人気ブログランキング |

2019年 04月 02日 ( 1 )


b0018682_22115537.jpg



手持ちのデジカメの画像でいまいちであるが、3/29の知恩院の三門の内側のライトアップである。

この日、京阪電車で石山寺、三井寺、比叡山、日吉神社付近を巡ってから、びわ湖浜大津で乗りかえて東山で下車した。

夕飯を何処かで食べようと円山公園方向へぶらぶら歩くと、知恩院の門前が賑わっている。

三門の向かいの広い観光バス駐車場に止められない観光バスが神宮道に何台も路上駐車、売店は中国からのツワー客で大繁盛。

そこへ知恩院のお坊さんが、ライトアップ見物のついでに法話を聞いていきませんかと、呼びかけている。

この節、どこのお寺さんも必死だねというふうのが第一印象。

桜のライトアップといっても、花はまだ二分、三分、枝が桜色の照明に染まっている体のものであるが、拙妻は法話と聞いて心が動いたらしい。

で、幾許かの入場料を払って、夜間特別拝観へ。

画像はその折のもの。

夜の知恩院は初めて、それに安っぽいライトアップ、楽しいコトは楽しかった。


お説教も聴いた。

木魚をぽくぽく叩きながら、なんまいだぶなんまいだぶと唱えた。

阿弥陀如来はボクみたいな愚かなものも、南無阿弥陀仏と一心に唱えることがあれば、極楽浄土へとお連れくださると聴く。

しかし、ボクはぽくぽくやりながら一〇分間もお念仏を繰り返したのが、心底から一度だって「なんまいだぶ」が発せられたとはおもえない。


あたりまえだね、でもその程度の安直さが日本仏教ではとも。


南無阿弥陀如来。




結局、飯は京都駅前地下街の東洋亭でハンバーグを食った。

知恩院前から京都駅までの市バスはとてつもなく混み合った。

ほとんどが外国人観光客であった。

いつもながらおもうのだが、市バスの運転手さんお疲れ様。















by ribondou55 | 2019-04-02 22:45 | 合掌 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂