人気ブログランキング |

『 アベンジャーズ/エンドゲーム 』、それから『DESTINY 鎌倉ものがたり』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(監督アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ、181分、2019年)

b0018682_22145312.jpg

どこかのレビューで、褒められていた。

つい、つられて、観てしまった。

アメリカのコミック『アベンジャーズ』の実写シリーズ四作目、完結篇であるそうだ。

確かに、なにやら完結していた。

ボクは、前三作中、だだの一作もみていない。

つまり、唐突に完結篇を目撃したのだ。

もっと、基本的には、ボクはアメリカン・コミックなんて何も知らない。

マーベルコミックの公式サイトには、キャラクターの一覧がある。

それぞれについて如何に優秀なヒーローであるか、紹介されている。

ボクが知っていたのは、名前のみが数名、お笑いだ。

アメリカ的な自己犠牲賛美のお話を、壮大なファンタジーとして楽しませてもらった。

長丁場の作品だが、途中トイレに立つこともなく、時折ニヤニヤしてしまった。

たまには、いいよな、こういうのも。



『DESTINY 鎌倉ものがたり』(監督 山崎貴、原作 西岸良平、129分.2017年)

寝転んでAmazonプライムにて。

b0018682_22160770.jpg

こちらは、和風なファンタジー。

西岸良平モノは、「何言ってやがる、チェッ!」とか突っ込みながら、つい観てしまう。

頑張ってたのしい「絵」を作っていた。

寝転んで観るには適したお座敷鑑賞映画だな。

このところ、鎌倉がいやにファンタスティックに扱われる。

ムムム。



二作とも、5/8に観た、一応記録する。








トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/29413209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2019-05-09 22:44 | 古希シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー