人気ブログランキング |

2019年 03月 21日 ( 1 )

b0018682_22572831.jpg

 
 深谷市の「ふかや緑の王国」は気持ちのよい植物園である。

 すべてに人の手がかかっているもので(ボランティアのご尽力である)ある。

自生のものは鳥が運んだ実生のものか、野草の類。

 それでも、ここの池でカワセミも見たし、青大将にだって出会えるのだ。

 さほど広い植物園ではないが、四季折々に楽しめて、小半時程度の散歩にはこの上ない。

 で、昨日(3/20)、園内で今年初めてのスミレをみた。

まあ、スミレも雑草の類であるのだが、同じ野草でも美人さんはチヤホヤされるのだ。

 ボクは、スミレには沢山の種類があって、その見分け方を何度か教えて貰ったのだが、直ぐに忘れる。

これまで出会った紅白粉の「美人さん」のことも、忘れがちだ。

さみしいことでないか。

だから、これもスミレとしかいいようがないのだ。



菫の花咲く頃とあいなれり、というわけだが、うらぶれた春になりそうだ。










 
 

by ribondou55 | 2019-03-21 23:11 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂