人気ブログランキング |

十月、行く。

  

   夜這星手をひらひらとひらひらと

   無花果の赤紫にのんど病み

   あかいはね針有れば在るポケットの

   新豆腐あたりいずれも戸を立てぬ

   算数の教室にべい独楽を見る

   借金に秋刀魚の腸の苦きよし

   朝霧や起立斉唱遠き父

   夜なべせし曾ばばにばばに若き母

   籾摺やたっぷりの湯を浴びる

   






トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/3706829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2005-11-01 00:09 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂