人気ブログランキング |

綺麗に殻が剥けて、うれしい。





b0018682_22404644.jpg


 ゆで卵は不思議な感じがする食べ物だ。

 
 子どもの頃は、ちょっと贅沢なごちそうであった。

 独身のころは、通勤の途中の喫茶店でモーニングサービス、これがつくのが定番だった。

 今は、取り立てて好きでも嫌いでもないが、家飯のラーメンにはこれを載せないと物足りない。

 時代や世代や生活実態の違いで、印象が大きく変化する。


 ゆで卵はいわば命の始まりの形をしている。

 白身に包まれた卵黄が、一つの細胞なんだそうだ。

 胚発生は黄身の部分で起きるのだ。

 有精卵であれば、二十日か二十一日ぐらいまでには、孵化するそうだ。
 

 ゆで卵は外形的には、つるんとしてつやつや、中に黄身は潜んでいて、見えない。

 人によってはエロチックとか。

 産卵女子とかナンダワカラン語が、Googleに引かれてきた。

 とんでもない方向に話が行きそうなのでやめる。



 橋本治氏、逝去。










トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/29227072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2019-01-29 23:10 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー