人気ブログランキング |

2018年 06月 06日 ( 1 )

b0018682_11583924.jpg


十薬の花とは、ドクダミの花である。

関東も今日、梅雨入りだと、TVで云っていた。

十薬という名の通り、ドクダミの茎や葉を乾燥させたものは生薬である。

子どもの頃余りに身近に沢山あったためか、ドクダミを一風変った草として嫌っていた。

たとえば、ドクダミ女など呼ばれていじめられていた子もいた。

しかし、ドクダミは「お薬」だったのだ。

問題は、あの独特の臭気とドクダミという名の音からうける感じ。

この年になれば、ドクダミ茶という一種のハーブティーを愛好する人がいるもの知っている。

ドクダミの語源も、「毒矯め」からきているのだという。

「矯め」であるから、毒を「だだす・まっすぐにする・だます・いつわる」ということか。

つまり、毒を抑制するということだ。

「お薬」なのだ。

名付けの元の意味が、時代がくだって分からなくなり、蔑称として口に出される。

愚かな話であるが、これに傷つけられた方々には気の毒というより云いようがない。


画像の花は、我が家の庭の日陰に咲いていたのだ。




梅雨入りして、畑の夏野菜の生長が勢いづく。

この上は、六月台風なんぞがやってこないことを願う。










by ribondou55 | 2018-06-06 12:01 | この一首その一句 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30