人気ブログランキング |

丙丙凡凡(蛙声diary)

ribondou.exblog.jp

映画『ミックス。』//イケイケのノリで、キレキレ

 映画『ミックス。』(監督・石川淳一、119分、2017年、日本)、 アマゾンプライムで観た。

b0018682_15503642.jpg

 
 脚本は古沢良太、監督は腕利きのテレビドラマのディレクター、大体にしても外れはない。

 ともあれ、この頃の卓球人気に一口あやかろうと云う魂胆が見え見えののコメディ。

 おもしろかった。


 新垣結衣と瑛太は、新鮮味なし。

 末広涼子・真木よう子・蒼井優はそれぞれにキレキレだった。

 このお三方の新境地?を見るだけで十分価値がある。

 この作品のキャスティングはたいしたもので、次は誰が画面に登場するのかと、途中からわくわくさせられる。

 本物の卓球選手の有名どこころも、続々顔出し。

 十年一昔といえば、二昔ころか、卓球は学校の運動系部活ではまことに不人気だったと聴いたことがある。

 サッカーやバスケの華やかさ引き替え、地味で暗そうな感じが行き渡っていた。

 が、いまや闘志むき出しのポーズも含めて、大人気。

 たいしたものだ。


 映画は、その卓球ブームにうまく乗れている。

 是非、観ておきたいというようなモンではないが、鬱々しい気分の時の一服にはなるだろう。

 笑える。








トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/28936236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by ribondou55 | 2018-12-05 15:52 | 古希シネマ | Trackback | Comments(0)