人気ブログランキング |

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー

既視感の町・飛騨古川で「ああ、野麦峠」の一節に出会う

 
b0018682_05381252.jpg

飛騨古川の近くに宿を取った。

この町を訪れたのは、初めてでアルハズ。

ところが、急な雷雨に軒を借りながら、この街を歩いていると、すっかり既視感に囚われていた。

この小道には見覚えが、

あの角を曲ると郵便局・・、とか。


b0018682_05440490.jpg


雨宿りの狭い軒下で、シー・ズーを散歩させていた初老の女性は、話しかけても言葉少なで、顔も伏せがちな人だった。


b0018682_05483425.jpg

雨あがりの町を歩く。

b0018682_05493650.jpg
b0018682_05563521.jpg

b0018682_05503516.jpg

この石碑にであった。


b0018682_05524232.jpg

ああ、飛騨古川とは、あの町だったと、はたと胸に落ちた。


b0018682_05553919.jpg

少女の足下には、こうある。

「野麦峠を越える娘たちは十二歳だった」




この頃、ここは初めて来たところと思いつつも、

その風景の中でしばらく過ごすと、

ここは見知った所ではないかと

感じてきて、

やがて、うっすらとしつつも、確信のようなものが、胸中に頭を擡げてくる。

デジャブ、・・・、これも、「老いるショック」?















トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/29480013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2019-06-19 06:07 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)