人気ブログランキング |

焼く葱の香りゆかしき祭かな(^▽^)//深谷ねぎまつり 2019/01/27

b0018682_13482559.jpg
b0018682_13485955.jpg



埼玉県深谷市産葱は、よく知られたブランド農産品である。

その葱をリスペクトしたお祭りが、このお祭りである。

jr深谷駅に面した瀧宮神社で開催されていた。




b0018682_14000694.jpg


名物は泥付葱一本を直火で焼き、その場で食するというワイルドなもの。

葱は一本百円。

パンフレットでは、この焼き葱をスペイン・カタールニヤ地方では、”カルソッツ”とかいい、これにちなんで大々的な祭も催されていると。

そこで、このご当地焼き葱を『深谷カルソッツ』と呼ぶのだそうだ(^▽^)

ともあれ、深谷葱は焼くと、一層甘みを増す、旨さに間違いはない。

食べなくても、よく分かる(^▽^)


会場に近づくとあの懐かしい葱を焼く香りが、赤城颪の空っ風に乗ってやって来た。

ボクにとっては、この匂いは扁桃腺持ちだったガキの時分、直ぐに高熱になった折々、お袋が葱を焼いてガーゼに包み、咽の辺りに巻き付けてくれた、あの匂いだ。

なつかしかった。


で、ここでは、葱バーガーというのを食した。

味はほどほどであったが、作り置きで冷えていたのが頂けなかった。

帰り、中山道沿いの伊勢屋でラーメン食って、温まった。


b0018682_14082946.jpg


ちなみに東京駅似で知られる深谷駅は、この神社のほぼ向かいにある。



b0018682_14102218.jpg







トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/29221962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2019-01-27 14:10 | ちょっと、そこまで | Trackback | Comments(0)

水面を滑りまわって世を過ごし、その上、空を飛ぶ羽も持っているあめんぼは、老蛙の憧れだ。


by 泡六堂