人気ブログランキング |

見て見ぬふりばかりしていても、愛しいこともある。



  「ああ、何としても、女をもっと抱きたかった、・・・極めたっかた、無念だ」
  と、友人いった。
  昨年の秋ごろ、呑んだ帰り、
  彼はつり革にぶら下がったまま失禁した。
  彼の無念は、純情である。
  
 


  天使等の翼真白き残暑かな        李凡堂

  足投げだし無花果割り啜る

  皇帝へ真碧き空より赤トンボ

  百舌鳥の声耳舐める舌苦がかりき

  すこしづつ交わつてゆき秋蛍

  秋の蝶鎖骨辺りの汗辛き

  業といふには笑止かつくつくぼうし

  



  

  

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/3344958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2005-08-22 22:28 | のらり句らり | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー