人気ブログランキング |

老人の承認欲求がうっとうしいと・・・・、当然だな。

b0018682_23173532.jpg


リタイヤした高齢者の、特に男共が孤独になりがちであると、各方面の方々のご心配くださってか?ご発言が多い。

ボクに云わせれば、おおきなお節介。

孤独が懸念される?

なぜ?

とんと見当がつかない。

体の動く間は、能力体力に応じて、お国のために働けば、孤独にならずに済みますよ、という下心があってのことか?

仮に、若い衆が高齢者へ敬意をはらうとすれば、それが損得ずくの打算であっても、それなりのことがあってのことだ。

通りすがりの高齢者の淋しげな後ろ姿なんぞに心が動かされるなんてことはあり得ない。


そんなことはこちとら高齢者も心得ている。

だから、独りではいられない高齢者は、年寄りは年寄り同士、ゲートボールやら社交ダンスやらと、つるんで遊ぶのだ。

年寄りは年寄り同士、承認されたり、承認したり、相身互い。

でもね、そういうことになると、そこにも浮き世の風が吹いてくる。

綺麗不細工、そねみやねたみ、嘘はったり、偉そう馬鹿そう、金持ち貧乏、上手い下手、速いとろい、顔役配下、誹謗中傷、毀誉褒貶、お家柄・・・・。

水清ければ魚棲まずというからね。


でも、せっかくリタイヤして身軽になったのに、残念ではないか。

だから、できうるかぎり「独り」でいるのがいい。

孤独に陥りがちであるといわれるが、「孤独」になるのも本当はむずかしいのでは。

淋しいだけでは、「孤独」とはいえない。

できうれば、趣味は「独りで在ること」と。

















トラックバックURL : https://ribondou.exblog.jp/tb/27865883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by ribondou55 | 2017-12-16 23:48 | よしなしごとあれこれ | Trackback | Comments(0)

花より団子、団子より昼寝がよろしい「隠居蛙」の日常をポロリ。誤字誤記多し、恐縮。


by 泡六堂