人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂

2019年 06月 16日 ( 1 )

昨日は終日雨、家に籠もって、気分はさっぱりしない。

うってかわっての今朝の晴天に、「家にくすぶっていてもネエ」と、古女房がおっしゃる。

ネットを当たると、加須市方面に何やら面白そうなイベントが見つかった。

といこうことで、出発。

「浮野の里あやめ祭」、これはしばらく前に一度訪ねたことがアル。

 加須市北篠崎、及び多門寺の両地区にまたがる「浮野の里」は、他の殆どの地域がすでに失っている「武蔵野の面影」を残す美しい農村地域です。度重なる自然 の変動に耐え、その姿を変えることなく行き続けてきた「加須の浮野とその植物」(埼玉県指定天然記念物)や、新田開発の名残を留める田掘りやクヌギ並木道 などといった貴重な自然や歴史的遺産が残されています。

このように、地域の方は伝えている。

「ちいさな水郷巡り」がイベントの目玉である。


b0018682_23022911.jpg


b0018682_23031671.jpg


b0018682_23041381.jpg

乗船時間は10分足らずであるが、水郷巡り的情緒は十分に味わうことができる。

料金は、一人300円、良心的なものだ。

女船頭さんは勿論、100パーゼント地区の人々による手作り的なお祭りであるのが味わいのイベントである。

我ら夫婦の好む「ローカルイベント」であった。

続いて、こんな風景に出会える「あじさいロード」に向かった。


b0018682_23131749.jpg

b0018682_23122100.jpg

b0018682_23173161.jpg

田んぼの中を、一本のあじさいロード。

なかなかの風景でないか。

両脇は、田植えの終えた美しい水田が広がっている。


b0018682_23161591.jpg


のどかだ。


b0018682_23165204.jpg


ローカルイベントの楽しみは、時にチープな感じがあるが、そこが楽しい、味わいである。

意外な発見や教えられることも多い。

洗練を突き抜けた奇抜さが発揮されていることもある。

土地の人々の楽しげな様子もすきだ。

それに食べ物、今日はジャガイモ餅の磯部焼きを。

楽しかった。

浮間の里は、野鳥の影が濃い。

近いうちに鳥見に行きたい。











by ribondou55 | 2019-06-16 23:19 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)