人気ブログランキング |

41.1度の風は、案外気持ちよくて、意識が遠いてゆくような気分で。

b0018682_23284511.jpg



つまり、夢見心地にさそわれるほどの天然の妙。

昼飯の後、ぼくは、敢えてエアコンを止めて、畳に寝転んでいた。

自殺行為?

今日は、風があって、部屋の中を通り抜けてゆく。

湿度もさほど高くはないようだった。

体を包む空気は体温よりも5度ほど高いのだから、それはこの上なく軽い羽布団に包まれているかのようで、・・・。

うつらうつらした。

気持ちよかった。

で、

ふと、目覚めた。

寝ていた時間は、半時間ほどか、ほんの数分であったかもわからなかったが、

全身、ぐっしょりと汗をかいていたのだった。


台所に行き、冷蔵庫から冷えた麦茶を取り出して、ぐびっとやった。


この世に帰ってきたようだった。


冬山では凍死、ならば、エアコンが切れた部屋での死は「暖死」?


ぼくの好きな芙蓉の花である。





トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/28489724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2018-07-23 23:42 | 咲いた咲いた何の花 | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30