人気ブログランキング |

秋霖のドアを閉し出る男    中村草田男



秋の長雨に、ちょっと気分が腐っていた。



息子のお嫁さんからのお土産。

意外においしい。

老眼の疲れ目にいかにも効きそうだ。

この飴は越中富山廣貫堂の健康飴。


秋霖のドアを閉し出る男    中村草田男_b0018682_22382015.jpg

ガキの頃、富山廣貫堂の置き薬の箱が悪戯できないようにタンスの上に置いてあった。

年に一度か二度か?忘れたが、大きな箱を自転車に積んで、おじさんがやってきた。

なんだかペラペラお袋にお愛想を言って、お袋も楽しそうだった。

ネクタイをしていたなあ。

おじさんは、薬箱を点検して、使った薬の代金をお袋から受け取って、

不足分を補充していった。

おじさんは、大抵紙風船をくれた。

正方形の紙風船。

風船を鼻先に持って行くと、インクの臭いと煎じ薬の臭いが混じったようでツンと臭う。

その臭いが、好きだった。



古谷田奈月著『神前酔狂宴』2019/07刊・河出書房新社

この小説世界を覗いていると、まるで万華鏡。

あれやこれやと、てんこ盛り。

一気に読んだ。

そういえば、小生も結婚式場内の神社で、あれしたのだった。

息子・娘はどっちも、にわかクリスチャンに化けていた。


秋霖のドアを閉し出る男    中村草田男_b0018682_22385154.jpg



秋雨に閉じ込められて、気持ちが沈んでたのに、「石田徹也」の画集をめくってしまった。

ページをめくるにつれて、二十歳頃の憂鬱を思い出して、苦笑いであった。


秋霖のドアを閉し出る男    中村草田男_b0018682_22392605.jpg
『石田徹也ノート』求龍堂刊



ローマ教皇・長崎、広島でのスピーチ、繰り返して聴きたい。









by ribondou55 | 2019-11-24 23:02 | この一首その一句

「蛙声」と云うより、「蛙の屁」と云うべきか。お他人様の俳句に便乗しての徒書き多し。つきましては、俳人各位には深謝つかまつり候。


by 泡六堂
カレンダー