人気ブログランキング |

日の射して狐の毛にも似る銀杏稀に青かる極月の空  与謝野晶子

足利・鑁阿寺の大銀杏、本日〈11/29〉の様子である。

日の射して狐の毛にも似る銀杏稀に青かる極月の空  与謝野晶子_b0018682_23482309.jpg


十二月まで、残すところ今日一日、とはいえ、この歌は気が早いともいえる。


日の射して狐の毛にも似る銀杏稀に青かる極月の空  与謝野晶子_b0018682_23510928.jpg

午後三時過ぎの境内は、時折、ざざっと北風が吹き寄せて、黄葉がまるで大波の飛沫のように降ってくる。

日の射して狐の毛にも似る銀杏稀に青かる極月の空  与謝野晶子_b0018682_23551447.jpg



日の射して狐の毛にも似る銀杏稀に青かる極月の空  与謝野晶子_b0018682_23563643.jpg


安野光雅さんの展覧会を、足利市美術館で。

鑁阿寺は、その流れで。

安野さんの絵本は、居間の書棚に何冊かある。

その手持ちの絵本の原画を見ることが出来た。

一枚の画面が、アイデアを幾重にも練って、注意深く緻密に計算されて、創り込まれている。

改めて、驚く。




101歳でN氏は亡くなれたそうな。

顔を背けたかった人であっても、「死者にむち打つ事なかれ」というのが、この国の礼儀であるらしい、

だから、訃報を聞いた今は云わない。




NHKスペシャル「ボクの自学ノート 7年間の小さな大冒険」を観ていて、

古希過ぎの爺さんが、何を今更ではあるが、

大昔、学校が苦痛で苦痛でならなかった、

その気分を思い出した。

ボクは明日佳クンとは似ても似つかぬ怠け者でもあったのだが、

教室という空間にいることへの違和感は、

共感できる。

小・中・高と

ボクは不登校にこそなれなかったが、

ずる休みの常習者であった。

大学は、行っても行かなくてもどうでもよかったし。

そういう点も、皆勤であった明日佳クンとは全く正反対であったのだが、

教師から言われたことは同じだった。

「そんなことでは社会に出て生きてゆけないぞ。」

そんなボクが、

今や暢気な隠居暮らし。

××先生、こんなことって、あってよいのでしょうか?













by ribondou55 | 2019-11-30 00:16 | この一首その一句

「蛙声」と云うより、「蛙の屁」と云うべきか。お他人様の俳句に便乗しての徒書き多し。つきましては、俳人各位には深謝つかまつり候。


by 泡六堂
カレンダー