自分の身体をいたわれと。

たった四泊五日の旅で、どうやらボクの身体は、相当なダメージがあったようだ。

旅から戻って3日が過ぎたが、腰の周辺が複雑に痛む。

ボクには解剖学的な筋肉のあれこれは全然分からないから、痛みがあちらこちらへ移動したり、強度を増したり緩めり、・・・、振り回されている。

前にも書いたが、ボクは医者にかからない。

できるだけ、我慢する。

大体はそれで、回復できてきた。

しかし、七十歳というのは、肉体にとって、かなり手強そうだ。

この痛みをボクは、五日の旅での歩行量とリュックを背負った重量による疲労だと思っているが、案外、もっと深刻な原因があるかも知れない。

立ち居振る舞いに痛みを感じることからの不安をかかえて、今のボクは不機嫌である。

だが、これにしばらく耐えればなんとかなるだろうと、不埒にも高をくくっている。

他人事なら即座におろかな奴だと一刀両断であるが、自身事だから己の愚かさには口を閉ざしている。



b0018682_16545302.jpg





 

by ribondou55 | 2018-12-04 16:55 | 生きている | Comments(0)