人気ブログランキング |

まどろみの覚めぎは寒し昼蛙    中拓夫





まどろみの覚めぎは寒し昼蛙    中拓夫_b0018682_11211004.jpg


南瓜の苗の床を盛ろうと、鍬を一振り。

おっと、ぴょこっと跳びだした。

まだ、土の中で寝ていたいのか、飛び出したはいいが、じっと微動だにせず。

目だけがぱっちり。

突然、睡りを破られ、・・・。

我も蛙の端くれのくせに無粋なことをした、すまない。





茄子苗は昨夜の風に耐えてくれた。

よくやった。

蜜柑とレモンが花をつけた。









by ribondou55 | 2019-05-07 11:32 | この一首その一句

「蛙声」と云うより、「蛙の屁」と云うべきか。お他人様の俳句に便乗しての徒書き多し。つきましては、俳人各位には深謝つかまつり候。


by 泡六堂
カレンダー