人気ブログランキング |

おや、「麻雀放浪記2020」が上映中ではないか。


 茄子や胡瓜、トマト、スイカなどなどの、苗の植え付けやら種蒔きやらが目前。

 消石灰を散布して耕しておいた所へ、今日は籾殻入りの堆肥を入れて、一段落。

 この頃は、農作業前に入念にストレッチをして、腰回りのケアーをしているせいか、腰痛もなくことを終えた。

 いい気分で、このところ足を向けていなかった隣り町の映画館まで出かけた。

 

 

b0018682_22205653.jpg

 
「麻雀放浪記2020」(監督・白石和彌、原案・阿佐田哲也、118分、2019年)、こうのすシネマで。


  1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」を、主人公が1945年から2020年にタイムスリップ

するという大胆なアレンジを加え、斎藤工主演&白石和彌監督で再映画化。新たな世界大戦の勃発により、東京オリンピックが中止と

なった2020年の東京。人口は大幅に減少し、AIに労働が取って代わられた結果、失業者と老人が街にあふれていた。そんな荒廃した

東京に、坊や哲が1945年の戦後復興期の時代からタイムスリップしてやってくる。坊や哲が目にしたのは75年の時を経た、驚がくの世

界だった。坊や哲は思わぬ状況で立ちはだかるゲーム「麻雀」で死闘を繰り広げていくが……。斎藤が主人公・坊や哲を演じるほか、

竹中直人、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫らが顔をそろえる。(映画comより拝借)


 大胆過ぎるかも知れない近未来SF仕立ての「麻雀放浪記」、いくら放浪だからといっても、タイムスリップまでありだとはね。

 1984年版の「麻雀放浪記」(監督・和田誠)は、観た覚えがあるが、大方忘れたので、今度のそれと繋げてあれこれ云うのは止めておく。

 世間を騒がしたピエール瀧は、ホンのちょっぴり顔を見せるだけだが、荒唐無稽とも見せかける造りの、この作品の作り手の意図が垣間見える人物設定となっている。

 その線からいえば、この作品の上映自粛はありえなかった。

 っま、ノーカット上映は、いろいろな意味で筋とおしたということだろう、個人的には評価できる。

 いわわずもがなであったかな。

 映画全体の印象は、力技で突破したのだが、ぐっだぐっだになっちゃったという感じかな、よきも悪しきも。

 個人的には嫌いではない。

 ドテ子役のもも、その追っかけドク役の岡崎体育、それに、小松政夫、ベッキー、・・・おもしろかった。


                  ※

 
 雨が降らないせいか、ジャガイモの芽がはかばかしく出てくれない。

 






 




 

トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/29374442
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2019-04-17 23:07 | 古希シネマ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー