巾着田(埼玉県日高市)//曼珠沙華の里、見頃になりました。

 配偶者に誘われて巾着田を訪れた。

 しばらく前に一度、二度遊びに来たことがある。

 その記憶とはやや違って、随分と垢抜けた観光地になっていた。

 であるが、彼岸花は彼岸花であった。

 たいそうな人出であった。



b0018682_15392530.jpg

b0018682_22550306.jpg
b0018682_22543895.jpg
b0018682_22560329.jpg

この彼岸花、不思議な形の花である。

歯っ欠けばばあとの異名の通り、一本の茎に6枚の花弁が放射状についている、葉がない。

花弁の形からか、「剃刀花」という異名もあるとか。

であるが、なぜ「ばばあ」なのか?

歯が抜け落ちている人、すなわち、「婆」ということだろうか。

爺では、ここの赤い色にはふさわしくないのだろう。

アルカロイドを含む有毒植物でもある。

b0018682_23074630.jpg
b0018682_23072677.jpg








[PR]
by ribondou55 | 2018-09-18 23:08 | ちょっと、そこまで | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31