人気ブログランキング |

2019年 12月 01日 ( 1 )


ボクは「サラダ記念日」が刊行されて、程なく多分読んだ。

大いに楽しんだのではあるが、戸惑う感じもあった。

その感じは、今も消えていない。

さてさて、ボクの作った白菜だって、捨てたもんではない。

赤帯は締めてないが、青虫、ヨウトウムシ、ナメクジ・・・諸君に、大いに愛されている。


白菜が赤帯しめて店先にうっふんうっふん肩を並べる   俵万智_b0018682_23092757.jpg
白菜が赤帯しめて店先にうっふんうっふん肩を並べる   俵万智_b0018682_23095020.jpg

白菜が赤帯しめて店先にうっふんうっふん肩を並べる   俵万智_b0018682_23101911.jpg





久しぶりに都心に出た。

築地で馳走にあずかったあと、銀座で娘と孫に会った。


隠居暮らしに入って以来、今日は「東京」へ行くと、云うようになった。

現役の頃は、仕事へ行くと言っていたのだ。



今のボクにとっては、都心に出向くには、重い腰をどっこしょとあげて、という感じだ。

それでも、今日のように40年も通い続けた通勤電車に乗って、

文庫本を開くと、

なぜか電車の振動がしっくりと伝わってくる。

人だらけの往来の流れに乗って歩いている自分が

懐かしい日常へと帰ってきたような気がしてきた。



孫にクリスマスの絵本を買ってあげる約束?をしていた。

教文館の狭い階段を孫の手を引いて上って行ながら、やっぱりもう俺はおじいちゃんだな、

それが「うれしいような」と自覚したのだった。












by ribondou55 | 2019-12-01 23:32 | この一首その一句

「蛙声」と云うより、「蛙の屁」と云うべきか。お他人様の俳句に便乗しての徒書き多し。つきましては、俳人各位には深謝つかまつり候。


by 泡六堂
カレンダー