春立や愚の上に又愚にかへる  一茶

 年が明けた。

 明日から孫連れで子どもたちが帰省してくる。

 老人ふたりでのんびりできるのは元旦だけだ。

 雑煮で膨れた腹ごなしにちょっと離れてはいるものの、お薬師さままで初詣に出かけることにした。

 何と云っても、足腰が大切、夫婦そろっての腰痛、いいあんばいの平癒をこれからお願いに行く。


 
b0018682_13424691.jpg


初詣のお薬師さんとは、反町薬師尊(照明寺)〈群馬県太田市〉である。

一月四日が大縁日で、おおいに賑わうようであるが、元旦の午後の人出はさほどでなかった。


b0018682_01034851.jpg

b0018682_01060244.jpg

 このお寺は、南北朝時代の新田義貞が居住した反町屋敷跡にあって、この地は国の指定遺跡になっている。

b0018682_01075970.jpg


 近隣では厄除けのお寺として篤い信仰が寄せられている。

 南無薬師如来。







by ribondou55 | 2019-01-01 13:42 | 生きている | Comments(0)