人気ブログランキング |

「松明あかし」(福島県須賀川市)//高く大きく、ひたすら、天に届かんと。


 鎮魂の炎よ天に届け 福島・須賀川「松明あかし」

 福島県須賀川市の伝統行事「松明(たいまつ)あかし」が9日夜、行われ、計24本の壮大な火柱が晩秋の夜空を焦がした。
 須賀川市は台風19号で市内の阿武隈川や釈迦堂川が氾濫し、2人が犠牲になった。大勢の見物客が訪れ、犠牲者の鎮魂や復興を祈った。
 午後6時半、太鼓の音とともに長さ約10メートル、重さ約3トンの「大松明」に着火。他のたいまつにも次々と火が付けられ、ぱちぱちと音を立てながら赤々と燃え上がった。
 松明あかしは、伊達政宗の軍勢が須賀川城を攻めた合戦が由来で、戦死者を弔うために始まった。
 市などでつくる実行委員会によると、市内の広範囲で浸水被害を受け、2団体が参加を断念した。たいまつの材料となるカヤが水に漬かった団体もあったが、仲間同士で融通し合い開催にこぎ着けたという。
 見物した郡山市の介護ヘルパー橋本真智子さん(66)は「台風の影響で開催が危ぶまれたが、伝統の火を消さずにやってくれてよかった。迫力のある炎は被災した人たちの力にもなったと思う」と話した。


「河北新報」は、このように伝えている。

 この日、朝はゆっくりと出発し、白河で高速を下りて、白河ラーメンの昼食。

 白河城に立ち寄って一息ついて、須賀川に国道4号で向かった。

 「松明あかし」は日本三大火祭りの一つなのだそうだ。

 長野湯沢温泉「道祖神祭り」、京都・鞍馬の火祭り、それとここ須賀川の「松明あかし」。

 でも、諸説ありそうで、和歌山・「那智の火祭り」、或いは、久留米大善寺の「鬼会」などを挙げる例もある。

 ボクは、ミーハーなので、この日本三大ナンチャラという奴に弱い。

 なので、とりあえず、「松明あかし」、三大の内の一つだとして、この秋の遠出先に選んだのだった。

 「松明あかし」は、鎮魂の火祭りである。

 キホンテキに「火祭り」は宗教的な性格を持つことが多い。

 ここも、ゆるやかに火炎崇拝的な雰囲気が漂っていたようにも感じる。

「魂鎮め」。

 巨大な松明、天を焦がす火柱、祭りは単純明快、火炎が主役なのであった。

松明が燃え尽きるまで、太鼓が打ち鳴らされているのであるが、

会場は静かなのだ。

人々は、ひそひそと言葉を交わしている。

ボクがいたのは、会場の五老山の南斜面の御神火が点されている辺り。

山と言っても小高い丘、その頂上が平らに開けていて、何本もの松明が燃えている。

その燃えさかる松明を、多くが黙って見上げている。

祭りにはつきものの、視界には激しく燃える風景があるのに、喧噪がない。

そういう祭りなんだろうか。


b0018682_16091277.jpg


b0018682_16071962.jpg


b0018682_16080341.jpg


b0018682_16101745.jpg


b0018682_16083847.jpg


点火前はこんな。


b0018682_16151645.jpg


点火は、松明のてっぺんによじ登って、着火。


b0018682_16170968.jpg
b0018682_16173255.jpg





ところで、「醍醐の花見」ならぬ、「御苑の花見」。

今太閤を主役にした「お花見の宴」なんて、この節、だいたいが時代錯誤だろう。

いや、失礼、元祖太閤さんは卑賤の身からの立身出世、善くも悪しきも、己の才覚と努力で得た地位。

この節、一強天下人といったら、もー長州あたりの名門も名門、世襲議員上がりのお坊ちゃんでした、こういうのは、今太閤とさえ呼べなかった。

失礼。












トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/29766779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2019-11-12 16:18 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂