉の上で眠っているかのように、じっとしている。

その姿は、己の姿を見るようである。

でもボクは、蝦蟇の油カエルでないから、脂汗を流すことない。

ボクは井戸の底から丸い小さな空を眺めている老蛙である。


さて、此奴らはどこからやってくたのだろう。

我が自給菜園の近くには用水はもちろん、小川さえない。

オタマジャクシから手足を伸ばしたばかりで、

えんやらこんやらと、

この小さなサイズの生きものにとっては気が遠くなるほどの距離を移動してきたのだろうか。




どこかで、雨蛙は青虫を食べてくれると、いうような記事を読んだ記憶がある。

彼らは、肉食で、小さな蜘蛛や昆虫を食べる、生きたものをたべ、死んでいる奴は食べないのだそうだ。

いい奴でないか。

もしかすると、キュウリの天敵ウリハムシをパクリとやってくれているのかも知れない。

何処の世界でも、日頃はぼんやり眠たげでパッとしない人間が、一朝事あるときに、ただならぬ力を発揮したという、エピソードがある。

雨蛙クン、ぜひ是非によろしく。


憎ックキ奴とは、此奴だ。



b0018682_11330534.jpg

やられているのは、南瓜の花。






by ribondou55 | 2019-06-23 11:33 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

梅雨時の緑は、暗い空の下でかえって映えるものだ。


b0018682_11084266.jpg
b0018682_11073226.jpg
b0018682_11091256.jpg
b0018682_11105554.jpg
b0018682_11100280.jpg
b0018682_11093502.jpg
b0018682_11103306.jpg


  
 あとは、キュウリとスイカ。

 レタス。

 アスパラの葉の茂り。

 それに、枝豆・向日葵。

ほったらかしの蕗に、大葉。

 今年は、サツマイモは植えなかった。







by ribondou55 | 2019-06-22 11:13 | 畑にいます | Trackback | Comments(2)
 
今年、初収穫、初物茄子三個。

今朝。
 
第一花の実は棄てたので、第二花以降のものか。

 こぶりでも、木がまだまだこれからなので、早めに摘んでしまう。

 いづれにしろ、初物はうれしいものだ。


b0018682_11055779.jpg


キュウリに斑点細菌病発生の疑いがある。

この薬を使ってみることにした。

今朝、散布予定で畑に出たが、よく晴れて高温の一日になりそうなので、曇る日まで延期。

さて、効果の程はいかが。


b0018682_11102290.jpg




「引きこもり」をめぐって際限なく発せられている言葉から、今日、印象に残ったことば。


「アイムヒア=僕はここにいるよ」








by ribondou55 | 2019-06-03 11:11 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

 本文は、2014年05月09日の投稿である。

 本日は、2019年05月22日、読み返してみた。我がことであるが、まだ家庭菜園初心者であった当時の気持ちを思い出して、ちょっと笑えた。あのころは、まだ棄てたものではなかったかも知れない。今では、ずぶずぶだ。

 今日も畑に出た。無事に寒冷前線はやり過ごせたが、キュウリの最大の敵であるウリハムシの姿を何度も見かけていたので、今朝マラソンを使った。

 結果や如何。



 自家畑の隅に、10株ほどの苺が植えっぱなしになっている。

 冬も夏も、なんにも手を入れない。

 雑草に被われてしまう時期もある。

 その苺の実、今朝採ってきた。

b0018682_1518762.jpg


 もともとは娘が小学校の3年生頃か、学校の課題で育てた鉢物を家に持ち帰ってきたものだ。

 それで自宅の庭に自然に定着して、十数年。
 
 苺はライナーという枝を伸ばす。ライナーは放っておくと、一本に3~4株の子苗ができてくる。

 つまり、娘の鉢から逃げ出して増殖したものの子孫を、ボクが畑にも移植したのだ。

 そんな実であるから、直径2センチ以上になんて絶対稔らない。

 猫も跨いで通り過ぎるだろう、固くて酸っぱい。

 
 ボクの家の近所にも、この頃はハウス栽培の苺生産直販所が何軒もある。

 だいたい水耕栽培で、実がすばらしく大きくて、甘さも十分、フレッシュ、色艶抜群、いいことづくめのような苺である。

 春先というより冬の間から売られていて、配偶者は贈答用に重宝している。

 そのお嬢様のような苺の比べると、今朝採りの我が苺はいかにもみすぼらしい。

 半ば野草のような趣を漂わせるのだが、それでも、野いちごやヘビイチゴの風情には及ばない。

 先祖には、華よ蝶よとちやほやされた時期もあり、それにしても落ちぶれ果てた身の上よと、

 今の我が身を嘆いているような。


 「素人」が道楽で野菜をつくると(「素人」とはボク自身のことである)、どうしても野菜を甘やかす。

 薔薇や牡丹を栽培する園芸家の気分に近い感じがする。

 農民のように売り物を生産するのだというような冷静さが無い。

 例えば、いつ頃蒔いたか忘れてしまったツルなしインゲンが発芽し、本葉を二枚つけた。

 発芽したばかりのインゲンにアブラムシがとりつくのは通常のリスクで、葉の裏に黒い斑紋のよう群れてとりついている。

 アブラムシのお友達の小蟻も走り回っている。

 (都会の人間の中には、植物につくアブラムシのことを、ゴキブリであると、勘違いするお馬鹿が少なくないのを、ご存じか?)

 まこと、見るに堪えない。カラカラに乾いた土を押しのけてようやく発芽できた「命」に小さな吸血鬼の大群が襲いかかっている。

 おお、オルトランをばらまけ、スミチオンの雨を降らせと、狼狽し逆上する。

 といっても、たった8株である。

 昨年は、不作だった。

 行き交う野良猫におしっこをかけられ続けたのではないかと疑った。

 野良猫見かけると、シッシと追いやった。

 ビョーキである。

 こんな心理状態で、たとえりっぱに収穫できた野菜であっても、素直においしく食べられるはずがない。


 今のボクは、レタスに心を奪われている。

 これにとりつく害虫がいたら、たとえ絶滅危惧種であろうと理性を放棄する可能性がある。

 (ところで、アブラムシだも、場合によれば、レッドリストに登録されるのだろうか?)

 ビョーキである。


 そんなだから、ちょっとうまくできたと思う作物に自慢たらたらになってしまうのだ。

 自慢老人ほど嫌みなものはない。家族から顰蹙をかう程度は当然で、××扱いされても文句は言い返せない。

 そして、問題なのが、「うまく」という判断基準がなんともお粗末、スーパーで売られる野菜の姿形に似ていればよいという体たらくではないか。


 ボクは、今朝採ってきたこの苺を前に、反省しようと思う。

 そうであるから、これからこの苺を、どんなに酸っぱくても、青臭くても、全部いただこうと思うのだ。

 素人の野菜作りが何を目指せばよいのか?

 はて?


 

by ribondou55 | 2019-05-22 23:10 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)
b0018682_20515762.jpg

畑の所々に苺たちは勝手に実をつけている。

b0018682_20540463.jpg

ほったらかしにされている苺は、自由にライナーを延ばして、そこかしこに根付いて、花を咲かせ、実をつける。

そこで、蟻は熟れて食べ頃の美味しい実に取り付いて、食い荒らす。

小粒で、見た目はよくないが、案外、食える苺なのだ。


蟻なんぞに横取りされてたまるか、なんて、・・・・、実は、どうでもいいのだ、ボクは。

きちんと管理していた頃は、苺ジャムなんぞもものにした。

だが、ほっとくようになってから「収穫量」は随分減った。

八割方、妻が食い尽くせる程度のものだ。

残りは、孫達や近所の子どもが摘んだりする。

蟻も相当なもので、人間は蟻の食べ残しを「収穫」しているのだ。


苺は、ほっといても、実をつけてくれる、植えっぱなしのアスパラと一緒で、まったく、小生向きの作物である。






このごろ、作物の作り方がますます荒っぽくなったような。

b0018682_21124802.jpg
b0018682_21134074.jpg
b0018682_21141933.jpg
b0018682_21145717.jpg

苗の添え木や支柱なんて、畑の脇に投げておいた桑の枯れ枝を拾ってつけた。

けちくさいのだが、これのほうが、がっしりと苗を支えてくれるようだ。

農薬も、最低限にと心がけるが、使うときには使う。

有機栽培なんてことも、もう忘れた。

多収量なんて毛ほども望まないが、茄子一本でもせっかくの命だから天寿を全うしていただきたい。

そうすれば、きちんと分け前をいただけるのだから。



午前中一杯畑で過ごし、昼飯喰って、一時間ほど昼寝。

所要があって、自転車で外出、帰り久しぶりにBOOK OFFに道草。


池澤夏樹「言葉の流星群」税込み七百六十円購入。

咽が渇いたので、給水のために、マクドナルドで、百円コーヒー摂取。

さきほどの本を開く。

こんな宮澤賢治論は、初めて。

楽しい。

67ページまで読んで、帰った。








by ribondou55 | 2019-05-13 21:27 | 畑にいます | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂