人気ブログランキング |

2018年 08月 02日 ( 2 )

 一日で、二度目の更新というのは、個人的には前例がないのだが、

こうして自室に閉じ籠もっていると、兼行さんでなくとも、ものくるおしくなるものだろうか。
 
昨日、深谷シネマで「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」(監督・ショーン・ベイカー、2017年、米、112分)を観た。

b0018682_14521663.jpg


見知らぬアメリカの一面がクリアーにして、カラフルに、そこにあった。

おそらく、是枝監督「万引き家族」を観た海外の観客も、想像だにもしなかった「日本」が見えたのだと推察する。

保守系の一部の人が、日本の恥を世界に曝したというようなことを云った「現実」だ。

「フロリダ・プロジェクト」から、「万引き家族」を連想することは、二作を観た人ならだいたいそうなるだろう。

キーワードは、貧困・格差・家族・親子関係・それと児童福祉という行政のあり方、とか。


ぼくの記憶の底にたぶんあの「人」の文章だったろうが、

「生きるためなら、ぎりぎりでかっぱらいしたって食ってゆけ」

とかいう趣旨の言葉が、いつまでも消えずある。

偽の香水を売りつけようと、身体を売ろうと、万引きで生計を立てようと、

己らしく「生きてゆく」という一点に一分の真実があれば、

九割九分の正しげなモラルに対抗できるかもしれない。

が、敗北は必至だ。

自滅させられる。


「フロリダ・プロジェクト」も「万引き家族」も、

その自滅を余儀なくさせられてゆく「家族」の子どもが、

よりよく「生きてゆく」ための再生への道を歩み出すことを観るものに期待させる作品である。


とはいえ、二つの作品を比べると大分印象が違う。

両作品とも、子役が抜群の演技を見せる。

ショーン・ベイカー監督は、是枝の「誰も知らない」を事前に観たとインタビューで答えている。

ただし、是枝の演出法とは大分異なり、厳密にシナリオに従う演技をさせたらしい。

ところで、主人公ムーニーから久々にギャングエイジという言葉が思い出された。

しかし、是枝の子供たちは、大人よりも慎重で思慮深いそうに見える。

ムーニーたちは、フロリダ・ディズニー・ワールドに隣接したモーテル「マジック・キャッスル」で暮らしている。

モーテル暮らしとは、つまりホームレスということだ。

モーテル暮らしのムーニーやスクーティやデイッキーの三人組は、したい放題の悪戯ガキで、モーテルの管理人ボビーはいつも手を焼かされている。

だが、子供たちはどこまでも無邪気というわけではない。

ムーニーは、母親の現実をつぶさに見てしっている。

その母もギリギリのところで娘のとの生活を守ろうと踏ん張っている。

それらの事情を腹に飲み込んで、子供たちを見守っているのがボビーである。

言ってしまえば、彼女らにとっての「正しさ」を示すある意味「父性」的な存在、ウィレム・デフォーがいい感じで演じている。

こういう、「父親」も是枝作品には見かけない。

父性的な存在の揺らぎや不確かさこそ、ずっと云われて続けてきた日本の家族の問題である。

だから、ボクには、リリーフランキー演ずる偽の「父親」の方が近しい。


巨大モーテルの長い前廊下をムーニーたち悪ガキが大声を上げながら、全力で走り抜けるシーンがある。

ふと、懐かしい気もした。

この頃、大声ではしゃぎながら往来を走りまわる子供たちを見たことがない。

はなたれ小僧の「野生」なんて、この国では絶滅した。


とりとめなくなった、終わり。

両作品ともに、立派なものだ。


「フロリダ・プロジェクト」については、ウィキペディアが詳しい。









by ribondou55 | 2018-08-02 18:53 | 還暦シネマ | Trackback | Comments(0)
b0018682_09490393.jpg


午前9時23分現在で、室内においてある温度計は、31.8度である。

予報では、本日の熊谷の予想最高気温39度、いわゆる、命に危険が差し迫る温度ということだ。

毎朝、7時の天気予報で、当地の名を見ない日はいつ頃になったら来るのだろうか。

ご近所のもともとが農家であったような方々の中には、早朝の5時、6時から暑さを避けて草むしりなどされている人もいるらしい。

しかし、この4、5年ほどの経験だけのにわか菜園家である小生には、そこまでできる真剣さはない。

何度抜いても、畑には雑草が伸びてくる。

台風12号でまとまった雨が降ったおかげで、それらが勢いづいている。

なんとかしなければいけないのは、分かっているが、朝の天気予報を確認するたびに、気持ちが萎えてくる。

なんといっても、命にかかわるのだ。

不要不急の用事は置いておいて、外出するのは控えよと、防災放送も繰り返している。

気だけは若いといっても、己は熱中症にかかりやすい「高齢者」である。

その上、昼夜の冷房で冷えたせいか、左膝に急に痛みも・・・。

ともあれ、世間の皆さんがそこまで心配してくれるのだから、野良仕事はしないに限る。

しても、せいぜい見回り程度がよろしいかと。



ム・・・・・・・・・、ムム。


外で働く皆さんには、まことに申しわけない。

低頭百度。











by ribondou55 | 2018-08-02 09:49 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31