人気ブログランキング |

2019年 07月 27日 ( 1 )


b0018682_23162881.jpg

このベンチは、「群馬の森」の大きな常緑樹の木陰にある。

この公園には、県立近代美術館と歴史博物館があって、美術館の特別展が改まる毎に訪れる。

広い芝生。

平日は、人もまばらでゆっくりできる。



b0018682_23283497.png

先週、観てきた。

「過去」とは、記憶の層に過ぎないのではないかとか。

「もの」につながっている「まえ」、

「もの」を媒介にして時間を感じるとか。

とりとめもなくいろいろな感想が湧いて出てきた。

しなびるばかりの老いた脳みそに、ちょっと涼しげな風が吹いた。


それから、博物館で埴輪たちに対面して、

このベンチでコーヒーを飲んで、ぼんやりして、帰った。




台風は熱帯性低気圧に衰えたが、

この蒸し暑さは、不快だ。



それにしても、このゴーヤのイエローは、素敵だ。


b0018682_23460755.jpg












by ribondou55 | 2019-07-27 23:40 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂